スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チベット~歌のメッセージ~ バイマーヤンジンコンサート
2009 / 10 / 24 ( Sat )
「 おもろ優しいエコさん達☆」主催

秋のイベントのお知らせ 第一弾です(^O^)/


チベット~歌のメッセージ~
        バイマーヤンジン コンサート


BymerYanjin.jpg

バイマーヤンジンさんのホームページ
http://yangjin.jp/
日本で ただひとりの チベット人声楽家 バイマーヤンジンさん

遠い祖国の 平和への願いと 将来のチベットを担う 子どもたちへの 教育支援の為に 全国を コンサート・講演活動に 飛び回っています


ヤンジンさんの 歌を 聴いていると 本当に 不思議なんですが 見たこともない チベットの 壮大な 景色と ともに 私の 記憶の底に眠っている 昔の 日本の 山々や 湖が 見えてくるんです

あの 感動は コンサートでしか 体験できないと 思いました…

まだまだ 知られていない チベットのことや 家族の絆について バイマーヤンジンさんは 心を込めて 歌い… 語ってくださいます



2009/10/24(土) 14時~ 16時半

 ムーヴ21(守口市生涯学習情報センター)

 前売り券…3000円 子ども(中学生まで) 障害者手帳お持ちの方は 半額
   (当日は 500円増しです)

チケット販売は 6月 中旬予定です

お問い合わせは

携帯090-1133-9476 (カミムラ)
メール ecosan194@yahoo.co.jp

もしくは、おもろ優しいエコさん達☆ホームページ   (チケットの購入も出来ます)
http://omoeco.web.fc2.com/

美しい音楽♪で チベットの皆さんと 心を 繋いでみませんか…(*^_^*)
平和と 子どもたちの 明るい未来を サポートしていきたいと願っています…

ありがとうございます ♪

感謝いたします♪


バイマーヤンジンさんとは? ~エリザベスさんの日記より~

遥かなるチベットへの空へと 繋ぐ 想・歌・魂。

聖なる時空の流れとともに 優しく愛しく 溢れ出す

バイマーヤンジンさんを 紹介します

o(^▽^)o


チベット アムド地方出身
名前は チベット語では ベマヤンジェン
「ハスの花にのった 音楽の神様」という意味です。

厳しいチベットの大自然に生まれ 育まれた 力強い歌唱力と その みずみずしい感性で 何千倍という 競争に 勝ち残り 中国国立四川音楽大学に 入学する。

大学では 西洋オペラを専攻
卒業後 同大学専任講師として教壇に立つ傍ら 中国各地で 数多くのコンサートに出演

1994年 来日後 日本で ただひとりの チベット人歌手としてチベットの音楽、文化、習慣などを紹介するため 全国的にコンサート活動を行う。

1999年 夏には アメリカのアーカディ音楽祭に 出場 、 ニューヨーク国連本部コンサート公演も果たす。

同年 NHKのドキュメンタリー番組でも 取り上げられている
ユーモアたっぷりの語り口で 日本と チベットの文化の違い 家族のあり方などを論じる公演も 高い評価を得、テレビ、ラジオで 度々紹介される。

故郷の 子どもたちに教育を! と はじめた チベットの学校建設活動も 大きな成果をあげ 今では 9つの 小学校と ひとつの 中学校が 開校、
日本と チベットの 子ども同士の 交流も 積極的に おこなっている


2001年 1月
朝日新聞 「天声人語 」

2001年 10月
大阪市より 「 きらめき賞 」

2003年 10月
「 こんにちは バイマーヤンジンです」を 致知出版社より刊行

2003年 11月
「チベットのこころ」加藤登紀子さんプロデュースで ファーストアルバム

2003年 12月
「 徹子の部屋 」出演

2004年 6月
「 アジア ハートフルコンサート」に出演

2006年 11月
広島国際平和会議にて 三名の ノーベル平和賞受賞者に 歌を捧げる


2007年
拓殖大学客員教授になる


以上 は バイマーヤンジンさんの ホームページからの 一部抜粋( 手打ちです(笑))

