スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
3月2日「ハッピー六ヶ所茶会」
2008 / 02 / 29 ( Fri )
ハッピー六ヶ所茶会  

2008年3月2日(日) 
Start18:00~ 冨田貴史さんのお話
20:00~ ハッピー六ヶ所まつりに向けたミーティング
料金 ¥1,000 
会場 風人の家
大阪市淀川区西中島1-13-13-2F
HP http://www.painukaji.com/marchan/index.html
BLOG http://blog.goo.ne.jp/molamola1979


「青森県六ヶ所村の再処理工場って、いったい何??」という人から、
「再処理工場を止めて自然と環境と平和守ろう!」って人まで
みんなで集まって、六ヶ所について知り、話し合い、
行動するきっかけになるための2時間です。
六ヶ所のこと初めて知った人も、すでに行動を起こしている人も
一緒に六ヶ所について、語り合いませんか?

ご予約・お問合せ
「ハッピー六ヶ所☆KANSAI」↓山中まで
mixi  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1436938
y_akiyo21@yahoo.co.jp
℡:06-6536-6669(インドレストランShama・山中)

主催:ハッピー六ヶ所関西
mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=3037987


冨田貴史
名古屋在住。エネルギー、コミュニティ、憲法9条、核などをテーマにした上映会、
イベント、ワークショップの企画、執筆、講演を全国で行っている。
現在「六ヶ所村ラプソディー」上映会と暦のワークショップを中心とした全国ツアーの最中。
BLOG http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
23 : 45 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NoNukesMoPeace NEWS '08.2.25 vol.004
2008 / 02 / 28 ( Thu )
ロッカショ最新情報をお届けします。


過去の記事はこちらから
http://archive.mag2.com/0000258028/index.html

NoNukesMoPeace NEWS 編集/発行 澤口佳代
http://stop-rokkasho.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
再処理工場の本格稼働が5月以降になると発表されています。
以下、関連情報リンクです。ご確認ください。

日本原燃 再処理施設のしゅん工時期
「平成20年2月」から「平成20年5月」へ変更。
http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2007/pr080225-1.html

2008年2月25日 東奥日報 六ケ所再処理 本格操業5月以降に
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080225090803.asp

2008年2月25日12時30分 読売新聞 六ヶ所村の再処理工場操業開始、3か月延期
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080225-OYT1T00305.htm?from=navr

2008年2月25日 12時09分 東京新聞 再処理工場操業は5月以降 六ケ所村操業開始時期
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008022501000283.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
☆2008年2月17日青森でPEACE LANDのYAMさんが主催した反核ライブ
が開かれました。関東からも多くが参加、青森のみなさんととてもよい時間
を過ごすことができました。レポが掲載されているblogを紹介致します。

KOTSUBU-PUNX blogより 下ごしらえから当日のレポまでたくさん
http://d.hatena.ne.jp/KOTSUBU-PUNX/20080216/1203100382
http://d.hatena.ne.jp/KOTSUBU-PUNX/20080218/1203347830
http://d.hatena.ne.jp/KOTSUBU-PUNX/20080219/1203435788

aresanの六ヶ所村で自然を返せと叫ぶblogより
2008-02-18 2/17青森反核ライブ+2/18県庁周りデモ。
http://d.hatena.ne.jp/aresan/20080218/1203332986

未来のためにできること blogより
反核ライブpart2~「東京原発」2008/2/18
http://blogs.yahoo.co.jp/maakokansyadaiji/archive/2008/2/18

パラエストラ八戸日記より 落語のセコンド
http://blogs.yahoo.co.jp/moguttesweep2p/32997586.html

YouTubeで当日の様子ご覧下さい。 必見ですよ:)
☆hokutomovieより
NORT HEMPIRE 反核ライブ
http://jp.youtube.com/watch?v=jci0RB_faYM
☆KOTSUBU710より
反核警察/DNA ディレクターズカット版
http://jp.youtube.com/watch?v=230PeJfEA_M

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
今週のNoNukesMoPeaceな話題

素敵なblogを紹介します。
それがたまるか! http://geki1015.cocolog-nifty.com/
高知県で高レベル放射性廃棄物処分地の問題が持ち上がったことで
立ち上げられた、げきさんのブログです。
現在の高レベル放射性廃棄の問題、再処理の問題を鋭くついていて
とても参考になるブログです。ぜひチェックして下さい!

/最初の投稿
http://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_141c.html

/香川県高松市で2月20日、資源エネルギー庁が開催した高レベル放射性廃棄物
の地層処分に関する説明会が開かれました。ゲキさんのblogで紹介されています。
http://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_8611.html


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
☆イベント情報

2/17青森で反核ライブ、東京では渋谷でデモがありました。
3/16日は仙台で「海に空に放射能を捨てないで!―STOP!再処理本格稼働―」
が開かれ、東京ではまたまた渋谷でデモ!逗子では「核分裂過程」上映会があります。
http://lmswkm.net/316_in_sendai
http://stop-rokkasho.jp
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=284


/『原発・再処理入門mini講座』第4回・5回の日程が決まりました。

■第4回
日時:2008年3月4日(火)18:30~
会場:総評会館501会議室
http://www.sohyokaikan.or.jp/access/
『高レベルガラス固化体の危険性と最終処分問題』西尾 漠+澤井正子(モデレーター)
六ヶ所再処理工場のアクティブ試験では、第4ステップで高レベル廃液で
ガラス固化体を製造する能力について、日本原燃が2つの溶融炉(A/B)で
確認することになっていました。日本原燃はA系列の溶融炉一つでさえ「キチン
とした試験結果を出すことができませでした」という報告書を公表しています。
ところが原子力安全保安院は2月14日、段階を追って安全性を確認するという
試験の前提を無視しアクティブ試験を第5ステップに進めることにお墨付きを
与えてしまいました。死の灰の塊、高レベルガラス固化体の危険性、さらに固化体
の製造技術の問題、そして最終処分場の問題など、「トイレなきマンション」と
呼ばれる原子力発電所の抱える大困難について考えます。

*関連情報
(デーリー東北)
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2008/kn080215b.htm
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2008/kn080215a.htm
(東奥日報)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080217110703.asp
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2008/sha20080216.html
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080214130142.asp
(日本原燃)
第4ステップの終了と第5ステップの開始
http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/000000-month/re_siken.html
高レベル廃液ガラス固化設備の試験状況報告について
http://www.jnfl.co.jp/press/pressj2007/pr080204-1.html

