スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
涙がタラ~リ ボタッ!
2007 / 08 / 31 ( Fri )

ミクシィでおにょさんが、「この言葉が、皆様を制限するのではなく、
皆様をより豊かに、より自由にしますようにと願ってアップしました。」と、
マザー・テレサの詩をシェアして下さってたので、ブログに紹介させていただきます。




~あなたの中の最良のものを~

人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも気にすることなく、最良のものを世に与え続けなさい

あなたにもわかるはず、
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです。
あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです。


~ マザー・テレサ






涙がたら~りでした。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも気にすることなく、最良のものを世に与え続けなさい

結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです。


そうですね・・・(ToT)
そういうコトですねぇ。

ありがたいお言葉です。
何も気にせず最良だと思うことを続けよう。。。

ハートがじぃぃぃんと熱~くなりました。


私からも皆様に感謝と愛を込めまして♪



                              びぃナスさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
10 : 14 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【大浪漫家。大芸術家】
2007 / 08 / 30 ( Thu )
tuki





   キラみなさん  こんばんはキラ


昨晩の「お月様」のせいで、今日は寝不足のお月様です。


愛する夫(照れ照れ絵文字名を入力してください)と、昨晩は【月光浴】させて頂き

ながら・・まるで恋人のように(照れ照れ絵文字名を入力してください

ゆっくり・・

ゆっくり・・

お話させていただきました。。。


こちら・・北海道札幌の空は、澄み渡る大空の元・・・

ほんとうに・・ほんとうに・・・

『素晴らしい満月』でした。


真っ暗な部屋の中・・・

ふたりの顔が、まるでライトアップされ・・
(なぜだか、いつもより男前に見える?夫の横顔)照れ照


ほんとうに私達は【大浪漫家】である神様のおかげで・・

こんなに素晴らしい夜空のもと・・・

こんなに素晴らしい映像を見せていただき・・・

キラなんとも幻想の世界でございました。キラ



夫が言います・・

『神さまは本物の【大芸術家】だねぇ~』



『そうねぇ・・神さまに叶う人は、いないだろうねぇ~』



【大芸術家】

そう言えば・・・昔、祖父がよく言っていましたっけ・・・

『芸術の神さまの使いである天使が、肩に乗るとき、そんな

 時は大チャンスだからねぇ・・

 今、やってることを止めて、すぐに筆を持ちなさいよ。。』

私・・実はお恥ずかしいのですが・・

「書道家」でもありまして・・・


『満月のお月さま』を見ているとき・・ふと・・書きたくなり

昨晩は何枚も書かせていただきました。


この・・『芸術の神さまの使いである天使』が肩に乗るとき

のタイミングと確信は、こころを素直にしていないと

どうも・・いただけないようです。。。絵文字名を入力してください


例えば・・いやいや・・この茶碗を洗ってから・・とか

いやいや・・天気もいいから、この洗濯物を干してから・・

とか思っているうちに、この『天使さん』。。。

どうも・・どこかへ飛んでいってしまうようです。

 
なので・・どうぞ・・みなさんも・・・

『書きたい!』『創りたい!』と思ったときが【大チャンス】

ですから・・

是非!  絶妙なタイミングを逃さないでくださいませ。。。


ちなみに・・わたしの場合。。。

この『書きたい!』『創りたい!』時に、させていただけた

ものは、なぜか?賞をいただけたりしています ローズ


是非!是非!みなさんも・・・

おためしくださいませ。。。。



では、今宵も美しい『お月さま』と共に寝かせていただくと

します。



【大浪漫家】の神さま。。。。

【大芸術家】の神さま。。。。



この宇宙も・・・

この地球も・・・

このお月さまも・・・


    KIRA KIRA ありがとうございます KIRA KIRA


私たち人間も神さまが創られた【芸術作品】。。。。


『愛と誇りをもって・・・生かせていただきなさいよ』

亡き祖父の口癖でした。


~愛と誇りをもって生かせて頂きたく思います。~


では・・・


     blue おやすみなさい blue


                  お月様  でした。




                                 月さんの日記より  





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
20 : 33 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「神の子たち」上映会&四ノ宮浩講演
2007 / 08 / 29 ( Wed )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□上映会のご案内

2007年8月30日(木) 
17:30~
「神の子たち」上映会&四ノ宮浩講演

岡山市 山陽新聞社本社ビル さん太ホール

お問い合わせ先 B.S.C岡山県本部 (有)ガイア代表 宮島匡
086-234-5727

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画製作5000人委員会のご案内

5000人製作委員会に参加して、ドキュメンタリー映画監督・
四ノ宮浩の最新作「(仮題)天国の子どもたち」を一緒に作り上げましょう!
映画完成後のタイトルクレジットには参加いただいた方のお名前を掲載します!
皆様のご支援、ご協力をお願いいたします!!


一口一万円にて参加していただける方々・団体を募集しております。
(一口未満でのご参加も可能です)
(現在行われている撮影・ロケハンも、この映画の製作に
賛同していただいた方々の寄付金が中心となって製作活動が支えられています)


◎ 郵便振込
加入者名 オフィスフォープロダクション
口座番号 00100-9-66498


◎ 銀行振込
以下の口座まで最寄の銀行にてお振込いただけます。
振込先:
三菱東京UFJ銀行 四谷支店
有限会社オフィスフォープロダクション
普通口座 1072361


※お振込頂いた方は、お手数ですがお名前・ご住所・電話番号を
オフィスフォープロダクションまでご連絡下さいますようお願いいたします。

※ご参加いただいた方々のお名前は映画のタイトルクレジット及び
HP上で明記させていただきます。

※1口以上(1万円以上)お振込頂いた方は「神の子たち」、
もしくは「忘れられた子供たち」のサンプルDVDをプレゼントいたします。
ご希望の作品をお書き添え下さい。

※2口以上ご寄付いただいた方には、「忘れられた子供たち/スカベンジャー」
「神の子たち」両作品のサンプルDVDを進呈させていただいております。

オフィスフォープロダクション
Tel:03-3354-3869  Fax:03-3354-3902
E-mail:info@office4-pro.com



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
11 : 16 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
息子の優しさヾ( ´ー`)
2007 / 08 / 28 ( Tue )
猛暑の大阪での バイトを 終えて 「ただいま~(^O^)/」と
今日も 元気に 帰宅してくれた…

筋肉疲労をとってもらうために ぬるめの お湯をはった
お風呂を準備して 夕食は カレーと サラダ(・ω・)/


私は 10月のイベント準備のために
チラシを地味に ホッチキスで

パチ

パチ

部屋一杯に とっちらかして…

パチ

パチ

息子に 「先に ご飯食べる? あ でも 場所が (((゜д゜;))) あわわわわ 」

息子は 「うん 食べるわ~ 大丈夫 地べたで食べたら インド人…
カレーなだけに (・ω・)/」



食べ終わり …
お風呂に入るかと思いきや 昼間 お天気に気を良くして
たくさん 干した洗濯物を たたみ 片付けてくれた


私は

パチ


パチ


そのあと
お風呂に 入るのかと 思いきや…

流しの 食器を片付け 洗い始める…

「ありがとねo(^▽^)o」私が いうと

「おうっ」






そして やっと
お風呂…


私は

パチ

パチ

息子… お風呂上がりに さらに キッチンで お片付け…
そして アイスクリームたべたべ 自分の 部屋へ 退出~



いつからやろう…


子供たちの 優しさに 気づいて はっとしたのは…


いつからやったかなあ


生きててくれてるだけで 嬉しいって
ほんまに 思うようになれたのは…



ちょっと それを 忘れかけた日にゃ

思い出させるような
体験が すぐ 我が身に あらわれるしね(笑)


産まれてきてもらえて…

良かった('-^*)/

いろんな しんどいことや
きつかったことも

全部

良かった(*^-^)b

人間なんやもん

いろんな失敗あるって

許せるから… (*^ー^)ノ

自分にも 家族にも
優しく なれるから

自分らしい ペースで
相手を 丸ごと 大切にできたら

なんも なくても

幸せ…

(*^o^*)


                            エリザベスさんの日記より



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
20 : 03 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『 風の ながれ』
2007 / 08 / 27 ( Mon )
sachi.jpg






つよすぎる光をさけて
風のふくほうへ

心穏やかに

やがてくる秋の雨を匂う

やわらかな温度を
ゆっくりと感じよう

大事なことは
ちゃんと言葉で伝えよう

いまあるものをみつめて



その風は

未来にむかって吹く







                             ★Sachi☆さんの日記より






一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪

00 : 00 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
あなたは素敵です!!!
2007 / 08 / 26 ( Sun )
できる・・・
できない・・・

どっちでもいいじゃないか!!!

やれる・・・
やれない・・・

どっちでもいいじゃないか!!!

好き・・・
嫌い・・・

どっちでもいいじゃないか!!!

損・・・
得・・・

どっちでもいいじゃないか!!!

成功・・・
失敗・・・

どっちでもいいじゃないか!!!

生きているからこそ・・・
味わえる・・・
大切な体験。

生きているからこそ・・・
感じられる・・・
大切な思い。

いいわるいなんか・・・
誰にも決められない。

この宇宙は・・・
ぼくたちに・・・
必要なものしか与えてくれない。

だとしたら・・・
今、与えられているもの・・・
今、感じていること・・・
今、体験していること・・・
そのすべてが・・・
宇宙からの贈り物なんだよね!!!

ね・・・
だからさ・・・

どっちでもいいんだよね!!!

あなたが・・・
今、味わっているその世界こそが・・・
あなたの幸せにつながっている・・・
大切な出来事なのかもしれないね!!!

苦しくて・・・
叫びたいなら・・・
思いっきり叫んでもいいよ!!!

悲しくて・・・
泣きたいなら・・・
思いっきり泣いてもいいよ!!!

楽しくて・・・
はしゃぎたいなら・・・
思いっきりはしゃいでもいいよ!!!

喜怒哀楽を抑えずに・・・
その感情の声に耳を傾けてあげて・・・
その思いを心に感じて・・・
思いっきり発散してくださいね!!!

泣いてもいい・・・
笑ってもいい・・・
怒ってもいい・・・
喜んでもいい・・・
苦しんでもいい・・・
はしゃいでもいい・・・

なんでもいいんだ!!!

自分に素直になって・・・
自分をこの世界に輝かせてくださいね!!!

あなたが・・・
何を選ぼうが・・・
それでいいんだよ!!!

あなたが・・・
選んだことが・・・
あなたのシナリオなんだから!!!

ね・・・
だからさ・・・

どうか・・・
自分をもっともっと信じて・・・
自分をもっともっと信頼して・・・
自分をもっともっと愛してあげてくださいね!!!

どんな時も・・・
何があっても・・・

あなたには・・・
いつも・・・
いつだって・・・
素敵な自分がいてくれる!!!

何も心配せずに・・・
安心して・・・

自分らしく・・・
これからも・・・
輝いてくださいね!!!

あなたは・・・
本当に素敵です!!!