http://yangjin.jp/です



私の ヤンジンさんとの 出会いは コンサートにいったことですから 一方通行な 出会いです(笑)o(^▽^)o


1995年に 北インドの ダラムサラにいったことが きっかけで チベットの現実を リアルに 知りました

まだまだ 私たち 日本人は チベットの皆さんの 現実を 知らされてはいません
エリザベスのフォトアルバムに チベットの子どもたちの絵と 言葉を 乗せています

お時間と ご縁があれば ぜひ みてください

私は 個人的に チベットと ご縁が 深くなりました

何人かの チベット僧の お友達ができて 尼僧の 教育支援をしたり 子どもの 里親支援を ささやかながら させてもらいました


仲間たちと チベット僧を 日本に 招いて
チベットと 日本の 交流会などを 小さく やらせてもらいました

そんな頃

日本に お嫁さんにきている 唯一の チベット人声楽家が いて しかも 関西だと しりました


コンサートにいき その 力強い 声をきき 胸が熱くなったのを 覚えています

また そのときに バイマーヤンジンさんはいいました

「 草原地域には 学校が ありません みんな 遊牧生活に 忙しくて 学校が あっても なかなか 遠くで 通えません

私の 両親は 今も 字が 読めません

ある日 私の母は 病気の治療のため 都会にでました 公衆トイレに 行きましたが 男・女 と書いてある 字が読めず 間違えて 入ってしまった 男性トイレで 中にいた 人たちに ひどくなじられてしまいました
体が震えるほど 悔しい思いをした お母さんは 自分たちは どんなに苦労をしても 子どもたちは 絶対学校に いかせる… と決心しました

代々 してきた遊牧生活を 長男にたくし 七人の子どもたちと なれない町の生活をはじめました
遊牧生活を引き継いでくれた 強くて 優しい兄は 今でも字が 読めません

(*u_u)

教育を受けさせてもらえたおかげで 私の知識 視野は 広がり 日本とのご縁も できました

日本にきてからは それまでは 意識していなかった 故郷チベットに対する思いも 一層強くなっていきました


チベットには 優秀な 子どもたちが たくさんいます

子どもたちは 皆 ダイヤの原石です

将来のチベットを担っていくのは 彼らなのです

ダイヤも 磨いてやらなければ ただの石 永遠に 輝くことは ありません

子どもたちも一緒です

学校にいくことによって たくさんの知識を吸収し 視野を広げ 思考をめぐらし 自分が なにをすべきか 考えることのできる りっばな人間に なれるのです

私は 歌うことで 彼らに 教育の機会を 作りたいのです… 」

バイマーヤンジンさんの 熱い 壮大な思いをきいたのは今から 十年以上も 前でした


素晴らしい歌と
強い 思いに 感動しました

そして

今 … あらたな ご縁にみちびかれて バイマーヤンジンさんの コンサートに行きました…



ヤンジンさんは なんと 見事に 思いを実現されていました
子どもを生み育て 自身も 母親や主婦をしながら コンサート活動をし 講演活動を して いました
ただ お金を支援するだけではなく
まめに 現地へ おもむき 真剣に 現実と 向き合い 話し合い 理解し合い

将来の 子どもたちの為に 生き生きと いきておられました

ヤンジンさんの コンサートで 歌われるチベット民謡は 歌詞の意味さえわからないのに

なんだか 懐かしくて 涙がでます

(ノ_・。)



チベットの子どもたちは 日本人と とても 似た顔立ちです
家族のように 感じます(*^_^*)




秋の 「 おもろ優しいエコさん達☆」は バイマーヤンジンさんの コンサートを企画しています


チベットの子どもたちに学校を!


そして チベットという国が 平和の地として 帰ってくることを 願っています (^人^)






一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v

スポンサーサイト
12 : 00 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『 奇跡をさがして 』葉 祥明 & 吉武祥子 による コラボ朗読会
2009 / 01 / 05 ( Mon )
「 おもろ優しいエコさん達☆」主催イベント告知です

\(^_^)/

『 奇跡をさがして 』 Poppy’s Gift
葉 祥明 & 吉武祥子が 贈るハートフルメッセージ


奇跡を探してin大阪~表
奇跡を探してin大阪~裏



プログラム
 ☆「 奇跡をさがして 」朗読 …映像&アイリッシュハープ生演奏( 吉武祥子・みつゆき )

 ☆ トーク ( 葉 祥明 & 吉武祥子 )

 ☆ 朗読 ( 葉 祥明 )


…心の夜空の その向こう
夢みた それ は きっとある…


日時
☆2009年3月28日 (土)

場所
☆ドーンセンター七階イベントホール  (大阪府立女性総合センター)