■第5回
日時:3月18日(火)18:30~
会場:総評会館501会議室
http://www.sohyokaikan.or.jp/access/
※第5回の内容については決まり次第お知らせいたします。リクエストも受付中です。
●資料代:¥500(各回とも)
●事前の参加登録の必要はありません。
主催:原子力資料情報室   協力:原水禁
〒162-0065
東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800 FAX:03-3357-3801
『原発・再処理入門mini講座』第1回~3回(終了済)
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=595

第3回のmini講座「22マイクロシーベルトでも安全?」
のレポがaresanのblogにあります。参考に:)
http://d.hatena.ne.jp/aresan/20080219/1203436490

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

NoNukesMoPeace_NEWS_編集/発行_澤口佳代

このMLを多くの方に広めていただけると幸いです。転送/転載どんどんお願い致します。
みなさまからの情報、アドバイス、質問も募集しております。

_ご意見・ご感想はsr[@]stop-rokkasho.jp
[ ]をはずして送信して下さい。
_WEBサイトhttp://www.stop-rokkasho.jp
_blog http://nonukesmopeace.blogspot.com/
_photo http://www.panoramio.com/user/1398953

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



--
from X-KUITA






一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
17 : 20 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
省エネ コンテスト
2008 / 02 / 28 ( Thu )
現在、ECCJ(財団法人 省エネルギーセンター) で、
省エネコンテストが開催されています。

「知ってる」から「やってる」へ

地球温暖化対策の一環として、
日常生活のちょっとした工夫による省エネ実践コンテストに
みんなで参加してみませんか?
みんなで楽しく地球に優しい省エネにチャレンジ!!

審査委員長は、あの 北野 大(明治大学理工学部教授)  です。

総理大臣賞を目指して参加しよう!

参加手順

STEP1

参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入して
「省エネコンテスト」事務局へFAXまたは郵送にてお送りください。
下記の参加申し込みをクリックしていただきますと直接参加申し込みできます。
申し込みいただいた方(先着10,000名)に、
「2008年版省エネカレンダー」を活動報告書と共にお送りします。
また、学校(先着150校)には「エコワット」を10台差し上げます。
<参加申し込み期限>2008年2月29日(金)まで

http://www.eccj.or.jp/contest08/page_1.html


STEP2

2008年1月1日~3月31日の期間中に、2週間以上の省エネ活動に取り組んでください。
省エネ活動のご参考としてライフスタイルチェック25や省エネチェック表(PDF)、
省エネルギーセンターの各種ホームページ(家庭の省エネ大事典、ReCoo、
省エネ実践コンクール)をご覧ください。
※対象となるエネルギーは、電気、ガス、灯油、ガソリンです。家庭や学校での
 各種機器の使用や車の運転方法を工夫してください。


STEP3

活動終了後に、あなたが実践した省エネ活動の内容およびその具体的成果(データ)を、
「省エネコンテスト」事務局からお送りする活動報告書に記載し返送してください。
<提出期限>2008年4月30日(水)まで



--
from X-KUITA








一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
08 : 34 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球のゆくえ 3(完)
2008 / 02 / 27 ( Wed )
『天使たちの旅』 未来から来た少年〈3〉

『天使たちの旅』を読んでいない方も、この章は是非読んでくださいね
きっと勇気と希望が湧いてくると思います


    



「さあ、宇宙の始まりが見えてきた」シャーリが静かに言った。
 
目の前に巨大なホログラムの映像。それは原初の宇宙から、
遠い未来までの長い歴史のイメージだった。
最初の大爆発が起こり、それが存在となり、互いに引き合って、多くの星となった。
僕たちは地球を見守っていた。
初期の地球環境の中で次々と複雑な物質が化合され、
有機的な生命体へと進化していった。
それらは多細胞生物から魚になり、魚が両生類になり、両生類が爬虫類と鳥類に進化し、
最後に哺乳類になった。
実は彼らは人類全体の一部なのだった。
私たちは魚として水の中を泳ぎ、両生類として雄雄しく陸地に這い登り、
爬虫類、鳥類、哺乳類として必死に生き延びながら、ついに人間として地上に現れたのだ。 



進化の衝動につき動かされて、人間はより大きく、
より複雑な社会的グループへと引き寄せられた。
時代を経て、人間はそれぞれ地域にまとまり、独自の価値感を持つ政治的な国家が形成された。
その後、貿易と商業が急速に発展した。
科学的手法により、様々な発明発見が行われて、経済第一主義の時代の幕明けとなった。
人間は全てにおいて科学を最優先させ、物質文明を極度に発展させた。
人間の傲慢さは自然を痛めつけ、地球を搾取し続けた。
そして社会においては貧富の差が極端になり、弱肉強食の醜い争いが繰り広げられていた。


突然、ホログラムが大きく乱れた。
地球の大変動によるすさまじい様子が現われた。
火山の大爆発は大地震と津波を引き起こした。
大洪水によって、ある大陸は海に沈み、ある大陸は大きく地形を変えた。
全ては一瞬のことだった。



ホログラムはリセットされたかのように、また人類の原始の時代に戻った。
同じような映像が何回か繰り返されてはリセットされた。


今度もまた、人間は世界中でそれぞれ独自の文明を発達させ、国家を形成していった。
急速に科学が発達し、またもや経済最優先の時代を迎えた。
ところが、世界中に経済関係の網を発達させた時、
地球上のいたるところで自分たちがスピリチュアルな存在であることを思い出し始めた人々がいた。
これはまぎれもなく現代文明に間違いなかった。


ホログラムが一瞬微かに揺らいだ。ホログラムは二極化を映し出し始めた。
二極化とは、今、私たちのこの時代に、二つのまったく異なった未来があるということだった。
地球上のすべての人々は、二つの対立する立場へと分離しつつあった。

世界は独裁的なオートメーション化と、社会的衰退、崩壊へと向かっていると信じて、
恐怖におののいて暮らすこと。
または、虚無主義を克服して愛の波動に達し、
終末を体験せずに新しい次元へ入ることができると信じること。
私たちは、そのどちらかを選ぶことができた。


何度かホログラムが揺らいだ後、映像は早送りになりまたゆっくり動き出した。
人類は二極化を克服し、次のステップに進むところだった。
どのようにしてユートピア的な未来を作り出すつもりなのかを実際に思い出すのが、
次の段階のようだった。