                          ななちゃんさんの日記より



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
18 : 19 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
入れ歯もリサイクル
2007 / 08 / 25 ( Sat )

この春祖母が亡くなり、遺品に入れ歯がありました。
どうしよー
いとおしく眺める、というようなモノでもないし、かといってゴミ箱に捨てれないし。。。

というときに、新聞で見つけました。
収益金により世界中の恵まれない子ども達を支援する
NPO法人「日本入れ歯リサイクル協会」



入れ歯には貴金属が使われていて、それをリサイクルし、
その収益金をユニセフに寄付しているそうです。
たとえば、入れ歯ひとつで8枚の毛布が子供たちの為に買えるそうで、
金額的には今年7月末で累計役1070万円を日本ユニセフ協会に寄付できたそうです。

また、貴金属を抽出するためには、多くのエネルギーを必要とするため、
リサイクルはエコになるそうです。


詳しくはHPをご覧下さい。
http://ireba-recycle.com

協会では、活動の継続のため、ポスターをはっていただける場所を探しているそうです。

祖母も亡くなってから人様の役に立てて、喜んでいるかな。
成仏してくだされ。。。合掌



                            ランちゃんさんの日記より



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
11 : 10 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
2007 / 08 / 24 ( Fri )

今朝、マイミクさんの日記を読んでいたら、
精神世界の鉄人さんのブログにステキなメッセージを見つけました。


どなたが、最初に書いたのか知りませんが、
「今」という瞬間のことを、よく表現していると思います。

作者によると、「コピーしても、OK」らしいので、
友人や好きな人にプレゼントしてみては、いかがでしょうか?

以下、原文のまま、コピーです。↓


 


素敵なお話を、贈ります。


次のような銀行があると、考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ86400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日0になります。

つまり、86400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、
すべて消されてしまいます。


あなただったらどうしますか?
もちろん、毎日86400ドル全額を引き出しますよね。


私たちは一人一人が同じような銀行をもっています。


それは時間です。


毎朝、あなたに86400秒が与えられます。

毎晩、あなたがうまく使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日にくりこされません。
それは、貸し越しできません。

毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。

そして、毎晩、その残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金をすべて使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。


過去にさかのぼることはできません。


あなたは今日与えられた預金の中から「いま」を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大のものを引き出しましょう。

時計の針は走り続けています。今日という日に最大限のものをつくりだしましょう。


1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たったいま、
事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するには、
オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。


だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時をだれか特別な人と過ごしているのだから、
十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのにふさわしい人でしょうから。

そして、時はだれも待ってくれないことを覚えましょう。


昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は与えられるものです。


だから、英語で「いま」をプレゼント(=present)と言います。



                 ・
                 ・

このメッセージを気に入った人は、ぜひ周りの人に教えてあげてくださいね♪



                             びぃナスさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
14 : 06 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「最後だとわかっていたなら・・・」
2007 / 08 / 23 ( Thu )

もし、ぐっすり眠っているあなたを見るのが、

これで最後だと知ってさえいたら、

私はあなたをもっとしっかり、毛布に包んであげ、

神様の祝福を祈っただろう。


もし、外出するあなたを見るのがこれで最後だと知ってさえいたら、

私は、あなたをしっかり抱きしめ、キスをし、出かけるあなたを

もう一度、呼び止め、もう一度しっかり抱きしめたことだろう。


もし、あなたの心からの、ほめ言葉を聴けるのが

これで最後だと知ってさえいたら、

私は、それを毎日繰り返して見ることが出来るように、

あなたの言葉とその態度のすべてをビデオに撮影したことだろう。



将来の道を考えるための明日はきっとあるし、

きっと来ると考えている。

すべてをやり直すための明日はきっとくるはずだと、

私たちは考えている。


「愛しているよ」といえる別の日がいつか必ずあるのだろう、

「何か手伝いましょうか」と言える機会が、

またきっとあるのだと思う。


しかし、万一、それが間違いだったら、

あなたはどれほど愛しているのかを伝えられるのは、今日しかないのだ。

そのことを決して忘れないようにしたい。


若者にも、そうでない者にも、明日という日は、

約束されているわけではない。


だから、今日こそ、あなたが愛する人をしっかり

抱きしめることができる最後の機会かもしれないのだ。


もし、あなたがなすべき明日が待っているのであれば、

今日実行してみたらどうだろう。

もしかしたら、明日は来ないかもしれないし、そうなったら、

きっとその日、あなたは後悔することになるだろうから。


笑顔を見せること、抱きしめたり、キスしたりするための

ほんのわずかな時間

相手があなたに求めている、唯一の、

最後の願いだったかもしれないそれらのことを、

多忙を理由に拒否してしまったとしたら、

きっと後悔することになるだろう。


だから、今日、愛する人をしっかり抱きしめよう。

そして耳元でささやこう

愛していることを、いつも大切な人だということを。

「ごめんなさい」「ありがとう」「大丈夫」

「いてくれてありがとう」と時間をとって伝えよう。


そうすれば、もし明日が来ないとしても、今日、この日に、

後悔することはないだろうから。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

9.11テロで貿易センタービルの救助にあたり、
行方不明になってしまった、29歳の消防士が、
生前に書いた詩だそうです。


YouTube動画
http://www.youtube.com/watch?v=CX5iZx7FIok&eurl=http




                                   さおりさんの日記より





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪

19 : 33 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「そ・わ・かの法則」
2007 / 08 / 22 ( Wed )

あるブログと偶然、出会い、読ませていただきました。

http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/200705140001/

タイトルは 「 イジメの 本当の原因を 解決する方法 」です

その中に書かれてあった小林正観さんの著書と言葉がとてもいいなぁ~♪と
思いました。

「そ・わ・か」の法則読んでみようかな~。


*以下は「そ・わ・か」の法則からの引用

あるお母さんがこんな相談をなさいました。

「小学校六年の男の子と小学校四年の男の子がいるのですが、
この二人はすごく仲が悪くて、毎日学校から帰ってくると、
取っ組み合いのケンカをしている。
正観さんは『声を荒げて怒鳴るな、怒るな』と言いますが、
この二人の間に声を荒げて、割って入らなければ、この二人のケンカは止まらない。
現実にそうしなくてはいけないのに、どうやって穏やかに
毎日過ごすことができるのですか」


「その小六と小四の子供のケンカに、お母さんが大声を上げて
『ケンカをやめなさい』と割って入るのですね」

「そうです。そうしなければやめさせられません」

「大声で叫びながら『なんてことするの』とか『ダメじゃないの』と
二人を説得してきたのですよね」

「そうです」



この方は、目の前に気に入らない人がいたら、大声を出して、
暴力的な態度と言葉で相手にいうことを聞かせる、という方法を教え込んだのです。

この二人は、母親が教えてくれた方法をやっているだけ。

それを母親がずっとやってきて、それ以外の解決方法を知らないのだから、
気に入らない兄弟が目の前にいたら、取っ組み合いのケンカをするのです。

親がケンカに割って入って大声で怒鳴る、という方法をやっている限り、
子供たち二人は、ずっとかわらないでしょう。

それを教えられた子供は、大きくなって結婚して、子供をもつと、
怒って 怒鳴って 威張って、暴力的に 声を荒げて、
強権・強圧的に育てる という方法で 教育する。

そして、その方法をずっと踏襲している家系は、
何十代も ずっと そういう方法だけで子育てがまかり通っていく。
そして、その中に厳しい親子関係に 耐えられなくて
爆発する子供が、何十世代に一人出るのです。

気に入らなかったら、まわりの人間に 暴力的に接しなさい、
という方法論だけを教わった。

そして、鬱積して、自分の心の中にたまって、どうしようもなくなったエネルギーが、
親は 暴力的だから 直接的には返せないので、
そうではない もっと弱い人間に向けられる。

だから、暴力的な子育ての方法を改めないと、
何世代か後の殺人犯を育てていることになってしまいます。

感情をコントロールできなくて怒鳴ってしまっていることが
何十年か 何百年か 先の殺人犯を生んでいる。

それが、因果関係としてわかったら、今日から怒鳴らないことをお勧めします。

・・・

精神論や宗教論をいっているのではありません。

もし、自分の子孫がかわいいのだったら、
今やっている自分の態度を改めたほうがいい。

そうしないと、子孫がかわいそうです。

「私が子供に正しいことを言っているのに、子供が言うことをきかないのです。
正しいことをいっているのだから、声を荒げていいでしょう」
というのは、声を荒げていることの方が問題。

「正しいことを言っているから声を荒げていい」という理論は、
結果的に暴力的な子供を育てます。

・・・

母親が笑顔で優しく話すようになると、子供が母親に好意をもつようになる。

そうすると十年痛めつけられた子供も、
わずか3か月で母親に対する評価を変えます。

子供は天使です。十年間痛めつけられても、評価を変えるのに十年かかりません。

母親を好きになるのに三か月くらいですむ。

子供は、そういう意味で天使であり、神さまなのです。

十年間痛めつけられてきたにも かかわらず、
わずか3か月で母親を好いてくれるのです。

子供は、それが正しいかどうかで判断しているのではありません。

母親が好きになったら、どんなムチャなことを言っても

「はーい、喜んでやります」と子供は答えるかもしれません。

だから、母親を好きになったら、「勉強しなさい」と言わなくても、
勉強するようになります。

「お手伝いしてね」と言っても「はーい」、

「食事を作るのを手伝ってくれるかな」と言っても「はーい」、

「皿を洗うのを手伝ってくれるかな」と言っても「はーい」と答えるようになります。

そもそも子供は、母親を「癒す」ために、その母親を選んで生まれてきました。

母親にやってあげたくて、この世に生まれてきたのです。

とりあえず、お母さんが尊敬されるような生き方、

要するに声を荒げない、穏やかに、にこやかに生きていくということを実践してみてはどうでしょう。


「そ・わ・か」の法則 / 小林 正観(P165)

。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。


またまた、エゴの問題なんだなぁ~

なんだか教えてもらったような感じがしました~

そういえば 子供の頃から 自分は素直になれない、と思ってきたのですが、

相手(親)のエゴも 働いていたから 抵抗したのだなぁ~


このブログと「そわかの法則」を読んで 思い出したのは、
子供の頃、母を助けたかったことです・・・。

当時、母は 忙しく すごく大変そうに見えました。

何があったのか、わからないけど、子供の目から見ても

何かが うまくいってないような感じ。 しあわせそうに見えなかった

まだ小さな子供だったので 家事もできなかったし

全然、大したことはできないけど

どんなことでも 母が喜んでくれるなら やってあげたかった。

笑顔になってくれるなら。 ちょっとでも、ラクになってくれるなら。

何か してあげたかったんです。

私は 母を助けたくて 母を選んできたのだ、と思いました。





                            あきこ。さんの日記より


一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
01 : 10 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「死んだ女の子」元ちとせ
2007 / 08 / 21 ( Tue )

先日 NHKの 夏うた という番組を見ました…
終戦の時期に合わせ 平和をメッセージに込め たくさんの
ミュージシャンが 唄に 思いを込めて 届けてくれていました…



なかでも 初めて聞いた

元ちとせさんの
「死んだ女の子」

衝撃を受けました

涙とまりませんでした…

ニューヨークのスタジオから 坂本龍一さんがメッセージと
ピアノ演奏で 参加されました




トルコの国民的詩人 ナーズム ヒクメットさんの 詩 です
世界50ヶ国で訳されてます
「Kiz Cocugu」 直訳は「少女」 日本語では 「死んだ 女の子」
英語では「Dead Girl」 外山雄三さんが曲を書いてます

この死んだ女の子の願いを聞き届けたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=kCCv2fS1wPU
http://www.youtube.com/watch?v=EmsRNQ57f1M