 ・京阪「天満橋」駅下車 東口方面改札★地下鉄谷町線 「天満橋」駅下車一番出口
 ・JR東西線「大阪城北詰」駅下車 二番出口
 駅から 徒歩五分ほど

 地図やお車でお越しの方は、こちらをご参照下さい)

チケット
☆前売り… 大人 2500円 子ども(中学生まで) 1500円

☆当日 … 大人 3000円 子ども 2000円 親子席あり(チケット申し込みの際ご相談ください)

※障害者手帳をもっている方は 子ども料金にいたします

タイムスケジュール
  13:30… 開場

  14:00 …開演

  16:00… 終演

  ☆終演後ロビーにて サイン会があります

お問い合わせ
090‐1133‐9476 (カミムラ)

チケット購入方法
①メール ecosan@yahoo.co.jp

②電話 090‐1133‐9476 (カミムラ)

③「 おもろ優しいエコさん達☆」WEBサイト… http://omoeco.web.fc2.com/

にて ご予約の上 下記口座に チケット料金を お振り込みください。
ご入金確認出来次第チケット発送いたします。

お支払方法
 ☆ゆうちょ銀行の場合
   00970‐7‐193387 「 おもろ優しいエコさん達 」  
※備考欄に3/28イベント分 大人〇枚 子ども〇枚 と記載ください

 ☆銀行から ゆうちょ銀行へ振り込まれる場合
  店名… 099
  預金項目…当座
  口座番号…0193387
  受取人名…オモロヤサシイエコサンタチ
 ※振り込み後メールか 電話で お知らせください。

 ☆銀行振込みの場合
  新生銀行 本店 普通 1728572
  口座名義 上村ひでみ

  ※恐れ入りますが振り込み手数料は ご負担ください 。



(*^-^)b

1997年9月に 私は 吉武祥子ちゃんと 出会いました…

祥子ちゃんが 難病を 抱えながらも 病を かけがえのないパートナーと呼び 毎日の 痛みさえも 「 ありがとう 」と共に いきています。
「 奇跡をさがして 」は 祥子ちゃんの 真実のストーリーです。

オリジナルの挿し絵を書いてくださった絵本画家 葉 祥明さんの あとがきより
「 人生は 人の数だけあります。ただ一つの人生だけが正しく 幸せなものであるわけでは ありません。 どんな風に育てられようと、全ての人生には、深い意味が あるのです。 体の痛みを抱えながらも 清らかな心と美を感じる心をもって生きるポピーちゃんは 私たちに そのことを教えてくれています 。
それから 私たちを苦しめるのは 苦しみそのものではなく 恐れです。
私たちはこの人生を 恐れではなく 愛と勇気をもって生きることで、苦しみに耐え それを乗り越えることが できるということも また ポピーちゃんが 私たちに ぜひとも伝えたいことではないでしょうか。」


私は ポピーちゃんが みつけた 「 奇跡 」 は 特別なものではないと思いました

人はみな それぞれの人生の中で それぞれの 痛みや 悩みが 必ずあるものです。 ポピーちゃんが 見つけた 奇跡は実は 小さな 毎日の 当たり前が すでに素晴らしい 贈り物だと いうことを そっと そっと 伝えています…

自分よりも 悲しい思いをしている 愛する お母さんに伝えるために…




「奇跡をさがして」は 作者 吉武祥子ちゃん本人が 朗読を担当します…

そして 今回は アイリッシュハープの第一人者 みつゆきさんが オリジナル生演奏にて 美しい場面を 音 にて表現してくださいます



そして 関西では 貴重な 葉 祥明さんの トークを 仲良しの 吉武祥子ちゃんと お二人で きさくな時間を 作ってくださいます。

最後は
会場みんなで 一つになり 静かな 空間で 葉 祥明さんの 朗読の世界を 体験します …

めったにない 関西での 機会です…

ぜひ…
いらしてください。


「 おもエコ 」は当日 手作りのエコ製品 ( 布ナプキン・箸袋・エコバック・アクリルたわしなど) を販売いたします
売上は 材料費以外 毎回 自然保護や困窮している子どもたちへの支援金として寄付しています。


「地球応援ブース」を設置して 私たちの 知人や友人が 活動している さまざまな 平和・自然保護・命 ・美しい音楽を 知らせています。

小さな 毎日の 当たり前の中に ある

奇跡みたいな 幸せを 感じられたら…
私たちは 内側が 幸せに満たされます

それは 外側の 幸せへと 投影されると信じています…

(^人^)感謝…





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
02 : 49 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
11/30 『 放射能を海に大地に捨てないで!“秋の大収穫祭” 』
2008 / 11 / 27 ( Thu )
X-KUITAさんの日記『x-surfrider with エコ + スピ ⇒ rainbow☆planet』からの転載です。


『サーファーよ、パレードへ繰り出そう!』

(ご本人作成の日記はこちらから → http://ameblo.jp/x-surfrider/entry-10164444017.html



心あるサーファーよ、サーフボードを持って11/30上野に集合!