私たちはついに、世界ビジョンを思い出し始めた。
すばらしい知恵を持った人々やグループが世界中に現われた。
彼らは、愛のエネルギーを放射し始めた。
それらの愛のエネルギーを受けた人々は、未来に対する不安と恐怖を克服していった。
特に科学技術を支配している人々は大きな影響を受けた。
彼らは自分が何者であるか思い出して、経済を操り、権力を握ろうとする行為を放棄し始めた。
愛のエネルギーが満ち溢れることによって、人々は自分が何者であるか思い出し、
互いに協力し、積極的に人生にかかわり合うようになった。
爆発的な勢いで、人々は目覚め始め、自分の使命を思い出し、進むべき道を直観に従って歩み出した。

映像は、衰退した都市と、見捨てられた農村のイメージに変わった。 
貧困の悪循環を絶ち切るには、恐怖から自由になる能力と、
貧困の不安から逃れるために立ち直る能力が必要だった。
助けを必要としている人々に対して、周囲の人々から暖かい手が差しのべられた。
こうしたつながりはボランティアの人々によって、その輪が広げられていった。 
人々の良心的な行動が活発になるに従って、世界中で凶悪犯罪が減り始めた。
なぜなら、暴力の真の原因はいらだち、不満、激情、恐怖などであり、
高い意識を持つ人々との交流が多くなるに従って、
そのような思いが薄らいでいくからであった。


また貧困や暴力と同じように、環境汚染についても人々は大いに関心を持ち始めた。
自分では決して環境を汚染しないと思っていた人々も、
地球の生態系を破壊している工事や産業に、知らないうちに加担しているという事実もわかり始めた。
また、自然は聖なるエネルギーの源であると考える人々の間に、
新たな連帯感が生まれ、ヨーロッパや北アフリカにわずかに残された原生林を救うことになった。
そして、大切な熱帯雨林を守る動きも始まった。 
特別に栽培された植物の繊維が、木材や紙に使われていた木の代替物となったのである。
 

 
あらゆる職業のグループが、それまでの慣習的なやり方から、より直観的、
理想的に機能する段階へ進み、自らの本来の役割と、真の奉仕とは何かを理解するようになった。
医学は病気の心理的な原因を重視する医師たちによって、単なる機械的な対症療法から、
予防医学へと移行した。
ビジネスにたずさわる人々は生産の完全自動化を押し進めて、
究極的に、全ての人々に生活必需品をただで手に入るようにした。
ついに人々を金銭から解放する経済が実現したのだ。
教師たちは子どもたちに、直観を大切にし、
なぜ自分がこのような人生の道を追求しているのか、より高い視点から、学ぶよう奨励した。
 
 
さらに未来が展開していくのが見えた。
ついに世界が政治的に統合されていった。
それは一つの政権にすべての国を強制的に従わせるのではなく、
どの国も真に平等であるという一般の人々の認識によって実現した統合だった。
しかも各地域の自治と文化的な違いは、そのまま大切にされていた。



次に、人類の気づきがもう一段上のレベルへと入っていくのが見えた。
それと共に、人類全体の文明は、経済情報の交換からスピリチュアルな情報の交換へと進歩していった。
こうして、ある人々やグループはあちら側の次元に到達するレベルに達し始め、
地上に残っている大部分の人々の目の前から姿を消していった。
しかし、やがて、二つの次元を自由に行き来できるようになった。
一方、地球に残った人々は、何が起きているかを理解し、
物質の次元に残るという自分の役割を受け入れた。
彼らは自分たちもすぐにあとに続いていくことを知っていた。


 
地球上で次の次元への行き来が始まった時、
魂のグループもまた物質の次元へと自由に行き来することができるようになり、
あちら側の世界から物質の次元へのエネルギーの移転は完成したのだった。
ビジョンはここまでだった。至福の気分が体中に満ち満ちていた。
いつまでも、そのまま余韻を味わっていたかった。永遠に……。


 
ふと目を開けると、あたりはすっかり夕闇に包まれていた。
丘の上の木も草も花もみんなオレンジ色に輝いている。
「地球はなんて美しいんだろう」僕はすっかり満足していた。




「納得した?」静香が微笑んでいる。
僕は大きく頷いた。
「じゃ、スキップして、日本に戻ろう。
いつまでも君の殻をあずまやに寝かせておくわけにはいかないしね」シャーリが立ち上がった。
このままずっとここにいたかったが、そうはいかないことはわかっていた。
戻って、自分のやるべきことをやらなくては……。
「用意はいいかい?」
シャーリと静香はあっという間に光に変身した。
見ると木の下に彼らの肉体が横たわっていた。
心配そうにそれらを見る僕に、シャーリは言った。
「大丈夫だよ。バルーンが面倒みてくれる。
それから、君はそのままでいい。飛んでいるうちに光に変わる」
 
 
僕たちは地上から遥か彼方を浮遊していた。
眼下には蓮の花が咲いている。蓮の花びらはすばらしい輝きを見せて、
美しい色合いを織りなしていた。
まわりはどこまでも花畑が広がっている。



「すばらしい景色でしょ? まるで天国のような……」
「これらは誰が作ったの?」
「美の始まりにしたいと考えたグループが作ったのよ。
“美の意識”を持った土地というの。今では、手入れをするだけ」
「他の地域は? 地球の他のところはどうなったの?」
僕は、一番気になっていたことを尋ねた。
「地球の他の部分も元の生態に復元されたよ。
人間がめちゃめちゃにする前の状態に……。全てのものが再び健全な姿に還元された。
全ての木、植物、動物……ことごとく」シャーリが答えた。
「それにいくつかの改善を加えられた」
「でも、全てがこのような巨大な庭の形ではないだろ?」
「もちろん、このような形は一部だけよ」静香が答えた。
「他の部分は林や、森林地帯、または牧草地や草原になっているの。砂漠も復元されたのよ」
感激して涙がこぼれそうになった。
人類は母なる自然の営みを引き継いだのだ。


「見えてきたよ。日本だ。やあ、なつかしいなあ!」シャーリは叫んでいた。
「あの頃を思い出すわ。楽しかった……」静香もため息をつきながら、感慨深げにつぶやいている。
「お願いがあるんだけど……」僕は言った。
「何でも、OKだよ」
「もう一度、地球からうんと離れて、そして、ゆっくり地球を味わいながら、降りてきたいんだ」
「お安いご用さ。いいかい、思いっきりスキップするよ。……それではお別れだ、シュウ。健闘を祈る」
「さよなら、シュウ。きっとまた会えるわ」

 
 
漆黒の宇宙を背景に、太陽の光を受けて、その美しい星は青く輝いている。
青いクリスタルでできた地球儀が宙に浮かんでいるように。
あまりの美しさにしばらく茫然と見とれていた。
 