広島で 一瞬にして 炎に 包まれて

少女のまんま

時間がとまってしまい

私を 怖がらないで
私を 忘れないで

どうか

子供を 焼いたりしないで…

その メッセージを世界に向かって 祈るように 伝えている…

テレビという メディアで こういうことも できるんですね…

いつか 日記で 伝えなきゃと 思いました

でも 勇気いるんです…

私は こんなとき

怒りよりも

少女の 思い を 受ける たちなので…
よし 一緒に 伝えようね と 強い思いに なり やっと書いてます…


SaveChildrenCommunity で トピックをみつけました

詳しい事を 知っていただけます

どうか

知ってください…

それだけでも 力に なります

皆さんの 思いが 平和に むく

それが 何より 今は 大切なんやと 思えてなりません…





子供を 焼かない 世界 に

するために

私達の できることは

なんなんでしょうか…

よく それを 思います…




                        
エリザベスさんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
11 : 39 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【小さな物語】
2007 / 08 / 20 ( Mon )

「あるがままでいいんだ。」
「そのまんまでいいんだ。」

そう思えない人もいるかと思います。

そんな人は、このお話をぜひ読んでみてください♪

少しでも、こころを豊かにする、手助けになればうれしいです☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



   【小さな物語】            (作者不明 菅原裕子訳)


インドのある水くみ人足は、2つの壷を持っていました。

天秤棒のはしに、それぞれのツボをさげ、
首のうしろで天秤棒を左右にかけて、彼は水を運びます。

その壷の一つには、ひびが入っています。

もう一つの完璧な壷が、
小川からご主人さまの家まで一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壷は、人足が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人さまの家に着くころには半分になっているのです。


完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていました。

なぜなら、彼が作られたその本来の目的を、
彼は常に達成することができたからです。

そして、ひび割れ壷は、いつも自分を恥じていました。

なぜなら、彼は、半分しか達成することができなかったからです。


二年が過ぎ、すっかりみじめになっていたひび割れ壷は、
ある日、川のほとりで水くみ人足に話しかけました。

「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている。」

「なぜそんな風に思うの?」

水くみ人足は言いました。

「なにを恥じてるの?」

「この2年間、私はこのひびのせいで、
あなたのご主人さまの家まで水を半分しか運べなかった。
水がもれてしまうから、
あなたがどんなに努力をしても、
その努力が報われることがない。
私は、それがつらいんだ。」

壷は言いました。

水くみ人足は、ひび割れ壷を気の毒に思い、そして言いました。

「これからご主人さまの家に帰る途中、
道端に咲いているきれいな花を見てごらん。」


天秤棒にぶら下げられて丘を登っていくとき、
ひび割れ壷はお日さまに照らされ美しく咲き誇る、
道端の花に気づきました。

花は本当に美しく、
壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人さまの家に着くころには、
また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、
水くみ人足にあやまりました。

すると、彼は言ったのです。

「道端の花に気づいたかい? 
花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?
 僕は、君からこぼれ落ちる水に気づいて、
君が通る側に花の種をまいたんだ。
そして君は毎日、僕たちが小川から帰るときに水をまいてくれた。
この2年間、僕はご主人さまの食卓に花を欠かしたことがない。
君があるがままの君じゃなかったら、
ご主人さまはこの美しさで家を飾ることはできなかったんだよ。」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・





実は、自分が欠点だと思っているところが、

人から見たらステキなところなのかもしれません。

そんなところが、人を幸せにしています。

自分が知らないうちに。

そして、人はそんなところに気づいていたりします。

そういう風に、自分にも人にも接してあげられたらいいですね。



(もし気に入れば、日記などでご紹介していただいてかまいません♪)



                                Mixiのある方の日記より・・・




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
19 : 18 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「言葉の流れ星」朗読会&地球音楽コンサート
2007 / 08 / 19 ( Sun )

吉武祥子さん「言葉の流れ星」朗読会 & 地球音楽コンサート めぐり愛



喜びも 悲しみも
もたらされるすべてのものは
今 ここの あなたにめぐり会うために
人生がくれたかけがえのない 贈り物

伝えたい言葉(こころ)がある

届けたい言葉(こころ)がある

"幸せの一番星みつけた"

祥子さんの 流れ星の言葉です(^O^)/

2007年 9月2日 日曜日
13:30 ~ 16:30
奈良市ならまちセンター市民ホール

2000円 (当日2500)
お問い合わせ
電話FAX 0742305755 携帯 08014123882(田北)
メール a.i.noue_0344@kcn.jp(井上)

電話FAX 0742415853(森井)

第一部 心の言葉
「言葉の流れ星」朗読と映像 & めぐり愛 トークショー

八木文明の朗読
桝野正博の映像
吉武祥子の言の葉

と 三名のトークショー

第二部 地球の言葉
国境なき楽団 SHINRAの地球音楽コンサート

マライカ リムジンガン コンドルは飛んでいく マオリ民謡
ポカレカレ・アーナ 熊蜂の飛行 他 …

主催は 奈良ガイア村さんです


☆言葉の流れ星朗読会&地球音楽コンサート
最新詳細情報
http://homepage3.nifty.com/poppyflower/page025.html


☆mixi言葉の流れ星コミュ~幸せ行きの切符~
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=21048257&comm_id=1732480



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
00 : 43 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
勇気をもって
2007 / 08 / 18 ( Sat )
勇気をもって出ておいで
何も誰もあなたを傷つけないから
あなたがそれを受け入れない限り
傷つくことはないのだから

怖い?
それは思い込みじゃないの?
恐怖に支配されないで

一人は一人
でも独りっきりじゃないよ

みんな繋がっている

ためらわないで
すぐ傍に愛は満ちている

手を伸ばしてみて
きっと柔らかな温かいものにふれるはず

心閉ざさないで
目をあけて
耳をすませて
感じてよ
優しい光とかすかな奏でを

帰る場所があることを忘れないで

いつもいつまでも待っているから


                            raum7さんの日記より



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
00 : 45 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「続」布ナプキン
2007 / 08 / 17 ( Fri )

本日は女性の生理に使用するナプキンについての日記です。


うぶな男性の方、読み飛ばしても結構ですが、
女性の身体についてこんな世界があるのだと知る程度で読んでいただければ幸いです。


「女性は血なんて恐くないのよ。毎月流しているんだから」

かの有名な漫画、吉田秋生の「吉祥天女」。
ストーリーはほとんど覚えていないけど、このセリフだけ強烈に覚えています。


小学校高学年で初潮をむかえ、以来ずっと毎月お付き合いしてきているんですが・・
その血液を受け止めるナプキン。
長い間、市販のウ●スパーやボ●ィフィットなどを使用しては、
皮膚がかぶれ・・
嫌な匂いも気になる・・
子宮の痛みが重く・・  ・・・。

これが当たり前、女性の仕事なんだと割り切っていたんだけど、
マイミクのあーりんさんから聞いて、
そしてかおるさんから本を貸してもらい、「布ナプキン」の存在を知りました。


ナプキンが布なんです。
本に載っていた連絡先から購入して、さっそく使用したら、
なんてやわらかい優しい使い心地!!
生地は無着色でネル地。


まず、生理痛が軽くなりました。(これは不思議。気分の問題かな?)
匂いもない。(嬉しい~~です。あの匂いは自分のものながら吐き気がするので・・)
皮膚がかぶれない。これが一番大きい!!
下着感覚です。
あまりの使用感の良さに付けている事を忘れて、血液がにじみだすことシバシバ(^^;)

一番不安なのがこのにじみ出すこと、ですが、
付けている事を忘れない限り(^^;)定時間毎に取り替えれば大丈夫だし、
多い日の2日目は念のため市販の薄いナプキンを布ナプキンの下に敷いてますが、
これもいらないくらいです。

2・3日目は布ナプキン3枚(1日につき)あれば大丈夫かな。
途中たたみ返したり、重ねなおしたりして。
4日目以降は1枚で足りる。

なんというか、1~3日目にどっとでて、あとは少ない、
というパターンになりました。
以前はダ~ラダ~ラと長く、重く・・。

生理は個人差がかなりあります。
なので、上記はあくまでも私の場合、です。

使用済みのナプキンは袋に入れて持って帰って、
バケツの水に漬け置きすること半日。
(お湯は絶対ダメ。血液が固まります。)
ほんで軽くもみ洗いするとキレイになります。
水は真っ赤になるよ、そのかわり(^^)
意外に布に血液が残りません。

これに私愛用の洗剤ピリカレを一つまみ入れておくともっとキレイかな。

ほんで、あとは洗濯機(もちろんピリカレ使用)で服と一緒にまわします。

生理一周期に布ナプキン1セットでは足りないので、
他に生地の上等なミニタオルを代用したりしていますが、
やっぱ布ナプキンのあの感触がいい♪ので、買い足しました。




大中小セットと、1mの生地。
まだ一回も使用してないやつだから、安心して見てね(^^;)
生地そのものを1m購入したのは、
自分で勝手に改良して作ってみようと思って。
何十枚も作れそうです。
下着から落ちにくい形を考案中~♪
(これも布ナプキンの欠点かな。生理用ショーツをつけていればズレることはないけど、取替時、トイレで落っことすことがある^^;)

使い始めるのに勇気は要りましたが、もう、よほど特別なことでもない限り、
ウ●スパーとか使えない!!
布ナプキンの使い心地の良さに慣れたら、戻れないよ~~。

気分の問題もあるかもしれないけど、
長い人生、閉経までの毎月毎月の生理を、どうせなら気持ちよく過ごしたいから、
布ナプキン使ってます。
決して、エコという気持ちだからじゃないんだよ。
図らずも、エコな結果にはなっているけどね。

ではでは。今日は赤裸々な日記となりました~




                            マキさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
10 : 00 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「ある愛の話」
2007 / 08 / 16 ( Thu )
*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*

34歳のスーザンが視覚障害者になってから1年になる。
誤診のために視力を失って、彼女は闇と怒りと苛立ちと自己憐憫の世界に突き落とされた。

ひと一倍独立心の強い女性だったのに、残酷な運命のいたずらのせいで、ひとの助けを借りなければならないのが辛かった。

「どうして、こんな目にあわなければならないの?」
彼女は怒りに胸をつまらせて嘆いた。

だが、いくら泣いてもわめいても祈っても、
辛い現実が変わるはずもないことはわかっていた。

視力は2度と回復しない。

以前は明るかったスーザンの心は、重い鬱の雲に覆われた。
毎日をやり過ごすだけでも、苛立ちや果てしない疲労の連続だった。

彼女は必死の思いで夫のマークにすがった。
マークは空軍の将校で、心からスーザンを愛していた。

視力を失った彼女が絶望の淵に沈み込んだとき、
マークはなんとか妻にもういちど力と自信を取り戻させよう、
もういちど独立心を回復させてやろうと決意した。

軍人であるマークは、扱いの困難な状況に対処する訓練を充分に受けていたが、その彼でさえ、これはこの上なく厳しい闘いになることを知っていた。

ついに、スーザンは仕事に復帰する決心をした。

だが、どうやって職場に通ったらいいだろう? 

以前はバスを使っていたが、ひとりで街に出るなんてもう怖くてできない。

マークが、毎日車で職場まで送って行こうと申し出た。

2人の職場は街の反対側に分かれていたのだが、
はじめ、スーザンは喜んだし、ほんのわずかなことにも大変な思いをしている妻を守ってやりたいというマークの気持ちもこれで満たされた。

ところがしばらくすると、
マークはこのままではいけないと気づいた。

そんなことを続けるのはどう考えても無理だったし、負担が大きすぎる。

「スーザンはひとりでバスに乗ることを覚えなければいけないんだ」とマークは自分に言い聞かせた。

だが、彼女にそう言うと考えただけで、彼はひるんだ。

それでなくても頼りなく、怒りにさいなまれているのに。

そんなことを言われたら、どうなるだろう?