パレードへ繰り出そう!!


↓↓↓イベント情報はこちらから↓↓↓
http://www.nonukesmorehearts.org/1130_ueno.html

* 。 * 。* 。 *。 * 。* 。 *。 * 。* 。 * 。 * 。 * 。* 。 * 。 * 。

NO NUKES MORE HEARTS
STOP再処理工場 LOVE六ヶ所村

集まろう!伝えよう! 放射能を海に大地に捨てないで!“秋の大収穫祭” 

* 。 * 。* 。 *。 * 。* 。 *。 * 。* 。 * 。 * 。 * 。* 。 * 。 * 。


――――――――――――――――――――――――――――――
開催のお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――

《日 時》2008年11月30日(日)
開場:10:30 開演:11:45 デモ・パレード:15:00 終演:17:25

※雨天決行…会場にはドーム式の屋根がありますが濡れる場所もあるため、各自で雨具などご用意下さい。

《会 場》上野水上音楽堂(上野公園・不忍池のほとり)  東京都台東区上野公園2-1
最寄駅:上野駅 湯島駅 上野広小路駅 御徒町駅 上野御徒町駅

《入場料》無料

《イベント内容》ライブ、トーク、ブース出展、ワークショップ、デモ・パレード、他


《ゲスト》
LIVE
PANTA http://www.brain-police.com/
うつみようこ http://udon.sdri.co.jp/yokoloco/
アン・サリー http://www.annsally.org/toppage.html
漁港 http://www.gyoko.com/
FUNKIST  http://funkist.info/index.php
寿  http://www.kotobuki-nn.com/
風義  http://www.kazeyoshi.jp/

トーク
小出裕章  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/index.html
鎌仲ひとみ  http://ameblo.jp/rokkasho/
田中優  http://tanakayu.blogspot.com/
廣瀬裕子  http://y-hirose.com/
吉本多香美  http://www.yoshimototakami.com/
木下ディビッド http://www.dk-surf.jp/
冨田貴史  http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/

青森からのゲスト
山本若子  http://yaplog.jp/kojimashika
YAM ★PEACE LAND  http://peaceland.jp  ☆ http://p-sratv.peaceland.jp/

《デモ・パレード》
上野水上音楽堂出発~上野水上音楽堂戻りの約1時間のデモ・パレード。
・思い思いのそれぞれのスタイルでご参加ください。
・楽器や鳴り物やプラカード持参歓迎!皆で集まろう!

【主 催】「1130六ヶ所再処理工場に首都圏からNO!」実行委員会
【事務局団体】NO NUKES MORE HEARTS/原子力資料情報室/大地を守る会
お問い合わせ:メール info@nonukesmorehearts.org
電話 03-3357-3800(原子力資料情報室)
more info:http://www.nonukesmorehearts.org/1130_ueno.html

【協賛】PATAGONIA / VEGAN Healing Cafe / ストップ再処理工場・意見広告の会 /
食と関係価値研究所

【協力】STOP ROKKASHO / A SEED JAPAN / RIZINE / ももんがともだちネット


※注意事項
・マイ食器、マイバッグ持参で来てくださいね。
・寒いので暖かくしてきてください。
・都合により出演者がキャンセルになる場合があります。
・安全確保の為、入場を制限する場合があります。


過去のイベントのレポートなど・・
http://www.nonukesmorehearts.org/1118report.html
http://www.nonukesmorehearts.org/127report.html

――――――――――――――――――――――――――――――
著名人賛同文
――――――――――――――――――――――――――――――

人間は核とは共存できません。もっと木を植えましょう。

坂本龍一(音楽家)


*************************************************************************


気持ちのいい未来を作るにはどうしたらいいだろう?
いろんなやり方はあるけれど、今、に向き合うしかないのだろうな、と思います。
川下で起きる様々な問題に対処しても解決は望めない。根っこにある問題を取り除かなければ本当の解決にはならない。だから、核や放射能の事はとても大切。兵器はもちろん、たとえエネルギーになったとしても未来永劫消えないゴミになることを今、なんとかしなければ気持ちのいい未来はやってこないのではないか。犠牲は見えにくい、でも確実に払っていることを私たちはもう気づいているのだから。私たちの意志できっと変えることができるはずだと信じています。
NO NUKES MORE HEARTSはそんな意志と思いを広げる素晴らしい交流と発信の場なんですね!