僕は翼を大きく広げ、地球を見下ろしながら、ゆっくりと下降した。






参考文献

『アトランティス』エドガー・エバンズ・ケイシー著(中央アート出版社)

『インディゴ・チルドレン』リー・キャロル&ジャン・トーバー編著
                           (ナチュラルスピリット)

『宇宙からの帰還』立花隆著(中央公論者)

『霊界Ⅰ 死後の世界は実在する』エマニュエル・スウェデンボルグ原著
                             (中央アート出版社)

『シュタイナー入門』西平直著(講談社現代新書)

『ホリスティックな教師たち――いかにして真の人間を育てるか』
                      ジョン・P・ミラー著(学習研究社)

『いのちに根ざす日本のシュタイナー教育』日本ホリスティック協会 
                     吉田敦彦・今井重孝編(せせらぎ出版)

『シュタイナー教育と「四つの気質」』大村祐子編著(ほんの木)

『魂の体外旅行』ロバート・A・モンロー著(日本教文社)

『第十の予言』ジェームズ・レッドフィールド(角川書店)





まこりんさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪             

08 : 26 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中村哲講演会 と かながわ九条のつどい
2008 / 02 / 26 ( Tue )
2月12日、地元練馬で、
中村哲さんの講演会を聴いた。
アフガニスタンで井戸や灌漑用水路を掘る
ボランティア活動をされているお医者さんです。

当初は500席の
練馬文化センター小ホールで開催の予定でした。
入場料は¥1000と大変安いので、
すぐ売り切れになるだろうと思い、
チケットを2枚買っておいた。
結局一人で行ったのだけれど、会場がなんと
1500席の大ホールに変更になったのです。
しかも当日券はない!

この知名度で¥1000なら売り切れ間違いなしとは
思っていたけれど、まさか、キャパシティが3倍になり、
当日券を求める人が入れない状況になるとは!

ボクは練馬の少なからぬ人が、
はるか遠くの国でボランティアをする中村哲さんに
関心を寄せていて、ここに集まってきたことが
嬉しかった。
世の中捨てたもんじゃない・・・と思いました。

マイミクの「マナさん」もチケットを買っていたはずだけれど
1500席のホールでは、
かなり運が良くなくちゃ会えない。

なんと、マイミクの「まなそら」さんが
いらしていたことが、彼女の日記でわかりました。
横浜の人です!

主催者の挨拶によると、遠くは
福島や大阪からきたお客さんもいるらしい。
ということは、1500人の多くは、練馬以外の、
全東京や埼玉から来ているのかもしれない。

中村さんは、
パキスタンに逃れているアフガン難民の医療支援として
パキスタンに最初は行かれたのです。
そこで、きれいな水さえあれば、そして
十分な食べものさえあれば、病気にならずにすむ、
死なずにすむ子どもたちがたくさんいる、という
現実に出会います。

しかも難民の多くは、以前のソ連軍の侵攻やタリバン政権から
逃れるためだけでなく、
度重なる干ばつによる食料と水の不足によるものでした。

そこで中村哲医師は、日本で寄付を集め、
現地の人々とともに、
飲料水確保のための井戸掘り、さらには、
灌漑用水確保のための水路掘りを、もう
20年も行なってきました。
何百という井戸を掘ったそうです。

地球温暖化の影響と思われるのですが、
標高4000mくらいの山々にはすでに万年雪はなく、
そのあたりを水源とする川は涸れてしまったそうです。
7000m級のヒンドゥークシ山脈を水源とした川は
まだ水量が豊富です。
そこから用水路を引いて田畑を潤し、
食料を自給しようというのです。

日本の最新の土木技術では、地元の力で修繕ができないので、
江戸時代の工法を研究し応用したとのこと!
あくまでも住民が自立し、自分たちで管理していける、
つまり将来に持続可能な手助けをする。

信念とねばりの驚くべき人だと思う。
「大変なボランティアですが、なぜそこまでするのですか?」
という質問には、
「結構楽しんでやっています。私に合っていると思いますよ」と
応える。


テロ特別措置法(給油新法)という、
インド洋でのアメリカの艦隊への
自衛隊の給油問題がありますね。

多くのアフガンの人々は、
日本にはよいイメージを持っているそうです。
「日本は、暮らしへの支援はするけど、軍隊はよこさない」と。
しかし、最近では、政治の世界では必ずしもそうでないことにも
気づきはじめたのです。
「自分たちに爆弾を落としていくアメリカの飛行機に
日本が給油している」ということを知ったからです。

給油には「国際社会の支持」があるとか、
反テロ体制への「日本としての支援」という言葉を
日本政府は使います。
ここで言われる「国際社会」「日本」には、実体があるでしょうか。
あたかも「正義の味方」として「日本人の総意」のごとく、
このような言葉が使われますが、
アフガンの市民から見たらこれはみな、
愛と想像力に欠けた空虚で、実態のない言葉です。

この2日後、2月14日に、
『かながわ女性9条のつどい』(神奈川県立青少年センター)に
風絃トリオ〈空〉&真奈で出演してきました。
憲法の前文や第九条に謳われている理想を求めて、
平和を旗印に外交したら、日本は間違いなく、
世界に尊敬される国になるはずだ、という確信を
新たにしました。

日本政府がそういうことをするしないに関係なく、
中村哲さんは、
『ノーベル平和賞』を受けるでしょう。
たとえそうならなくても、
この人と心で連帯したい・・・ぼくはそう思います。

中村哲さんの講演会には幅広い年齢層の聴衆がいましたが、
九条の会のイベントや、
憲法の成立過程を描いた映画『日本の青空』の上映では、
中高年中心の客層でした。

若い人に、平和憲法がこれまで果たした役割と、
これから地球市民がめざすべき理想が
ここに謳われていることに
気づいて欲しい。



やぎりんさんの日記より



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
21 : 03 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NoNukesMoPeace NEWS '08.2.17 vol.003
2008 / 02 / 25 ( Mon )

みなさん、こんにちは。
vol.3は主に14日の総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会核燃料
サイクル安全小委員会六ケ所再処理施設総点検に関する検討会(第14回)
そして、本日の反核ライブ@青森市&デモ@渋谷についてお伝え致します。

過去の記事はこちらから
http://archive.mag2.com/0000258028/index.html

NoNukesMoPeace NEWS 編集/発行 澤口佳代

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

☆2008年2月14日
総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会核燃料サイクル安全小委員会
六ケ所再処理施設総点検に関する検討会(第14回) が開かれました。
配付資料
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g50214aj.html