マークの予想どおり、またバスに乗ると考えただけで、スーザンは震え上がった。

「目が見えないのよ!」彼女は苦々しく答えた。

「どうすれば行く先がわかるの? 
あなた、もうわたしの面倒を見るのがいやになったんだわ」

こう言われてマークの心は傷ついたが、しかしなすべきことはわかっていた。

彼はスーザンに毎日、朝晩いっしょにバスに乗ってやると約束した。

彼女がひとりで大丈夫と思うまで、どんなに時間がかかっても。

そのとおりになった。
まる2週間、軍服を着て支度を整えたマークは、毎日スーザンの送り迎えをした。

残った感覚、とくに聴覚を働かせて、自分の居場所をつかみ、
新しい環境に適応する術をスーザンに教えた。

バスの運転手ともなじみになり、彼女に気を配り、
座席をとっておいてもらえるようにした。

そのうちに、スーザンも笑い声をあげるようになった。
バスを下りるときにつまづいたり、書類が詰まったブリーフケースを
通路に落としてしまうといった運の悪い日にすら、笑顔が出るようになった。

毎朝、2人はいっしょに出かけ、それからマークはタクシーでオフィスに向かった。
車で送迎するよりももっと費用がかかったが、マークは時間の問題だと知っていた。

スーザンはきっとひとりでバスに乗れるようになる。彼はスーザンを信じていた。

視力を失う前の、何があっても恐れずに立ち向かって、決してあきらめなかったスーザンを。
 
ついに、スーザンはひとりでバスに乗ると言いだした。
月曜日になった。
スーザンは出かける前に、夫であり親友でもあるマークの首に両腕をまきつけた。

彼の誠実さと忍耐と愛を思って、スーザンの目に感謝の涙があふれた。

「行ってきます」
2人は初めて、べつべつに出勤した。

月曜日、火曜日、水曜日、木曜日……。
毎日は無事に過ぎていき、スーザンの気持ちも、かつてなかったほど明るくなった。

やったわ! 自分だけで出勤できるんだ。
金曜日の朝、スーザンはいつものようにバスに乗った。

料金を払ってバスを下りようとしたとき、運転手が言った。

「あんたはいいねぇ」

スーザンは、まさか自分に言われたのではないだろうと考えた。
いったい誰が目の見えない女性をうらやむというのだろう。

この1年をやっとの思いで生きてきたというのに。
不思議に思って、彼女は運転手に聞いた。

「どうして、いいねぇなんて言うんですか?」

運転手は答えた。

「だって、あんたみたいに大切にされて、守られていたら、
さぞかし気分がいいだろうと思ってさ」

スーザンには運転手の言っていることが全然わからなかったので、もう一度尋ねた。


「どういう意味なの?」

答えが返ってきた。

「ほら、今週ずっと、毎朝ハンサムな軍人が通りの向こうに立って、あんたがバスを下りるのを見守っていたじゃないか。

あんたが無事に通りを渡って、オフィスの建物に入っていくのを確かめているんだよ。


それから、彼はあんたにキスを投げ、小さく敬礼をして去っていく。あんたはほんとうにラッキーな女性だよ」

幸せの涙がスーザンの頬をつたった。

目には見えなくても、マークの存在がありありと感じられた。

わたしはラッキーだ。ほんとうにラッキーだわ。

彼は視力よりももっと力強いプレゼントを、見る必要などない、
はっきりと信じられるプレゼントをくれたのだった。

闇の世界を明るく照らしてくれる愛というプレゼントを。

~S・ワイダ~



*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*

皆さんにも、マークのような陰で支えてきてくれた存在達がいます。

両親・親友・恋人・パートナー・動植物・水・風・太陽・目には見えない存在達。。

気づかないだけで、みんなしあわせに包まれているんですね

≪皆さんにとって、ワクワクしあわせな毎日になりますように ≫

~愛を込めて~



                        「精神世界の鉄人」 エッセイ集 より





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪

00 : 00 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
あなたの 夢は なんですか? 私の夢は 大人に なるまで 生きることです。
2007 / 08 / 15 ( Wed )

8月は …命…について なぜだか 気づいたら 思いをはせてます…

あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。 / 池間 哲郎

池間哲郎 1954年沖縄生まれ NGO沖縄アジアチャイルドサポート代表理事。
池間さんは おもにアジア (ベトナム タイ フィリピン カンボジア モンゴル )の
ゴミ捨て場やスラム等の貧困地域を撮影や支援のために足を運び
そこで見た貧しい人々の過酷な現状や今日を必死で生きる子ども達の姿に
心を動かされて…
私たちの「少しだけ優しい心」で いかに多くの命が救われるかを実感し
講演 写真 ビデオなどを通して活動されています




池間さんは フィリピンの首都マニラのトンド地区にある
スモーキーマウンテンにいきました。
足の先から頭のてっぺんまで 真っ黒に汚れボロボロのTシャツを着た
10歳くらいの女の子がいました

瞳がキラキラと輝き 可愛い笑顔が印象的な その子に 池間さんは聞きました
「あなたの夢は なんですか?」

女の子は ニコニコしながら答えました
「私の夢は大人になるまで生きることです。」


池間さんは ビデオカメラマンという職業がら戦場にも行きました
でも この可愛い女の子の願いを聞いたとき ゴミの中で人目も はばからずに
大声で泣いてしまったそうです
三十代後半の 人生を 中途半端だったと
ごみ捨て場で親兄弟の命のために必死で働く子ども達を
目の当たりにして 思い知らされたそうです…


タイ北部 山岳民族の貧困の問題…
子ども達は 皆 栄養失調で お腹にガスがたまり膨らんでいます

貧困が原因の薬物中毒 人身売買… 家族の命を守るため
12歳くらいからの少女が売られて行きます…

性の意味さえしらない少女は やがてエイズになり 命を守るために
みずからの命を捧げます…


「お父さん お母さんの ためだから しょうがないね… 」
微笑みを浮かべながら 少女は そう言ったそうです…




モンゴルの首都ウランバートルは 冬になると マイナス30度になります
1991年 ソビエトが崩壊し 社会保障制度が機能しなくなり
経済が壊滅状態になりました


ウランバートルでは何日も何もたべていない
そんな 子ども達が あふれていました

極寒の冬 マンホールの中で寒さをしのぐしかないのです
外で眠っていたら凍死します

「マンホールチルドレン」と呼ばれています…

池間さんはマンホールに入りました。
汚水がたまり ゴミが散乱し 息ができないほどの 悪臭…
たくさんの ネズミと ゴキブリ

数年前 モンゴルを大寒波が襲いました
マイナス60度の寒さで家畜が凍死してしまいました

餓死寸前にまで追い込まれた家族は 生き延びさせる為に
子どもを都会に捨てました
「草原にいたら餓死するだけだ 都会なら残飯をひろっても
生き延びられる 寒いときはマンホールにもぐりなさい」…と…


「お父さんが僕を捨ててくれたことに 感謝してます
家畜が凍死してしまい 食べる物もなくなった
そのまま遊牧の暮らしをしていたら 自分は 死んでいたかもしれない
だからお父さんが ウランバートルまでやってきて
僕を捨てたことに感謝しているのです」


愛するからこそ 我が子を捨てねばならない親

親に捨てられ「感謝している」子ども

モンゴルには 豊かな国に暮らす 家族よりも
ずっと強い絆で結ばれた 家族がいた と 池間さんは思いました

マンホールを大人が空けると 子ども達は「怖い」と逃げ出します

虐待を いつもうけているからです


10歳にもみたない 子ども達もいました
顔中虫にさされネズミに 耳や唇を噛みちぎられています

「僕は早く人間を終わりたい…」12歳の男の子は泣きながら言いました
「僕は 次に産まれるときには人間ではなくて 犬になって生まれたい」

この言葉の意味を知った池間さんは 肩を抱き合って泣いたそうです



池間さんは 2000年に ウランバートルの郊外に マンホールチルドレンの
保護施設を 沖縄の人々の寄付で作りました

「沖縄の家」

その完成式典の時 10歳くらいの少年が 泣きはらして立っていました
手は真っ黒 顔中は虫にさされ 耳や唇は ネズミにかじられ腫れてました

なぜ泣いてるのかを尋ねました

今まで母親と少年は マンホールで助け合いながら必死で暮らしていました
母親は「沖縄の家」の事を知り愛する我が子のためにと、少年をつれてきました

「お前だけでも人間らしく暮らしなさい」そう 言い残し息子の背中を 中に押し入れ
扉をしめて逃げるように母親は 去りました
母親は 涙を ボロボロ流していたと 少年は言いました

それから 半年後 少年は沖縄の家にくらし学校に通いながらも町にでかけました

母親を探すためです

そして やっと お母さんをマンホールで見つけました

「僕はマンホールで暮らします。大好きな お母さんと 一緒に 暮らします」
たとえ どんなに つらい環境であろうとも自分を愛してくれる
母親と一緒に暮らすことが もっとも 幸せだと少年の姿が語っています



自分を 愛してくれる親がいる
住む家がある
毎日ご飯が食べられる

こんな 当たり前なことが

夢のように

遠いことなのです…
戦後 日本が 孤児であふれていたとき

赤十字社という 外国人の 手助けがありました

今も 私たちは さまざまな
てだすけが できます

ただ 世界に どんな 子ども達が いるのかを 知らないだけなんだと

思います


〒904 2142
沖縄県沖縄市登川1583番地
NPO法人 アジアチャイルドサポート

寄付について
 
アジアチャイルドサポートでは、活動を支援してくださる方の寄付を、
随時受け付けております。
私どもは実際に現地に赴き、アジアの悲惨な状況下にある子供達に対し、
今何が一番必要であるかを見極め、
出来うる限りの支援を続けていきたいと考えておりますので、
ご支援のほどよろしくお願いいたします。

振込先▼琉球銀行 諸見支店 (リュウキュウギンコウ モロミシテン)[口座番号] (普) 440444

[口座名義] エヌジーオーオキナワアジアチャイルドサポート

郵便局[口座番号] 01760-7-101305

[加入者名] アジアチャイルドサポート

※通信欄に、必ず「寄付金として」とお書き添え下さい。

--------------------------------------------------------------------------------

大変申し訳ございませんが、振込み手数料はご負担下さいますようお願いしております。
また、ご寄付いただきました日付と金額をメールかお電話にて
ご一報くだされば幸いです。

TEL 098-938-0100 / FAX 098-938-0108 

(寄付については、HPより転載させていただきました)





この 本は マイミク花精ちゃんが

「ぜったい 電車の中で読んだら あかんよ」という
アドバイスのもと 貸してくれました…
ずっと 泣きっぱなしで ぐったりしました

そして ドキドキする 胸で いらないものを 捨てる 覚悟をしました

そして 新しい 生き方を 少しずつ していく ことを 自分に 許してあげました
池間さんに 感謝しています

子ども達に 感謝しています

花精ちゃんに 感謝しています


世界中にいる 誰かの 痛みは 自分の 代わりに 受けてくれている痛み なのかもしれないと…
思います



                           エリザベスさんの日記より





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
00 : 10 | 映画&書籍 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
楽しい!ECO ナプキン
2007 / 08 / 14 ( Tue )

始めに…
女性の生理のお話です、読みたくない方は飛ばしてくださいね。


「ミュータントメッセージ」という本の中で
(オーストラリアのアボリジニのとある部族の物語)、
女性達は生理の血の中に固まりがあるとメディスンマンに渡し
彼女はそれを集め薬か何かに使うのか…
10年程前に読んだので記憶が定かではありませんが(すみませんm(__)m)、
それを読んだ時に衝撃を受けました。
大切な材料として扱われている一方で
私はそれまで汚らしい、臭い、面倒な物として扱い、素早く遠ざけていたからです。
私の感じていた冷ややかな側面、彼らの暖かな行動の側面。
考えさせられました…(-_-)