鎌仲ひとみ(映像作家 / 「六ヶ所村ラプソディー」監督)


*************************************************************************

We should all do what we can to keep pollution and toxins from entering our
seas, not just for the health of surfers, or for the livelihood of
fisherman, but for the ocean itself. - JACK JOHNSON -

我々は皆、サーファー達の健康や漁師の生活だけのためでなく、海そのもののために地球上のすべて海を汚染物質や有害物質から守るためにできることをすべきです。

ジャック・ジョンソン(ミュージシャン / サーファー)

*************************************************************************

株(かぶ)から、蕪(かぶ)へ!

Cuke, not Nuke
Seed, not Greed
Tree, not Spree
Life, not Knife
Sun, not Gun
Soil, not Oil

危機(きき)から、木々(きぎ)へ!

辻信一(文化人類学者 / 環境運動家 / 明治学院大学国際学部教授 / 「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表 / 「NGOナマケモノ倶楽部」世話人)


*************************************************************************

日本 - 水と緑に囲まれた島国。豊かな農と漁の宝庫 - 東北・三陸。なのに「ヒロシマ」「ナガサキ」を経験した国の政府が、原爆の材料になるプルトニウムを世界のどこよりも沢山使おうと計画しているなんて皮肉よね。でも逆さまに見れば、希望がいっぱい。なぜなら、被爆国日本に住む市民が一番この計画を止められる立場にいるから。これはチャンス!六ヶ所再処理反対で、農漁・平和・人権・環境、みんな一遍に守りましょうね。

アイリーン・美緒子・スミス(環境ジャーナリスト / グリーン・アクション代表)


*************************************************************************
自然環境はすべてが繋がっている。今できることを、できる範囲で、できるまでやろう。


Shing02(MC / プロデューサー)


*************************************************************************

放射能は生物の細胞にとって受け入れがたいものです。
海が、土が汚れるとき、そこから生まれてくる生命は必ず汚れ、傷つきます。
経済発展、利便性、エネルギー、国力。
そんなものがあっても、食べるものがなくなっては生きていかれない。
シンプルなことです。
新しい「欲」の方向性を、いま、ひとりひとりが創造しなければなりません。
海の命脈が尽き、この国の命脈が尽きる、その前に。

辰巳芳子(料理研究家)


*************************************************************************

海を汚すという事は、自分を汚す事と同じだと思います。ましてや、放射能を海に捨てるという行為は、後戻りのできないことです。皆さんどうかもう一度立ち止まって、海をみて、感じて、考えてみて下さい。

中村竜(プロサーファー、俳優、フォトグラファー、Magicnumberディレクター、HLNA代表)



――――――――――――――――――――――――――――――
賛同・カンパのお願い
――――――――――――――――――――――――――――――

入場料を無料に設定しており、諸経費は参加賛同費・協賛費によりまかないます。みなさまのご協力を心よりお願い申し上げます!

賛同・協賛
参加賛同個人:一口¥1,000- 参加賛同団体:一口¥3,000.- 協賛:一口¥10,000.-から

参加賛同・協賛費の振込先
郵便振替□座:00190-8-428955
加入者名:NO NUKES MORE HEARTS(カナ氏名:ノーニュークスモアハーツ)

*振込み手数料のご負担をお願いします。
*通信欄に「1130参加賛同または協賛」とお書きください。
*名前の掲載不可の場合のみ「掲載不可」と、通信欄にお書きください。
(不可でない場合、HPに掲載させていただきます)
*領収書は振替用紙の控えをもって替えさせて頂きます。

【上記個人情報の利用について】
お振り込みの際にご記入いただきました個人情報は、今後の集会・パレードに関わるご案内やご連絡などにご使用させていただく以外は、無断転用はいたしません。