六ヶ所再処理工場の事業者日本原燃株式会社は第四ステップ試験が終わり
ましたと国に報告、しかし、ぜんぜんできていないじゃないか、落第だと
言われるしまつ。しかし、会議が12時に終わり、同日15時にはウェブサイト
にて第5段階試験開始を宣言してます。

2月14日 再処理工場におけるアクティブ試験の第4ステップを終了し、
第5ステップを開始しました。
http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/000000-month/re_siken.html
日本原燃料株式会社http://www.jnfl.co.jp/

翌、15日には朝日新聞 青森版にて青森支局の小宮山記者によって以下のような記事が
再処理工場試運転、最終段階に(小宮山亮麿)
http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000000802150003

16日には 東奥日報の社説にて県民は原燃を監視!という記事が掲載されています。
"追試"に合格の前なのに/再処理、最終試験へ
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2008/sha20080216.html

その他主な記事は以下に掲載しています。
http://stop-rokkasho.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=46

14日、経済産業省前には平日にも関わらず20名の市民が抗議に駆けつけました。
六ヶ所村からは菊川慶子さんも。
小委員会を傍聴したふくろうの会の阪上さんのレポ、配布したチラシと抗議文は
以下よりご覧下さい。
http://fukurou.txt-nifty.com/pu2/2008/02/post_53ac.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
今週のNoNukesMoPeaceな話題

☆反核ライブpart2@青森市 
http://peaceland.jp/PeaceFiles/event.html#Anchor-47857
本日17日YAMさん主催の反核ライブpart2が開かれます。
YAMさんよりメッセージをいただきました。

************************************************
メッセージ:今日は青森市で「反核 LIVE part.2」を開催します。
第1回目に続き青森は荒れ模様の天気です。そりゃ神様も怒るわ。
再処理工場アクティブ試験も、青森県民(もちろん青森県民だけで
はないんだけど…)をバカにしたような暴挙で第5ステップへ入って
しまいました。ホントに原燃も原子力安全・保安院もひどいもんです。
でもこれだけ全国的にパワーが集まって来てるんだから、みんなの
パワーでこんないい加減な奴らノックアウトしちゃいましょうね。
東京も今日は渋谷でデモっちゃうんですよね。
それでは1・2・3・ハンカク~!!

YAM
************************************************

翌18日は青森市内をデモパレード、県庁に申し入れ行動
19日は六ヶ所村にGO!!の予定です。

YAMさんからの報告をお楽しみに。参加されるみなさんもレポをよろしく!
http://peaceland.jp/
http://p-sratv.peaceland.jp/
http://peacelandia.blogspot.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



☆イベント情報
2008-02-19 (火) 『原発・再処理入門mini講座 vol.3』
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=266

☆イベントレポ
2/16仙台市「核燃料サイクル政策にもの申す!」河野太郎+水口憲哉
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=279

河野太郎さんが仙台のレポを掲載しています。ぜひ覗いて下さい。
本人のmixi日記もあり。
http://www.taro.org/blog/index.php/archives/818
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=717212146&owner_id=1553765

☆意見広告
@岩手 子どもと海と空の会発 以下よりチラシをダウンロードしてください。(PDF)
http://homepage3.nifty.com/gatayann/newspaper%20ad2.pdf
*メルマガ第一号にて 岩手の意見広告の会主催者を「三陸の海を守る岩手の会」
と記載してしまいました。正しくは「子どもと海と空の会」です。訂正させて
いただきます。申し訳ございませんでした。

@東京 
08/02/08 第1回意見広告掲載
2月16日(土)東奥日報夕刊に掲載予定です。
http://www.iken-k.com/iken-k/

☆YouTube01
stop-rokkasho.orgの"Team 6"に参加しているアメリカ在住のshing02氏が
mixiで紹介してくれた動画。
「The 3 R's of Waste Management」=3つのR
http://jp.youtube.com/watch?v=JdYRYEaMqKc
shing02さんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=716822636&owner_id=571819
☆YouTube02
3/16に仙台で開かれる『海と空に放射能を捨てないで』
多くのメッセージが集まっています。
http://jp.youtube.com/user/hokutomovie
イベントの詳細はわかめの会ウェブサイトをご覧下さい。
http://lmswkm.net/

☆映画の上映情報
「六ヶ所村ラプソディー」http://www.rokkasho-rhapsody.com/_schedule/calender
「核分裂過程」http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook/jyoueikaijyouhou.html


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

NoNukesMoPeace_NEWS_編集/発行_澤口佳代

このMLを多くの方に広めていただけると幸いです。転送/転載どんどんお願い致します。
みなさまからの情報、アドバイス、質問も募集しております。

_ご意見・ご感想はsr[@]stop-rokkasho.jp
[ ]をはずして送信して下さい。
_WEBサイトhttp://www.stop-rokkasho.jp
_blog http://nonukesmopeace.blogspot.com/
_photo http://www.panoramio.com/user/1398953

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



--
from X-KUITA







一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
08 : 32 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春分/出雲 → 夏至/六ヶ所村
2008 / 02 / 24 ( Sun )
転送大歓迎 ブログや日記にお願いします。


3月16日仙台 『海と空に放射能を捨てないで』という集まりがあります。
その中で1時間ちょっとの短いウォークを行います。
綺麗な海と空を願い、大地のリズムジャンベに合わせて 仙台の町を歩きます。
(仙台は申請すれば、一番人通りが多いアーケードも通れます。  
あんなデパートやこんな会社の前を通ってしまいます)

当日は来れないけど、思いが一緒の人はたくさんいるはず。     
その思いを皆で布に書いて送ってください。
当日の参加者が皆さんの思いのこもったメッセージを持って歩きます。
もちろん持参で参加も大歓迎!!
 