友人からダイオキシンやフロンガスの話しを聞き、
話しの流れから繰り返し使える布ナプキンがあると知り
オーストラリアから取り寄せる時に参加しました。
届いてみると綿で 四角い布状の物と、
羽付きナプキンの形のカバーに羽を重ねてボタンで留める式、
中には小さなタオル状の布を入れる。
二種類を使い始めて驚いたのは、生理中のストレスが減った事w(゚o゚)w!!、
素晴らしい赤ちゃんの気持ちがわかります!オムツ嫌やろなぁ~。
手洗いすることで汚らしい物という思いも自然と薄れてゆきました。

扱いずらい点は、四角い布を折りたたんだだけの為
トイレの時に落とさないように気をつける事、
量の多い時に漏れないか心配(それに合わせて大きさを選べば大丈夫)。

私は嬉しかったりお得な事は回りに話さずには居られません、
だって関西人なんだもの(^0^)/

その結果回りには布ナプキン使っている人いますね~、
ストレスが減った楽になるとは共通しての感想です。

子どもさんが小学生の方は干している布ナプキンに質問がされるのを
避ける為にハンドタオルを使用しているそうです、
ステキなアイデアだなぁと思いました、
家族にも配慮しお財布にも優しい、
ある物を使うというのがエコにつながりますよね。

いまでは通販雑誌にも掲載されるくらい認知度の高い商品になっていますよ。

もう少し理想を言えば、出すところはその分吸収も良いようです、
普通のナプキンの漂白剤も気になります、
シルクや草木染めなどは肌の毒をだして次に渡してくれるようです。
薬効もあると思います、昔ながらの染めは薬と同じ物です肌からも
身体に良い物を取り入れるそんな時代に思いを馳せて見ませんか?
お家にあるタオルででも一度試して見て下さい、やみつきになりますよ。

アルデバラン
http://www.aldebaran-well.com/index.atmi


こんな本との出会いました。

ひろがれ ひろがれ エコナプキン

角張 光子

地湧社(ぢゆうしゃ)

03-3258-1251

1000円
ISBN4ー8503-184-2C0077

http://www.jiyusha.co.jp.



                             美和さんのトピックより




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
01 : 51 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
【ほほえみ】
2007 / 08 / 13 ( Mon )
ほほえみ
それは一文も元手はかからない


ほほえみ
それは人に与えても一向に減りはしない
しかし、もらった人を限りなく豊かにする

ほほえみ
それは人生のあらゆる問題に対して
神の与え給うた妙薬である
しかし、このほほえみは金で買うことも、人から借りることも出来ない
盗みとることもできない

ほほえみ
それを生み出すのに時間は少しもかからない
しかしそれを受けた人の記憶の中には永遠に残ることさえある

ほほえみ
これがなくても生きてゆけるほど強い人は
この世にいない
これがなくてもいいほど
豊かな人もいない

ほほえみ
それは家庭の中に幸福を作り出し
職場に善意を培い
友情を養う

ほほえみ
それは 疲れきった魂に安息を与え
悲しい心に光をもたらす

それはあなたの心の奥底から湧き出して
惜しげもなく与えられた時だけ
値打ちが出てくるものである

ある人々は
あなたに ほほえみを与えることが出来ないほど疲れている
だから
その人にほほえみをあげることの出来るのは
あなたです


                 ロバート・バー





今日は【ほほえみ】の1日で。。。





                    月さんの日記より。。。







一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
08 : 50 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
心の内側から湧き出る幸福感
2007 / 08 / 12 ( Sun )

なぜかわからないけど、今朝起きてから世界が白色!
世間では薔薇色、というのかな?
とてもとても幸せな気分の時、私は世界が白色に見えます。

理由はわからないけど、
心の底から嬉しくて嬉しくて喜びが沸いてくる。

どうした、私!?

心があったかい。
体も、あったかい。

こんなこと、数年に一度あるかないかのことです。

何かいいことあるのかな?
本当に理由はわからないけど、何かとってもいい事があったあとの
幸福感と同じくらい、心が満ちています。


後ろめたいことをなくし、悲しみを手放して、
まっすぐ立って見たら、はっきりと目標が見えた。

で、今日は新月なので、恒例の願い事を書きました。

そりゃもう、ぶれずにハッキリと!
しかも限度数の10個。

先月は後ろめたいことがあり、迷いがあり、下を向いてばかりいた。
なので願い事が一個も書けなかった。

叶えたいことがある、それを言葉にできる事が嬉しい♪


以下の文章は読んでも読まなくても結構です。
新月のソウルメイキングメッセージコミュより、
今月の新月メッセージです。

嬉しくて喜んでいる私に更に追い討ちをかけて幸せな気分にしてくれた文章です。

長いのです。読める方は読んでみてね♪



****

しんしん しんしんと つくつく つくつくと 

あなたの♡が 想い 紡ぎ 響く音が

わたしの耳をくすぐります…


その音は 


とても 悲しそうだったり 嬉しそうだったり

切なそうだったり 寂しそうだったり

様々な音を奏でています。。。。


美しく切ない あなただけのその響き音。


わたしにはしっかりと聞こえていますが

あなた自身きちんと聞こえているでしょうか。。。。

その響きを 聞こうとしてるでしょうか。。。。



* * * * * * * * * * * * * * *



森羅万象 すべては 呼吸に似たリズムで動いています。


季節がめぐる事… 星の動き… 生と死…  

昼と夜… 潮の満ち引き… 種まきと収穫…


命は… この地球は… 宇宙は…

一定のリズムを持ち ありのままで調和し  動いています。

無駄が無く 完璧な美しさで 満たされています。



例外なく わたしたちの心と体も自然の一部です。



吐くこと(与える事) 吸うこと(受け取る事)

どちらが多すぎても 少なすぎても うまく呼吸する事は出来ません。


丁度良いバランスである事が スムーズに自然に呼吸できる

メソッドであります。


自然のリズムで呼吸する方が きっと

心地よいのではないかなぁと わたしは思います。。。。




あなたの愛する人々…

家族 パートナー 恋人 友人 職場の同僚

上司 後輩 ご近所仲間 バイト仲間 等等



全ての人間関係において…

あなたが感じてる事 その人に想う事 

良い想いも 悪い想いも それら全てが

愛 そのものです…♡


愛しい 抱きしめたい 傍にいたい 頬をくっつけたい

キスをしたい 一緒に眠りたい 話をしたい


そういった暖かで ポジティブな想いは 勿論


満たされない想いや 悲しい気持ち

ヤキモチや 不安 憎しみ 恨み 怒り 憤り


そういったマイナスイメージの想いですら…

愛情表現の一つなのです。


ちょっと信じがたいかもしれないですが

そうなのですよ?(笑)



わたしがあなたに知って欲しい事は 一つだけです。


決め付けて欲しくないのです。

愛の形を。 在り方を。



「 今 勉強しておいた方が 絶対に将来後悔しないのに
 なんであの子はいう事を聞いてくれないのだろう?
 (ムカツクわー!!) 」

「 そんなに忙しくないはずなのに なんでメルの返事が来ないのかな?
 わたしの事もう好きじゃないのかな…
 (悲しい…) 」

「 パートナーの居る人を好きになってしまったよ…
 周りの人はみんな反対するよ… やっぱり駄目な事なのかな?
 (なんだか自分が嫌いになってしまいそうだよ…) 」

「 なんで あの人ばっかり得してるのだ?
  こんなに努力してるのに実らないよ~~!!!
 (全然納得できない!!!) 」


相手にあなたの望む愛情表現を還してもらえないから
愛されてないだとか

世間一般で言う常識からはずれた事をしている
自分はどうしようもない駄目人間なんだとか


「愛」に対する答えは この一つだけ!!
だなんて思わないでくださいね。



例えば…

紫色のアジサイの隣に咲くのは ピンクのコスモスでないと
かわいくない!!認めない!!だとか

ワンコに、自分の言う事を聞かないと愛してあげない、
餌やらないだとか

赤ちゃんに 泣きやまないと ミルクあげないだとか


そういう事、あなたは思いますか?


名前も知らないような草花や 小さな芋虫だって
季節に共振して一生懸命生きてる姿を見ると
なんだかホッコリしてきませんか?



真実の シンプルな愛ってそういうものなんです♡



マイナスの想いから発する悲しみだとか苛立ち…


その人に嫌われたくないから 仲良くしたいから

幸せになって欲しいから 大好きだから 

もっと楽に生きて欲しいから 自分の存在意義を知りたいから


他人にこうなった方が幸せになるよ~という想いだったり
自分自身を愛するために必要な気付きだったり
様々な形がありますが…


どんな理由であろうと 相手や自分に「愛」を求めているから
大好きだから、愛してるから、そのような欲求が沸いてくるのです。

相手もアナタの事が大好きだから、同じようなものを
還してくれるのです。。。


苦しみを伴った 愛を体感する事も

楽しく暖かな 愛を体感する事も

あなたの価値観、あなたの選択次第なのです♪
(何度もいいますが、そこには良い・悪いのジャッジはありません)


あなたが 発する想い 求めてる事 決めてる事が
共振を呼び、この現実を創っています。


嫌われたくないからと、自分に無理して奉仕しすぎたり
自分が求める愛情表現以外のモノは受け付けないと
相手をジャッジし、アンバランスで居心地の悪い
表現をしていたなら、あなたの周りにはそのままの事が還ってくる…

反対に自分の♡に正直に、ポジティブに物事を捉えて
表現していくならば、居心地の良い現実が還ってくる…


ただそれだけの事なんです。


どうせ表現していくなら心地よい愛情で満たされた人生でありたいですよね☆

(あなたがマゾだったりするなら話は別です(笑)
苦しみがあるからこそ、大きな学びがあったりもしますからね。
どういう風に学ぶかは、アナタの意思次第と言う事です☆)


そうするために…

ただただ心地よい呼吸のリズムを忘れないで欲しいのです♪


受け取ること 与えることの バランスを取る事。

そして相手や周りに遠慮せず、理解してもらおうと
過剰な期待をせずに、あなたの♡が感じてることを
素直に伝えて表現する事が居心地のよい現実を
創っていく一番大事な事なのです。

あなたが心地よいものを発していれば その心地よさに
共振した人たちが必ずやってきます ☆

あなたが居心地よければ 相手も必ず居心地よい♡

そしてさらに素敵人生へとなっていくのです…( ´∀`)



あなたには 足りてないものなど一つもありません。

自己表現をするための材料は全て兼ねそろえています。

あなたの大切な人たちも 同様ですよ☆


それに気付くと…

こんなにも素敵な世界に居ることが とても楽しくなって

ワクワクしてきますね ☆

****

どうぞ あなたへの愛に気がついて…♡

あなたからの愛に気がついて…♡


あなたが愛そのものだという事に 気がついて… ね ( ´∀`)



****                           マキさんの日記より




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
11 : 00 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
そこに愛を見出せますか?
2007 / 08 / 11 ( Sat )

あなたは愛する人を信頼していますか?

信じていますか?
頼っていますか?

依存関係に陥っていませんか?

信じられないところに愛を見出せますか?

なぜ信じられないの?
過去があるから?

過去は誰にでもある
過去があって現在がある
わかってたことじゃない
過去を知って現在共に過ごしているのなら
どうして過去にこだわるの?