――――――――――――――――――――――――――――――
イベント参加のよびかけ
――――――――――――――――――――――――――――――

青森県の六ヶ所再処理工場は、日本全国55基の原子力発電所から出た使用済み核燃料(核のゴミ)を扱う化学工場。本格稼動すると、原発一年分の放射能をたった一日で空や海に放出してしまいます。
「日本のエネルギー政策の一環として、大地や海に放射能が捨てられ、環境や食べ物が汚染されようとしていること」をどれだけの人が知っているでしょうか。環境や食べ物の汚染予測数値はすでに公表されていますが、ほとんど報道もされていません。

わたしたちみんなが使うエネルギーのこと。「このままでいいの?」 私たちはエネルギー大消費地である首都圏から問いかけ、また多くの人々とこの問題を共有し、伝え広めていきたいと思います。
どなたでも楽しめる賑やかなイベントになります。ご家族、ご友人とご参加ください!

*危険なプルトニウムを取り出す工場
「角砂糖5個分で、日本の全人口の致死量」といわれる超猛毒物質のプルトニウム。この物質を取り出す過程で、六ヶ所再処理工場は事故がなくても通常運転するだけで原発の300倍以上の放射能を放出し、約40年間運転を続ける予定です。再処理の関連費用は約19兆円と発表されており、すでに私たちの電気代に上乗せされ始めています。

*全国的に広がる「再処理NO!」の声
半永久的に続く放射能の影響が大変心配されており、多くの農家の方や漁師さん、海を愛するサーファー、環境や食の安全を守りたい全国の人々が、立場を超えてこの工場に反対し、その声は全国的に広がっています。今年5月には、「六ヶ所再処理工場のある核燃料サイクル施設の直下に活断層があり、沿岸部海域の『大陸棚外縁断層』とつながっている場合はマグニチュード8級の地震が起きる恐れがある」と学者グループから指摘され、不安は増しています。

※10月20日現在「本格稼動は今年の11月」と発表されています。しかしこれまで14回延期されており、今回も延期になる可能性があると報道されています。

――――――――――――――――――――――――――――――

●六ヶ所再処理工場について、もっと詳しく知りたい方はこちらから
*NO NUKES MORE HEARTS
http://www.nonukesmorehearts.org/
再処理の基本、過去のイベント報告なども

*原子力資料情報室
http://cnic.jp/modules/rokkasho/
原発から再処理までニュースも満載

*音楽家 坂本龍一さんのページ
http://stop-rokkasho.org/
アートや音楽でSTOP再処理

*再処理を取り上げたドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」 
http://www.rokkasho-rhapsody.com/_schedule/calender
上映スケジュールはこちらから。全国で上映中!


一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
01 : 27 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9.11 ほんとうの『豊かさ』はどこにある? キャンドルナイト☆へいわフォーラム2008
2008 / 09 / 01 ( Mon )
9月11日(木)18時~
高樹沙耶さん&Candle JUNEさんによるトーク&ライブイベントがあります。

入場無料です。
是非!



日時 : 9月11日(木)18時~
場所 : 築地本願寺(地下鉄日比谷線築地駅前)

主催 : 浄土真宗本願寺派東京教区基幹運動推進委員会
      (問合せ・教務所03-3541-1666)


 911はもちろん、ニューヨークで連続爆破テロがあった日。それから7年目の今年、広島原爆の残り火をキャンドルに灯して、平和と環境を考える集いを開きます。

 メインゲストは高樹沙耶さん、加えて中川誼実さん(銀座吉水女将)、阿部信幾さん(僧侶)による語りと鼎談のひととき。合間にrcomoonさんのライブもあります。

 トークに先立って雅楽の音とともに平和を願う法要を営み、トーク後にはCandle JUNEさんによるキャンドルアートもお楽しみいただきます。


9月11日、私たちは、キャンドルの火に照らされる私たち自身の今を見つめます。
火は、私たちに希望と智慧とぬくもりを与え、明日への道を照らし出します。
また、火は、ある時には、天を焼き地を焼き、人を焼きます。
63年前の広島・長崎で。そして7年前のニューヨークで。人びとの頭上で炸裂して多くのいのちを奪った火。時に人はその火を増幅させ、自分自身を脅かし、さらなる悲苦を生み出してきました。
自らを脅かしているのは争いばかりではありません。加速度的に進む地球環境の変化には、私たちの華美過剰な生活様式が深く関わっていると言われます。
平和と環境。一見、関わりの薄いこの両者は、人間が、より早く、より多く、より「豊かさ」を追求してきたことにより、ともに大きなダメージを受け続けてきました。
みんなが平和を願い、環境を大切に思っています。だから今、私たちが出来ることをごいっしょに考えましょう。
今回私たちは、広島原爆の残り火「平和の火」を遠地より迎え、キャンドルナイトを営みます。キャンドルのゆらぎの中でのゆったりとしたトーク&ライブ空間にどうぞお越しください。