最終地点では一人一人の思いをキャンドルに託し、
その灯りの中、 桑名晴子さん他のアコースティックライブが始まります。   
あふれる思い・メッセージが歌になります。

*桑名さんは WALK9 の映像で歌っているあの素敵な方です。  
まだ見てない人は要チェックです。  

http://www.youtube.com/watch?v=H_wedNPRO48


私たちは一人一人の行動を大切に考えています。
当日は他にも、思いを共有し具体的なアクションができるように考えています。

集会の詳細は後日、こちらにアップされます。

  http://lmswkm.net/

ということで、まずは全国からの布メッセージを募集しています。
宜しくお願いします。   

寸法
  最大縦1m×横3m(小さくてもOK縫います)   
色   自由   布質  自由   

費用ご負担よろしくお願いします(送料も) 

* プロ・ロングボーダー木下デヴィッドさんには既に書いてもらいました。

この布はかなり立派で驚きですが、こんなイメージです。
私は無地の真っ白で集めてますよ~   

http://ameblo.jp/dk-surf/entry-10065759833.html 


* 送り先は下記の連絡先にメールか電話ください。


【 主催 】 PEACE LAND(青森)

http://peaceland.jp/


三陸の海を放射能から守る岩手の会(岩手)   

http://homepage3.nifty.com/gatayann/env.htm


三陸の海を放射能から守る仙台の会(宮城)   

http://lmswkm.net/


地球とともに(宮城)

http://blogs.yahoo.co.jp/chikyuutotomoni



【連絡先】chikyuutotomoni@yahoo.co.jp   090-1103-1672 武藤北斗
HALKO

LOVE & PEACE
HALKO



はるこさんより



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
21 : 00 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球のゆくえ 2
2008 / 02 / 23 ( Sat )
『天使たちの旅』 未来から来た少年〈2〉

『天使たちの旅』を読んでいない方も、この章は是非読んでくださいね
きっと勇気と希望が湧いてくると思います


    

僕たちは地球の上空遥かかなたにあった。
アトランティス崩壊の夢以来、久しぶりに見る地球は、いつものように青く光輝いていた。
ところどころ白い雲が覆っていた。


地球の周りには、あのときのような、灰色や褐色のどんよりした部分はなくなっていた。
僕は嬉しくなった。
これは地球の環境汚染や戦争が解決したことを意味するのだと直感した。
少しは人間も賢くなったのだろう。

ふと気がつくと、いつの間にか僕たちは光となって、ゆっくりと日本の上空を飛んでいた。
雪に覆われ雲がかかった富士山。白い山頂が太陽の光に輝いている。
下方に、手入れの行き届いた農地が整然と広がっているのが見えた。
緑色の中に一つ一つ異なる色をした巨大な花束のような農地。
よく見ると、それは大きな花ではなく、オレンジ色やダークブルー、白、赤などの
花や潅木が植えてあるようだった。

不思議なことに気がついた。空に飛行機は飛んでいないのだ。海に船も浮かんでいない。
それどころか、道路も建物もない。僕は全ての方角に目をやった。
都市らしきものも、町も村も見当たらず、電線もなければ、
車もトラックも自転車すらも走っていない。
全く何もないのだ。見渡すかぎり、空は澄み渡り、スモッグもない。


「人間がいない!? 何が起きたのか?」僕は思わず叫んでいた。
ついに、人類は自分たちの手で、人間を抹殺してしまった!? 
目の前が真っ暗になった。
「シュウ、大丈夫だよ。人間はちゃんといるよ。人口は激減したけどね」
マイケルは僕を慰めるように優しく諭した。
「戦争や災害でそうなったのではなく、人類の進化の過程でこうなったんだ」
 
 
僕たちは西に向かった。前より速いスピードで。
少しすると海上に出た。日本海である。やっぱり船舶は見当たらない。
朝鮮半島を通過し、中国の上を飛んでいた。
「もう、国家は存在しないんだよ。とっくの昔に世界は一つになった。
今では、日本州、アメリカ州、中国州、……といった各ブロックで、経済的、
政治的に自主性をもちつつ、渾然と世界政府機関のもとに統一され栄えている」
マイケルは楽しそうに笑いながら、さらにスピードを増した。僕は遅れまいと焦った。
が、どういうわけか、いとも簡単に彼についていっている。
 
下方の陸地は次第にごつごつした岩地が続き、山脈の連なるところを飛んだ。
真っ白い雪を冠った山々の頂がキラキラ輝いて眩しかった。
感動していたら、いきなり眼前に雪に覆われた大きな岩山の山腹が猛スピードで迫ってきた。
「ヒェーッ! ぶつかる」僕は瞬間、恐怖で凍りついた。思わず目をつむった。
「怖くないよ。あの山の中を通過して向こう側につき抜けよう」
 マイケルは平然として言った。僕は全身の力を抜き、なるがままに任せた。
ほんの一瞬、変な感じがしたが、後方に目をやると、大きな山はずんずん退いて行った。
物質を通過するのは、生まれて初めての体験だった。
マイケルは何ごともなかったかのように、悠々と飛んでいる。

 
砂漠が見えてきた。中東だ。木々が特別な対称形のパターンで生い茂っている。
しかし、そこには、僕が想像していた、石油タンクもなければ、パイプラインも、
石油を汲み上げる油井もない。
「油田はすっかり空になったの? または、石油に代わる強力なエネルギーが開発されたのかい?」
「両方とも正解だよ」
 
僕たちは再び海の上を進んでいた。地中海のようだ。
さらにスピードを増して、さらに高いところを飛んで行った。
そしてまた海上に出た。大波がうねっていた。
僕はなつかしさがこみ上げて思わず、「アトランティス!」と大きな声で叫んでいた。


北アメリカ大陸を横断し終わるころ、僕たちはスピードを緩め、小高い丘に囲まれた草地に静かに着陸した。
なぜか、この場所には慣れ親しんだ感覚があった。
そうだ、ここはカリフォルニア?「どうしてここに?」
「希望に燃えて輝いていたときの君を思い出してもらおうと思ってさ。彼らが望んだんだ」
「彼ら?」
「ああ、会えばわかる」
マイケルはもったいぶって、それ以上は言わなかった。

 
二人は草地に転がって休憩した。
草はチクチクしたが、緑のむせるような匂いは心地よかった。
しばらくたって、マイケルが言った。
「それでは、僕の仕事は済んだので、消えるよ」
「エッ? どこかに行っちゃうの?」
心細くなって、情けない声を出した。
「心配しなくても大丈夫。彼らがちゃんと送り届けるから……」
一瞬に彼は消え、僕は一人になった。
 
草地でボーッと空を眺めていたら、顔に太陽の光が降り注ぐのを感じた。
(あれ?)僕は自分の肉体を見た。さっきまで光の塊だった僕の身体が固体に戻っている。
それも、17歳ころの高校生の僕、ちょうど新池で会ったマイケルの姿と全く同じ。
僕は嬉しくなって走り回った。身体が軽くなったようにフワフワしている。
月の表面を歩く宇宙飛行士になったような気分。いい香りが鼻をくすぐる。
いたるところに、美しい花々が咲いている。
ライラック、サルビア、アガパンサス、ゼラニウム、ローズマリー……、僕の好きな花ばかり。