そうやって一生過去の亡霊にとりつかれて過ごすの?
追い詰めて身動きさえできなくなって
お互い苦しくなるだけ
壊れてしまうよ

閉じ込めて
束縛したって
心に鎖はかけられない

思い出して
あなたの傍で輝いていた姿を
ドキドキときめいた日々を

信じられなくなったらもう離れたほうがいい
愛を自分の都合で捻じ曲げないで
愛は決して押し付けるものでも押し付けられるものでもないのだから

目をそらさないで
真実に目を向けて
自分の心の叫びを聞いて

そして自分で気づいてほしい


                           raum7さんの日記より




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
00 : 52 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画「神の子たち」
2007 / 08 / 10 ( Fri )
エコを実施するにあたり、真実をまず知っていただきたいと思い、
フィリピンのごみ山で生活するドキュメンタリー映画「神の子たち」を
ご紹介させていただくことになりました。



<四ノ宮浩監督プロフィール>

四ノ宮浩(しのみや・ひろし)
1958年仙台市生まれ。大学在学中に寺山修司率いる「天井桟敷」に入団し、大学を中退。
その後、様々な職業をへて、1986年監督デビュー。
1995年ドキュメンタリー映画「忘れられた子供たち―スカベンジャー」を完成。
第44回マンハイム国際映画祭ベストドキュメンタリー賞受賞など受賞歴多数。
2001年5月「神の子たち」完成。第52回ベルリン国際映画祭、
モントリオール国際映画祭へ正式招待を受ける。
またNYでのNewDirector/NewFilms映画祭(ニューヨーク近代美術館 MOMA)での
上映の際、ニューヨークタイムズ紙に 映画レビュー が掲載された。

ニューヨークタイムズ紙 映画レビュー
http://www011.upp.so-net.ne.jp/office4pro/kaminoko/ny_review.htm


2002年10月シネマアンビエンテ環境映画祭(トリノ、イタリア)
コンペティション部門グランプリを受賞。
その後世界20カ国以上の国で上映が続いている。
映画「(仮題)天国の子どもたち」 現在製作中。

<現在作成中の(仮)天国の子どもたち 映画ストーリー概要>

2006年5月、僕は、17年前に日本を飛び出し、
最初に訪れたフィリピン、マニラ首都圏のスモーキーマウンテン跡地にたたずみ、
今までの自分自身が経験した数々のこの地での出来事を振り返っていた。
そして、その記憶の多くは決して死ぬまで僕の脳裏から消えることがないと
断言できるほど強烈な体験の数々だった。
僕はこの地で、日本では想像できないほど「多くの子供たちの死」に立ち会った。
そして、この地で撮影した映画「忘れられた子供たち/スカベンジャー」の
主人公エモン(当時13歳)が自殺して死んだという噂を聞いた。
彼がいくら貧しくとも、自殺するなんて有り得ない事だった。
僕は彼の自殺の真相を確かめようと思った。



どうやら僕は、長い間、「どうしたら世界中の貧困と飢餓と戦争がなくなるのか」
この答えを探しに、いつもどこかを「放浪」していた気がする。
最初はフィリピン、インド、タイなどのアジアで、
2001年の911ニューヨーク同時多発テロ事件以降は、アメリカ、パキスタン、
アフガニスタン、そしてイラク、ヨルダン、イスラエルなどの中東だった。

そして、2001年の9,11のニューヨークでの同時多発テロ事件のあと、
アフガニスタンでの報復攻撃へと続き、僕の頭の思考停止状態は6ヶ月続いたが、
2002年3月末に映画上映ついでに「グランドゼロ」を訪れ、
「世界が平和になるために僕たちはなにをしなければならないのか」との思いが
急に湧き、いつしか「今の世界の中心はアメリカであり、
アメリカ政府が世界を変えようとしなければ何も変わらない」事に気づき、
僕の映画をアメリカ人に見てもらうための活動もしたが、
アメリカのメディアは他国の貧困問題などに思いを寄せることはなかった。


それから、世界は、アメリカは、世界中のメディアは、
2003年3月20日のイラク戦争から今まで世界の貧困問題にはほとんど目もくれずに、
置き去りにされ続けてきた。
僕はフィリピンで「忘れられた子供たち」「神の子たち」の
主人公の現在の状況を調べることにした。

そして、映画の登場人物の中だけでも、死んだり、殺されたり、レイプされたり、
行方不明の子供たちが半分ぐらいはいるのである。
「忘れられた子供たち」のエモンは死に、母と妹は田舎のミンダナオ島に戻っていた。
僕たちスタッフはエモンの死の真相を調べるうちに、衝撃的な事実をつかむ。
JRはゴミ拾い、クリスは4人の子供がいて、小さなお店を市場で開いていた。

「神の子たち」主人公ノーラは夫に殺され、子供は行方不明。
ニーニャは妹が病気で死に、今は学校に通いながらゴミ拾いしていた。
水頭症のアレックスは撮影スタッフにより援助を受けとても元気だった。

僕は中国や韓国、インド、ロシアなど外国人も来るフィリピンの場末の安酒場で
酔いながら神に誓う。
「僕は、このフィリピンの貧しさだけは絶対になくす。
僕の力をすべてこの地に捧げ、一人でも多くの子供たちの命を救う」
僕は、酔いながら、また神に誓う。
「自分の愛する家族をまず大事にし、この映画をはやく完成させ、
世界中で見せ、世界中の死んでいく子供たちを少なくする活動を一緒にしていくこと」を。

僕が心の底から笑い、そして泣ける唯一の場所、それはフィリピンと呼ばれる国である。

この国では、とにもかくにも、飯をまずくてもいいから、食うことが一番優先され、
貧しき子供たちは、腹いっぱい食べたことがないため、胃も小さく、
体格も日本人の同年齢と比較してかなり小さい。
また、ここでは住民登録のない子供たちの予防接種なども当然なく、
貧しき家庭に生まれた子供たちが パタパタと死んでいく。
子供の死因は肺炎結核コレラ栄養失調などで、
昨日まで元気な子供が今日急に死ぬ場合も多く、
5歳未満の幼児死亡率が30パーセントといわれている。
ゴミ捨て場では一家に子供が5人生まれれば必ず1人は死んでいた。

僕は映画を見たみんなと真剣に考えて行動したいと思う。
「どうしたら世界中の貧困と飢餓と戦争がなくなるのか」を。

映画「神の子たち」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2255095

映画「神の子たち」正式ホームページはこちらです
http://www011.upp.so-net.ne.jp/office4pro/body.htm

映画「神の子たち」
http://kaminoko.office4-pro.com/

(仮)「天国のこどもたち」(現在作成中)
http://sensotoheiwa.office4-pro.com/

中田氏が訪れた場所、地球で起こっていることの一つとして、
映画『神の子たち』の映像が使用されています。
http://www.youtube.com/watch?v=hqKJ8tI_5JM




                  映画「神の子たち」コミュの管理人 ミルミルさんより





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
10 : 00 | 映画&書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『地球を貪り食う』 肉食について知っておきたいこと!
2007 / 08 / 09 ( Thu )
水と土壌の汚染

地球温暖化

台風・洪水・干ばつ

病気


私たちの生活習慣の中の
たった一つをやめることで
これらの問題が解決するとしたら・・・


あなたはどうしますか?


まさか
「肉を食べる」
ということがこんなにも地球を痛めつけているなんて
思いもしませんでした。。。

大変深く考えなければならないと思いました・・・

ではご覧ください。

『地球を貪り食う』
 
http://www.youtube.com/watch?v=gmNSkdPgxNc&eurl=http%3A%2F%2Flove%2Eap%2Eteacup%2Ecom%2Fspatown007007%2F16%2Ehtml

20分超の動画ですので少し重たいです。
みなさんのご意見お待ちしています。。






一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪


18 : 53 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8月8日の思い出。
2007 / 08 / 08 ( Wed )

私は幼い頃から “ペットのいる生活” に、とても憧れていた。

姉との2人暮らしにも慣れた頃、姉には内緒で、
どんなペットを飼うか、ペット屋さんに行ったり本でいろいろ調べていた。
リクガメやウサギが候補にあったが、友達がフェレットを飼っていて、
かわいいし、育てやすいと聞いて、フェレットに決めた!

・・・しかし、かなりの難問が待ち受けていた。

姉はどうしようもない「動物嫌い」だ。

フェレットのかわいさや育てやすさを本で見せて説明し、
毎日のように姉を説得し、

「絶対にお姉ちゃんには迷惑を掛けないっ!!」

と言う約束で、しぶしぶ了承を得た。

・・・ひとことでフェッレトと言っても、いろんな種類があり、
ペット初心者なら男の子の方が大人しいから飼いやすいとのことで、
私は身体全体がオフホワイトで手足がちょっと茶色い、
「シナモン」という種類の男の子を選んだ。
当時付き合っていたMくんが、私の誕生日にプレゼントしてくれた。

数日後、依頼していたペット屋さんから
「フェレットちゃんが来ましたよ♪」と電話を受け、
早速、会いに行った。

ドキドキしながら、ペット屋さんの中に入ると、
生後2ヶ月の、片手の手の平よりも小さな真っ白いフェレットが
よたよたしていた。

「か、かわいい・・・!」

育て方はもちろん、抱っこの仕方も分からないので、
友達に色々と教えてもらった。

いよいよ、姉と私と『みるく』の生活が始まった。

・・・フェレットは約半年で成人になる。
1日の4分の3ぐらいはハンモックで寝ている。
とても好奇心旺盛で、いろんなところにもぐりたがる。
最初の3ヶ月ぐらいは、ニンジンを擂ったものや、
フェレットフードを水に浸して軟らかくしたものを、
手を怖がらないよう慣れさせるため、それらを手にのせて食べさせた。
成人になればほとんど鳴かないが、
赤ちゃんの頃の「かまってかまって鳴き」が、
嬉しいときもあれば、うっとおしいときもあり、
ペットでこんなに大変なんだから、
子供を育てるって、ほんとに大変なんだなぁと、
母の苦労を少し知り、ここまで育ててくれたことに感謝した。


・・・『みるく』は、とても頭が良かった。
トイレも1回で覚えたし、名前を呼ぶとちゃんと近寄ってきた。
「ハウス!」と言うと、ちゃんとゲージの中に戻った。
予防接種で掛かりつけの動物病院に行ったときも、
まわりの暴れているフェレットをよそに、
『みるく』は、私の膝の上にちょこんと座り、一緒に絵本を読んだりして、
病院ではかなりの評判だった。

・・・『みるく』は、とても優しかった。
私が仕事でイライラして、必要以上に『みるく』を叱り過ぎ、
ハッと我に返って「ごめんね・・・。」と言って手を伸ばすと、
許してくれるかのように、手に顔を寄せてきてくれた。
仕事から帰ってゲージから出すと、『みるく』はあちこち走り回るのに、
私が落ち込んでいると、
そんな時は必ず私の足元から離れずにそばにいてくれた。


『みるく』が来てから、2度目の夏がやってきた。
フェレットは、30度以上の部屋に15分いたら
熱中症で死んでしまうくらい、とても暑さに弱い。

前の年の夏、ずっとクーラーをつけていたので、
クーラーの調子が悪くなっていた。
その日は天気も曇り空で、電気代もかなりの金額になっていたので、
クーラーをタイマーセットして仕事に行った。
仕事から帰ると、ちょっと前に帰っていた姉に、すごい勢いで怒られた。

「あんたーっ!!!
 『みるく』が暑そうにしてて、息がハァハァ言うてたやんかーっ!」

急いで身体を冷やして落ち着かせてから、ご飯をあげた。
“小動物は、ご飯を食べなくなったら、かなり危険”と聞いていたので、
食欲もあり、お水も飲んだので、ホッとした。