from X-KUITA





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
06 : 33 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Camp Store Meets Eco! in 葉山
2008 / 08 / 11 ( Mon )
来る8月16日(土)に葉山の海の家にて海を考えるEcoイベントにSFJが参加します。
暑い盛りですがみなさん遊びにきてくださいね!!

http://www.willcom-inc.com/ja/ad/campus/summer/koad/index_01.html

日時 8月16日(土) 13~20時
主催 慶應義塾大学広告学研究会Camp Store
共催 NPOピースフェスタ、サーフライダーファウンデーションジャパン、NPO GOOD DAY
場所 葉山大浜海岸(御用邸東側) 慶応大学広告研究会海の家 Camp Store
時間 13~20時
参加費 無料(ラストの佐藤傳次郎・MAKALANIライブのみドネーション)

夏の海の家からエコをアクションしよう!
夏真っ盛りの一日を海にやさしい日にしたい。
そんな大学生達の思いから実現したこのイベント。
昼は環境ブース(ピースフェスタ、Surfrider Foundation Japan他)が
ワークショップ(ピースフェスタは廃油キャンドル作り、SFJはビーチコーミング
で楽しみながらゴミを考えたり、水質を調査するデモ等をする予定)と、音楽ライブ、
夜はSFJのVTRと写真家佐藤傳次郎さんとスラックキーギターのMAKALANIさんによる
フィルム&ライブです。

長いイベントですがどこから参加しても楽しめること間違いなし。
小さい子でも大丈夫!ぜひぜひ遊びに来てくださいね~!!!


from X-KUITA









一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
23 : 38 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BLUE FOREST 杏橋幹彦写真展
2008 / 08 / 04 ( Mon )
ウォーターフォトグラファーである杏橋さんの写真展が開催されます。
この個展では幅3メートルを超える迫力ある作品をはじめ、とくに傑作との評価が高い作品が展示される予定です。
独自の素潜り撮影スタイルによる自然からのメッセージを感じてみてください。


会場: ファイヤーキングカフェ
    東京都渋谷区上原1-30-8 TEL.03-3469-7911
    http://www.fk-cafe.com
期間: 2008年7月28日(月)~8月31日(日)
    am 11:00~am 2:00


杏橋幹彦 (きょうばし みきひこ)プロフィール

1969年生まれ。写真家。
茅ヶ崎の海の近くで生まれ育ち、6歳より山口県小串の無人島で素潜りをはじめる。
89年、オーストラリア・ライフセービング・ブロンズメダルを取得した後は、オーストラリアに移住し、
バリに長期滞在するなど、カメラを手に放浪の旅を繰り返す。
7年前より、酸素ボンベとストロボを使用する撮影をやめて、フィンだけで波間を泳いで撮影し続けることを決意。
世界の波を求めて新たな撮影の旅をスタートさせている。
www.mikihiko.com


お問わせ
スウォッチ グループ ジャパン株式会社 ロンジン事業部
www.longines.jp


--
from X-KUITA




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
06 : 39 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まもりたい緑、まもりたい水 写真展
2008 / 07 / 28 ( Mon )
美しい「緑」と「水」の写真と深刻化する地球温暖化をテーマにした写真展が開催されています。
大好きな高砂さんの写真も展示されています。
是非足を運んでください。

この写真展で、環境問題について考えるきっかけとなり、
私たちの生活に欠かせない「緑」や「水」を守りたいと感じることでしょう。



■会場
FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 1F ギャラリー「PHOTO IS」
(ミッドタウン・ウェスト1F)

■入場料  無料

■開催期間
7月30日(水)まで
11:00~20:00
※開催期間中無休

■出展者(敬称略、50音順)
石橋 睦美(写真家)
うみまーる(井上 慎也+高松 明日香 写真家)
遠藤 秀一(NPO Tuvalu Overview代表理事)
高砂 淳二(写真家)
野口 健(アルピニスト)
山梨 勝弘(写真家)

■お問い合わせ
03-6271-3350



--
from X-KUITA




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
06 : 17 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。