(おや?)花の香りに混じって、何だか親しみのある匂いがする。
(やあ、やっと気がついてくれたね)
(いつ気がついてくれるのかと、ソワソワしちゃった)
シャーリと静香! 二人の姿は見えないが、僕にはわかる。
「テレパシーでしゃべることができるんだ!でも、どうしてここにいるの?早く姿を見せてよ」
僕は興奮して、頭の中がボーッとした。
「そこにいたらいいよ。僕たちのほうから行くから」シャーリの声。
なつかしさがこみ上げてきた。
大きな木の陰から、男性と女性がやって来た。二人とも20歳そこそこ。
魅力的で端正な姿をしている。二人は微笑んでいた。
「シュウ、久しぶりね。会えて嬉しいわ」静香が僕の手をとった。
南芦屋浜のときと同じいい香りがした。耳たぶにホクロもあった。
 

しばらくの間、藍研の話で盛り上がった。彼らは昔のままだった。
正義感が強くて優しくて……。
いや、以前よりさらに落ち着きと威厳を兼ね備えているように見えた。
「シュウも立派に進化したな」シャーリが目を細めて、僕を眩しそうに見た。
僕はためらいがちに、「今、正確には西暦何年なんだい?」と訊いた。
「何年? ああ、時間のこと? 
そんな計算のことなんか人間は西暦3000年を越えた時点でとっくにやめてしまったよ。
もう必要なくなったのさ」

「ほかに何か質問ある?」静香が優しく尋ねた。
「ここは?」
「君の想像しているとおり、カリフォルニア。君がよく登った丘だ」
「どうして、ここに?」
「シュウが理想に燃えていた頃を思い出してほしかったから……。
君の“教育の原点”だろ? ここは」
「君は子どもに『戦争はなくなるの?』って訊かれて、すっかり自信を無くしたようだけど……。
ホラ、ここに来る途中でわかっただろ?  
今、地球は戦争も国も宗教さえも無くなったんだよ。人類はみんな兄弟。
欲張る人も飢える人もいない。この世界をみんなで分かち合っている。
全ての人が平和のうちに生きている。
正真正銘、ジョン・レノンの『イマジン』が実現したんだよ」
「シュウ、自信を持って! アトランティスで約束したでしょ。
地球と子どもたちの未来を守るために、私たち天使は旅を続けるのよ」
静香は僕の手をギュッと握りしめた。「未来は決して暗くないわ。安心したでしょ」

 
晴ればれとした気分だった。(そうだ!)まだ気になることがあったのを思い出した。
「ここに来る途中、家一軒なかったし、建物も道路もない。
都市も工場も。飛行機や船、車も。これはどういうことなの?」
シャーリはケラケラ笑った。「しっかり見てなかったからだよ」
「美しい景色だったでしょう?」静香が言った。
「家は必要なくなったの?」
「そう、それぞれのエネルギーバルーンがその役割を果たしてくれるんだよ。
肉体の回りを適切な温度や湿度の空気の層で取り巻いてくれるんだ」

「食べものは? 食べる必要はあるんだろ?」
静香は手の平を差し出した。目を閉じて静かに立っている。
「こうして太陽から直接エネルギーを身体に取り込むの。大体、一週間ぐらいもつわ」
「ということは、もう食べる必要はなくなったということ?」
「ああ、そうさ。でも、たまには食べものを味わうこともある」
彼はかがんで、土をすくった。
「シュウ、何が食べたい?」
「うん、そうだな。無農薬の玄米のおにぎり」
「なんだ、相変わらず、欲が無いな。そんなの簡単だよ。ホラ」と言って
彼は美味しそうなおにぎりを僕の前に差し出した。
「うまい。玄米のいい香りがする」信じられないが、
たしかに、米粒は僕の歯に噛み砕かれて、食道を通り、胃の中に収まった。

「もっと、凝ったものを言ってよ」静香が笑っている。
「それじゃ、鍋焼きうどん。ぼくは暑いときでもこれが大好きなんだ」
「まあ、やっぱり、シュウは小心者ね」彼女は呆れたように言って、
両手を鍋のように丸くし、シャーリに土を入れてもらった。
そして、手の中の土をじっと見つめた。
すると土くれは泡立ち煮立ち始め、美味しそうな鍋焼きうどんに変貌した。
彼女の渡してくれた鍋を受け取り(触ると熱いが、不思議なことに、火傷はしない)、
一口食べてみた。
「うまい! 僕の作ったものより、数倍も。それに具もたくさん入っている」
美味しそうに食べる僕を見て、静香は満足そうに頷いた。
 

うどんをペロリと平らげて、また質問した。
「道路や交通手段がないということは? 遠くには行かなくなったの?」
シャーリはニヤリとして、
「そんなの、簡単なことさ。単にスキップすればいいんだよ」と言いながら、スキップするしぐさをした。
たしかに、新池から飛び立つときも、マイケルにそう言われてスキップした。
「他に質問はないかい?」
「それにしても、戦争も国家も無くなるなんて信じられない。人口だって爆発的に増える一方だったのに、
どうして人間がこんなに少なくなってしまったの? それから……」
「まあまあ、シュウ。気持ちはわかるけどね」と言いながら、シャーリは大きな樹のほうを指した。
「あそこに座って瞑想しよう。人類の歴史のビジョンが君の質問に答えてくれる」
 
僕はじっと座ってする瞑想は苦手だったが、仕方なくシャーリのあとをついていった。
「だいじょうぶよ。私たちが助けるわ」静香は僕の気持ちを察してそっと言った。
3人は木陰で、座禅を組むような格好で向かい合って座った。
シャーリも静香もすぐに瞑想に入ったように見えた。
 
僕はなかなか神経を集中できず、先ほどの空中から見た様々な光景が瞼にちらついていた。
 
しばらくして、暖かいもので体全体が包まれたような気がした。
それは、二人から愛のエネルギーが僕の心に注ぎ込まれているからだとすぐにわかった。
恍惚の時間が流れた。


   
     
   参考文献

     『魂の体外旅行』ロバート・A・モンロー著(日本教文社)

     『第十の予言』ジェームズ・レッドフィールド(角川書店)




まこりんさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

09 : 16 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
:御礼とご案内
2008 / 02 / 22 ( Fri )
以前ご紹介させていただきました、西宮ハートフル作業所の第2グループ設立金支援の
協力願いをされていた はるこさんからお礼とご案内が届いておりますので
ご紹介させていただきます。・・・関連日記・・・



西宮ハートフル作業所さん、第2グループホーム設立支援に寄附してくださった
みなさん~~~~、愛をいっぱいいっぱいありがとうございました!!!