次の日、いつものようにクーラーをつけっぱなしにして、仕事に行った。
仕事から帰ると、先に帰っていた姉に、すごい勢いでまた怒られた。

「あんたーっ!!!
 『みるく』が寒そうにしてて、
 何度もくしゃみして鼻水垂らしてるやんかーっ!」

前の夏は特に何もなかったので、
この夏も大丈夫だろうと安心していたのが大間違いだった。

・・・3週間ほど前にちょっとした手術をしていたことをすっかり忘れていた。
いつもと変わらない様子に、すっかり元気になったと思っていた。
手術で消耗した体力と昨日の暑さで、
『みるく』の身体は、すでに体温調節が出来なくなっていた。
そんなことなど全く気付かずに、次の日は、寒かったらいけないと思い、
クーラーをやめて扇風機にして、仕事に行った。
仕事から帰ると、先に帰っていた姉の様子が昨日と違っていた。

「・・・『みるく』が、帰ってきたときは、暑がってハァハァ言うてたけど、
 ちょっと前からグッタリしてるねん。」

朝ご飯が入った食器の中には、ご飯がほとんど残っていた。
お水もほとんど減っていなかった。

私は、泣きながら無理やりご飯を食べさせた。

・・・食べてくれなかった。

食べれないくらい苦しいのに、
それでも泣いている私の足元から離れず、そばにいようとしてくれた。


心配してくれた友人が、夜間もやってる動物病院に連れて行ってくれた。
そこは犬・猫専門で、フェレットのような小動物はまるで担当外だった。
原因が分からないので色々検査しましょうと言うことになり、
『みるく』はあちこち毛を剃られ、とても痛々しかった。
まるで、『みるく』を小動物のサンプルにでもしてるような、
ヘラヘラしている病院の先生の態度に憤りを感じたが、
何も出来ない私は、ただ我慢するしかなかった。

次の日も朝から仕事なのに、遅くまで付き合ってくれた友達に
何度もお礼を言った。

朝から夜勤明けのMくんと掛かりつけの動物病院に行った。
病院の院長先生は、少し変わっていて、
生命に問題がなければ、テキトーに対処するが、
とても信頼の持てる先生だ。

3週間前の手術の時とは全く違う眼差しだった。
事態はかなり深刻で、すぐに入院することになったが、
「難しいね・・・。」と言われ、
信じられない思いと、きっとなんとかしてくれる!という思いで、
頭の中がぐちゃぐちゃになった。

・・・その日の夜、不思議な夢を見た。
私が部屋にいたら、『みるく』がパッと現れて、「ありがとう」と言ったとたん、
煙のようになって、螺旋を描きながら消えていった。
私は、飛び起きた。とても夢とは思えなかった。

次の日、いてもたってもいられない気持ちで仕事をしていた。
前日休んだので、仕事が溜まっていて忙しく、
お昼過ぎからケータイに何度も病院から電話があったことに気付いたのは、夕方だった。
1つ目と2つ目の留守電には、「至急連絡下さい。」と入っていた。
3つ目の留守電には、「かなり様態が悪化していますので来て下さい。」と入っていた。
私は涙をこらえることが出来ず、泣きながら早退したい旨を告げた。


5分後に家に着き、コップ一杯の水を飲んで少し落ち着かせてから、
病院に電話した。

「あ、あのっ、○○ですが、『みるく』は、どうなんですかっ?!」

「あっ、○○さん!ちょっと待って下さい!」

受話器の向こうで院長とやりとりしているのが聞こえたが、
何を言っているかは分からなかった。

「・・・もしもし、たった今、息を引き取りました。」

「え・・・?」

一瞬、言っている意味が分からなかった。

「・・・そ、そんな。うわぁーっ!!!」

「○○さん、落ち着いて下さい!
 『みるく』ちゃんは最後までがんばりましたよ!」

そのひとことで、なんとか最後まで会話のやりとりをしたが、
ほとんど頭に入っていなかった。

電話を切り、立っていれなかったので、しばらくその場にしゃがみこんだ。
なんとなく状況が見えてきて、
私は自分の部屋に行き、ベッドで思い切り泣いた。

身を切られるような、胸を押しつぶされるような、
こんな悲しみを今まで経験したことがなかった。

人は、あまりにも悲し過ぎると、声も涙も出ないんだと初めて知った。

「なぜ、あのとき、ちゃんとクーラーをつけていればっ!!!」

私は、何度も自分を責めた。何度も何度も。
悔しさで唇を噛んで血が出ても、それでも責め続けた。


Mくんと姉と病院に向かった。
車中は、私の泣き声だけが響いていた。

病院に着き、『みるく』のいる部屋に案内された。
いつもハンモックで寝ているように、くるんと丸くなった『みるく』がいた。
ピンク色した三角の鼻は血色を失い白くなり、身体も硬くなっていた。
抱っこしたら、今にも動きそうだったけど、
何度も何度も名前を呼んでも、目を開けることはなかった。

人前では、滅多に涙を見せない姉が、しくしく泣いていた。

私は姉に、
「最後に一度でいいから『みるく』を抱っこしてあげて。」とお願いした。

姉はぎこちない手つきで、恐る恐る『みるく』を抱っこしてくれた。
そして、泣きながら言った言葉を、私は今も忘れない。


「・・・『みるく』が、こんなに重かったなんて、知らんかった。」


しばらくして、友達が忙しい中、駆け付けてくれた。
彼女には、最初から最後まで、お世話になりっぱなしだった。

家に連れて帰り、ハンモックに寝かせて、しばらく、ぼーっと見ていた。

『みるく』が死んだことが信じられない。
明日の朝になれば、いつもみたいに『みるく』が「おはよう♪」って
言ってくれるはずだろう。


・・・次の日の朝、昨日の出来事は、現実としてそこに存在していた。

名前を呼んでも、やはり『みるく』は動かなかった。

Mくんと、家によく遊びに来てくれた後輩と、宝塚にある動物霊園に
『みるく』を連れて行った。

小さなお棺の中の『みるく』は、とても穏やかで安らかだった。
毛を剃ったところに花をたくさん飾った。

お経を唱えてもらい、いよいよ火葬場に向かった。
これで、本当に最後のお別れだ。
何度も何度も頭を撫でた。
「ごめんね」と「ありがとう」を、何度も繰り返した。

40分後、骨を拾いに行った。
火葬の担当の方に、
「小動物は骨が小さいから、焼いたら砕けて粉々になるのに、
この子は頭もしっぽもきれいに残ってるよ。
ほら、のど仏がちゃんと残ってる。」と言われ、
『みるく』は最後の最後まで、親孝行してくれたんだと、
感謝の気持ちでいっぱいだった。


・・・あれから2年が過ぎたある日、
『みるく』の四十九日の時、
私のとても非常識な突拍子もない行動のために、
『みるく』に係わるものを全て処分しなくてはいけなくなった。


『みるく』がいた日々は、とてもかけがえのない時間だった。

今日、8月8日は『みるく』の4回忌だ。

『みるく』は、我が家に来て、幸せだったろうか・・・?



                          虹職人さんの日記より




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
10 : 05 | ほんわか日記 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
世界で一つだけの花
2007 / 08 / 07 ( Tue )

インドから来日したアーナンダギリ師の講話で
心に響いたお話を一つ紹介します。

*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。* *:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:

人間関係について

私たちはなぜ人間関係で失敗するのでしょう?

それは 『 人を変えようとする 』 からです。

( 『 自分を変えようとする 』 ことも、同じです )

相手を理解しようとか、自分を理解してもらおうと
コミュニケーションをとろうとすると・・

「どうしてわからないの?」 と思います。

そして、相手にわからせようとします。

相手が 自分を理解しようとした時 のみ、関係が進歩します。

私たちは、決して 決して 決して!! 

お互いに理解できないのです。


なぜなら、私たち一人一人が 違う状態で 創られているからです。

生まれた日時・・場所・・過去の質・・受胎時の親の意図・・
おなかの中で両親が何を考えていたか・・etc・・etc・・

無数の要因や条件で 一人の人間ができています。

人生に対する捉え方も 60億人、60億通りの捉え方があり、
二つとして同じ捉え方はありません。

つまり、相手を完全には理解できないのです。

皆、それぞれの色メガネを掛けています。
赤 ・ オレンジ ・ 緑 ・ 青・・・・

オレンジ色のメガネの人には 世界がオレンジ色に見え・・
緑色のメガネの人には 世界が緑色に見え・・

他の人も、みな 自分と同じように 世界を見ている と思っています。

お互いが 『 理解しよう 』 とするのをやめたとき・・

人間関係が楽しくなります。

相手を 『 そのまま体験する 』 と楽になります。

相手を 『 そのまま体験 』 したら人間関係の質は向上します。

相手を体験するのが よろこび になります。

相手の 『 イメージ 』 を体験しようとすると苦しみになります。
快楽や痛みは、対象に与えた 『 イメージ 』 から生まれます。

『 イメージ 』 や 『 価値観 』 に 快楽や痛みを感じるのです。

本当の人間関係とは 相手を そのまま受け入れたとき 

そのまま許したとき 生まれます。

まず 『 あるがままの自分 』 を受け入れること 

全ての人間関係は 自分自身から 始まります。

自分を 完全に 受け入れられなければ 人も 受け入れられません。

『 愛 』 を発見するのも 自分自身を 受け入れたときです。

そのとき 相手を 変えようとしなくなります。

*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。* *:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:




相手をそのまま体験する・・というのは抽象的ですが、

白い花は白いまま 赤い花は赤いまま そのまま観るのと似ています。

白い花に 『 なぜ白いの?あなたはもっと赤いはずよ 』
赤い花に 『 赤は嫌いよ。白くおなり! 』

と言っても、白い花は白く生まれたのであり、
赤い花は赤く生まれただけなんですね。。

また、白いのに赤くなろうとしたり・・
赤い自分を恥じたり嫌ったり・・

『 世界で一つだけの花 』 の歌にもあるように
それぞれが美しく咲けばいい

私たちはお互いに理解するために存在する、のではなく・・
お互いの違いを体験するために ここに在る・・ 

みんなそれぞれが 世界で一つだけの花

この世にたった一種類しか花がなかったら、寂しいです。

変えよう 変わろう とする苦しみ・・

理解しよう 理解させようとする 苦しみ

からの 解放です+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+


                           そえ。さんの日記より




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
01 : 12 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
セバンちゃんのスピーチ
2007 / 08 / 06 ( Mon )
ヒロ第2弾で~す^^


皆さんは、もうご存知の方は少なくないと思います。
1992年ブラジルはリオデジャネイロで開かれた
「世界環境サミット」の会議の壇上で
日系4世のカナダ人のわずか12歳の少女が
世界各国のリーダーたち大人を圧倒した6分間のスピーチをしました。
彼女は現在27~28歳です。
米国の名門エール大学を卒業して、NGOを立ち上げて活動をしています。

このスピーチは、いま「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれています。
このときのスピーチの様子が収録された映像を
YouTubeで観ることができますので、下記アドレスにアクセスして、
是非、ご覧になってください。
日本語字幕がありますが、少し見づらいところがあります。



YouTube スピーチの映像:  http://www.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg



とても12歳とは思えない堂々とした、
また、信念に満ちた魂のスピーチが感動的です。
聞き入っている会議の出席者の真剣な顔がまた印象的でもあります。 彼女の著書が翻訳されていますので、
まだ、お読みになっていない方は是非、お薦めします。




あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
セヴァン カリス=スズキ (2003/07)
学陽書房

この商品の詳細を見る




以下は、セヴァン・スズキさん(当時12歳)の1992年ブラジル・リオデジャネイロで開かれた世界環境サミットでの6分間の伝説のスピーチの和訳文全文です。


「こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

 今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

 私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

 太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

 私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。

 こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう

 死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。

 どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

 ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

 私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

 私の国でのむだ使いはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。

 カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

 2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。

 「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

 家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

 これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。

 もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

 学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

* 争いをしないこと
* 話しあいで解決すること
* 他人を尊重すること
* ちらかしたら自分でかたずけること
* ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
* 分かちあうこと
* そして欲ばらないこと


 ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

 なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

 親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

 父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

 最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。」



以上、スピーチ全文でした。

最後まで読まれたあなたは、何を感じましたか・・・?
僕は、自分に何ができるか?真剣に考え始めました。
そして、こうして考えることが第一歩なのではと感じました。
みなさんのご意見お待ちしています。。。



最後にエリザベスさんからのメッセージです。

「まだ 小さな コミュニティーやけど
たった 一人でも いいから
セバンちゃんの 思いを伝えたいです

私も 初めて 読んだとき
涙 とまらへんかった

ちなみに 今 セバンちゃん 美人になってます(笑) 」



美人でしょ~~!

美人でしょ~~!




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
22 : 11 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球交響曲第5番上映会&高木善之さん講演会
2007 / 08 / 06 ( Mon )
地球交響曲第5番上映会&高木善之さん講演会のお知らせ

 

開催日:平成19年10月20日(土)
場所:ムーブ21(守口市生涯学習情報センター)
電話:06-6905-3921
URL:http://www.moriguchi-bunka.or.jp/


『タイムスケジュール』
開場        11時30分
開園(映画上映)  12時
講演会       14時30分
終了        16時30分

当日は、お箸・手作りエコバック・箸袋の販売をします。
また当日会場で、マイ箸をお見せくだされば50円お返しさせていただきますので、
ぜひともマイ箸をご持参下さいませ。


『チケットのお渡しについて』
≪前売り≫ 2500円 ≪当日≫  3000円です。

チケットをご希望の方は、下記口座までお振込み下さい。
「振込先」  00970-7-193387
「名義」    おもろ優しいエコさん達 
「お支払総額」お振込み金額は以下の通りです。
● 郵送希望の方(定型)   チケット代金(2500円×枚数) + 送料80円
            (簡易書留) チケット代金(2500円×枚数) + 送料430円
●当日会場受け取り希望の方  チケット代金(2500円×枚数)
    なお、振替手数料はお客様負担でお願いします。
    お客様からのご入金を確認後、チケットを発送いたします。

お振込み完了後は、住所・氏名、郵送希望もしくは
当日会場受け取り希望かを明記の上ご連絡下さい。
発送上の紛失などにつきましては、当方では一切の責任を負いかねます。
9月末までのキャンセルにつきましては、必要経費(送料・振込み手数料)を
差し引き返金させていただきますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
ご提供いただいた個人情報につきましては、
いかなる内容も他の用途に使用することはなく、
上映会&講演会終了後、責任を持ってすべての情報を破棄いたします。

今回の映画会&講演会は営利目的ではありませんので、
必要経費を引いた売上金は環境保護の支援のために寄付させていただきます。
今、現在は寄付先が決まっておりませんが、決まりしだいブログで報告させていただきます。
何かご不明な点、質問がございましたら遠慮なくお尋ね下さい。




≪主催≫おもろ優しいエコさん達    

メール ecosan194@yahoo.co.jp




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
00 : 03 | おもろ優しいエコさん達・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
映画「夕凪の街 桜の国」
2007 / 08 / 05 ( Sun )

夕凪の街(広島)のある 桜の国(日本)…
8月になる
いつからか… 8月が近くなると どきどきとするようになった…

この 映画は 今 被爆 や 戦争が 遠い記憶になりつつある 私達にとって…
すんなりと みじかに寄り添うように 優しく メッセージをくれる

まるで 休日の 海辺のベンチで 休んで 波の 音を聞いていたら
ふと 隣に おばあと おじいが 現れて 昔の話しを 静かに 語ってくれたみたいに…

被爆して 13年後 主人公の みなみさんは 病に 侵されます
今まで誰にも話せなかった 胸の内側を 恋人に伝えます …
「教えて 下さい…私は 生きていてもいいんでしょうか…
誰かが 死んでほしいと 思って 落とした ピカ で 私は 死なずに生きています…
嬉しい事
楽しい事が ある度に だれかの声が 言うんです
「お前の世界はそちら側ではない」って
背中に終われてなくなった妹は 「姉ちゃん 長生きしてね」と言いました…
それは もっと 生きたかった…ということなんです… 」

恋人は言います
「生きててくれて
ありがとう…」

みなみさんは 六年ぶりに 疎開していた 弟 あさひ君に会えました…

あさひ君は 弱っていく姉に言いました「なんで 広島なんだ
なんで 広島に ピカ が 落ちたんだ…」

みなみさんは言いました
「落ちたんじゃない…
ピカは 落とされたんじゃ…」と


みなみさんは 意識が薄れていく時 思いました

13年もして 私も 死ぬ… これで 喜んでくれるじゃろうか?
死んでほしかったひとは やっと 死によった…と 喜んでくれるじゃろうか…」

私は やっと
わかった ような
気がしました
なぜ 8月が 近づくと 胸が どきどきするのか…

戦争が

とりわけ

原爆が

なぜ こんなに 惨くて 悲しいのか

人が 何より 怖いのは
人から いなくなってほしいと 思われる

ことなんやと…

原爆というものが…
「死んでほしい」という 思いとして 被爆した 人間を 苦しめ続けていたなんて
ただ 肉体の痛み だけじゃない
肉親が 亡くなる 悲しみだけじゃない

いなくなってほしいと 思われる悲しみが…
これほど 酷いんやと やっと わかったような気がしました…

あさひ君は やがて 被爆体験をしている きょうちゃんと 結婚します

その きょうちゃんと 母親も 亡くなり 今は 娘と息子と 暮らしています

平成19年の夏

大好きな みなみお姉さんの50回忌として 広島で ゆかりある 方達と
ひとときを 過ごします

悲しくて

苦しくて

話すと

思い出してしまうから

語れない 思いを 胸に

けれど けして 忘れないし

忘れてはいけない
大切な 思い出を…
黙って 広島へ旅立つ 父親の 尾行を しながら 亡き 祖母と
母親の 思い出を 追体験していく 娘…

思い出したくない 過去…

でも 見ない振り
忘れた 振りをしてはみても

けして なくなりはしない

娘は だんだん そのことに 気づいていきます

そして

「私は 産まれる前から ずっと この二人を(両親の愛を)見ていたんだ…

そして たしかに 私は この 二人を 親にと 選んで 産まれてきたんだ…」



痛みも 悲しみも
癒やしに
生きる 勇気に していける

無きものにするんじゃなくて

ありのままに みる 勇気を持てたら…

それは ありがとうに 変わっていくんやなあ

と 思いました…

明日からの 6日間 そして 10日間

どきどきせずに 過ごせそうです…

祈りながら 働きます

(^人^)



エリザベス





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
00 : 18 | 映画&書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画「河童のクゥと夏休み」
2007 / 08 / 04 ( Sat )

のっけから 泣きました … 予告編をみたときから 気になってました

江戸時代… 心優しい父さん河童が お侍に 斬り殺されてしまう…
そして… 現代まで 眠り続けて 普通の 男の子 康一に見つけられ
普通の家族に 自然に受け入れられ 守られていく …

この 河童の クゥの姿形の 可愛さったら あんた もう 可愛いすぎヾ(≧∇≦*)ゝ
クレヨンしんちゃんの原 恵一監督が 脚本まで 手掛けてるせいか
家族の会話が 日常に ありえる 当たり前な 言葉…
だけど そこここに江原啓之さんばりのスピリチュアルワールド(^O^)/

例えば クゥちゃんと 犬の おっさん←これ名前(Θ_Θ)

とは テレパシーで話すし

河童を探す旅で泊まった宿には 座敷わらしがいて

沖縄のやんばるには 人間に化けて くらす キジムナーがいる

まあ 河童が 主人公やから なんでもありかとは 思うけど… それにしても
子供アニメだからと侮るには あまりにも もったいない のです(ρ_-)o

おっさんという犬が昔話を クゥにします…
とても 優しくて仲良しだった飼い主がいつからか 学校でいじめられ
ボロボロの姿で 帰宅し そして 犬である自分に暴力を するのだと…
おっさんは悲しかった「暴力をされるのも… また 大好きな 男の子が そんな事をする姿を見るのも 悲しくて」そして その家を出て康一に拾われたと…
そして おっさんは クゥを 人間の邪念から 助ける為に 命を かけてくれます
そして 虫の息のときに「あいつは 元気かなあ… 俺 が そばで 殴られても
いてやれば良かったかなあ… また 一緒に…」 そう言いました…

人間は ほんまに 困った 生き物なんです…

言葉に ならない
命 の 言葉を 聞く 耳 を 持たないんです(ρ_-)o 寂しいなあ…

でも クゥは だれも責めないで
感謝します

最後の別れの日

「おらを 見つけてくれたのが お前たちで ほんとに 良かった」

康一が「偶然だよ」と恥ずかしがると

「偶然なんかじゃない きっと ずっと前から 決められていたんだ」と



スピリチュアルワールドでしょ(*^-^)b
ほんまの ほんまの別れ際
テレパシーで 康一に言います

「自分を責めるな 康一 おらは 幸せだった ありがとう」

康一は 心の中で 思っていたんです
自分は クゥを守れなかった
河童仲間を見つけてやれなかった

もっともっと…と

そんな 優しい康一に クゥは 感謝したんですヾ( ´ー`)

あまりにも 悲しくて 疲れ果てた クゥは
一度 死のうとします

そのときも

とんでもない スピリチュアルワールドで クゥは 今 生きてる 意味をしり
死なない 選択をします

そして

死ななかった事に感謝します

クゥの 思い
クゥの 言葉
クゥの行い

その根底には



が あります


愛 しかないみたいです

お手本になります

いつも 思い描きながら 生きていこうと 思いました

ラスト あたりに クゥが 大自然の川に向かって 祈るすがたに

ネイティヴインディアンの 生き方を感じました

良かった 私たち 人間も クゥのように 生きていこうって 新たに 決めました

この映画を 見せてくれた
新たな ガイドさんに 感謝しています

ありがとう♪(*^ ・^)ノ⌒☆



エリザベス





一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
07 : 49 | 映画&書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おもろ優しいエコさん達
2007 / 08 / 03 ( Fri )

おもろ優しいエコさん達のブログにご訪問いただきありがとうございますヽ(*^。^*)ノ



mixiでエリザベスさんが「おもろ優しいエコさん達」の
コミュニティを立ち上げられたのですが、
このコミュ内には地球のエコ・環境のエコ・心のエコなど、
たくさんのエコ情報があふれていて、またマイミクさんの日記も、
心がほんわかあったまる日記を書いておられる方がたくさんいらっしゃいますので
「これはmixiに登録しておられる方だけでなく
もっともっとたくさんの方に知っていただきたいなぁ~」と思い、
自称PC担当の私(花精)がブログを立ち上げ、
共同管理人として ヒロさん(男性)にもご協力いただいています。
(*マイミクさんの日記はご本人の了承を得てから転載させていただきま~す♪)

ということでコミュ内の情報だけではなく、
男性・女性の視点から見たエコ情報を幅広くご紹介していこうと思っています。


どうぞ、よろしくお願いしま~す^^v




一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪


01 : 47 | お知らせ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。