『12月28日~1月31日までに100万円!』を目標にして始めましたが、
愛の伝染!?がおこり、なんと『155万円も!!』集まりました(^O^)

昨日、2008年2月15日に、無事に西宮ハートフルさんに私と谷本さんと鵜久森さんと
ダウちゃんで伺い、水野所長さんに手渡ししました!
作業所のスタッフやメンバーさんも、待っていてくださり、
『めちゃくちゃたくさんのお金も、あったかい気持ちも嬉しいです!ありがとうね!
これで、グループホームの設立も懸案事項だったトイレも綺麗にやり直すことができます!
みなさんの愛に心から心から感謝して、大切に使い、また自分たちも頑張って生きますね!』
とニコニコされ、ありがとう!を連発されていました!


寄附金額に関わらず順不同で、金額を明記せずに、
寄附者一覧もわかる範囲内すべてつくり、むこうにお渡ししました!
寄附してくださった、すべてのみなさん。
本当に本当に本当に心から、魂からありがとうございました。。。
私からお伝えいたします!!



そして!!
先日、寄附のお願いメールのときに、私は自分の兄が統合失調症で、
この寄附に思い入れもある旨をお伝えしたかと思うのですが、、、


な、なんと、その後、うちの兄は、1月1日に肝臓の具合が悪くなり入院し、
退院間近かと思われた矢先の28日にひどい脳梗塞で倒れ、
神戸赤十字病院横の災害医療センターに転送され、
3日ぐらいでまったく意識も反応もなくなり、その後たぶんしんどいなか、
彼は精一杯頑張ってくれましたが、2月5日に帰らぬ人となりました。。。
とても平安に安らかに微笑みつつ、誰にも看取られずに移行しました。。。
(病院からの容態急変連絡後、1分後に息を引き取ったのでー)

あまりにも、あっ。というまに旅立ってしまって、私は、大大大ショックでした。
年末近くまでは、たいした病気もせずにめちゃくちゃ元気一杯に生きてたんですから。。。
私にとっては、兄はもちろん嫌なことも多々ありましたが、大大大好きでしたし、
ある意味、宝のように大切な大切な大切な存在でしたから。。

『死』に対して私は、今まで(もちろん今もですが)
『地球上で死ぬことは、むこうの世界での誕生であり、魂はある意味での、
自ら設定した地球での学びや分け与えることや愛の経験を終えて、
ルンルンしてむこうへかえるんだぁ~~~。
残された家族やみんなは淋しいし哀しいけど、
本人の魂は、解放され自由なんだぁ~~~』といったような理解をし、
そういった信条をもっていたのですが、、、
理屈や頭ではわかっていても、なかなか気持ちは大変ですね(笑)
でも、やっと10日ぐらい経ち、今は落ち着きました!!

お兄ちゃんもやり終えたから逝ったので、
私も精一杯、寿命がくるその瞬間まで地球上で楽しく愛をもって生きよう~と思いました。。
お兄ちゃんの魂に感謝して、
一緒に笑ったり怒ったり泣いたり喜んだりしたことにも心から感謝して、
お兄ちゃんには向こうでゆっくりゆったりしてから、
また私たちや地球で困っている命がみーんなみんな笑えるように、
サポートしてね~~~~~!ありがとう~~~!って今は思っています。

今回お兄ちゃんの状態を知り、祈ったり、ヒーリングしてくださった多くの方には
この場をかりて御礼を申し上げます!ありがとうございました!
この時期にこういう寄附の機会をもらえたことや、
みんなが愛でいっぱいだと感じられたことにも、ありがとうです!


そして、今回のメールのお願いです!
第2グループホーム支援第2弾として、寄附ではなく、
次は是非10分間みなさんにお時間をいただきたく、
さきほどの感謝とともにお願いメールをさせていただきます!


ハートフルさん主催絵画展が芦屋JR駅降りてすぐのラポルテ本館3階にて、
3月22日~24日開かれます!10時~19時までです!(最終日は18時まで)
出展される絵は、ガブリエル・フォンテーヌという1990年パリ学士院にて
マンドールグランプリ銀メダル受賞者で、
印象派のような感じのあったかぁい絵の原画が出展されます!
他にシャガールやピカソやミロやユトリロや東山魁夷や
平山郁夫さんのエッチングやリトグラフも出展されます!
気にいったら買っていただけるんですが、
ポイントはひとりでも多くの方に来場してもらいたい!とのことです!
入場無料で、買う場合は5万円とか15万円とか様々らしいです!

まったく買う気がなくても、絵に興味がなくても、是非是非10分立ち寄ってみてくださいー!
作業所主催の絵画展は初めての試みらしく、
何よりも来場者数が多い方がうれしいらしいです!お願いします!
作業所の方々は、1000人来場を目指していらっしゃいます(^O^)
くしくも、23日はお兄ちゃんの49日なので、
きっと上から頑張って~~っていっていると思い、私はもちろん見に行きまぁ~~~す!
見に行くだけね(笑)

大きめのポスター貼ってくださる方は、ご連絡ください!
(メールまたは、Fax078‐841‐8204)何枚でもお送りします!

あと、簡単なカラー説明案内状入り封筒を配ったり、お友達に渡してくださる方もご連絡ください!
何枚でもお送りします!ちなみに封筒は持って来場されると、ポストカードがもらえますよ!
ではではーめちゃくちゃ長くなりました!ご報告も遅くなり、本当にごめんなさい!
最後にお兄ちゃんからのメッセージです!




愛を人から貰ったり、人に渡したりだけでも、
他になぁーんにもしなくとも、たとえ成功したりしなくとも、
たとえ賢い振る舞いができなくとも、たとえいつもダメダメでも、
すごくすごく生きている意味はあるし、生きてる価値は山ほどあるし、
宇宙や神様は喜んでくれ、褒めているよ~~o(^-^)o。。。


どうもありがとう&よろしくお願いいたします!




はるこさんより



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

20 : 22 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グリーンパワーキャンペーン
2008 / 02 / 21 ( Thu )
出来ることから始めよう!!

2月21日、22日の2日間開催される「グリーンパワーキャンペーン」は、
地球温暖化を止めたいと考える人のためのお祭りです。


2007年ノーベル平和賞を受賞したIPCC*の議長、レジェンドラ・K・パチャウリ氏、
末吉竹二郎氏(国連環境計画 金融イニシアチブ特別顧問)、
茂木健一郎氏(脳科学者・理学博士)らによる基調講演をはじめ、
エコへの関心が高いミュージシャンのライブステージ、
最新技術や製品・サービスの展示など、グリーンパワーの最先端を盛りだくさんにお届けします。

石油枯渇などの『エネルギー問題』、異常気象などの『地球温暖化問題』、
この深刻な問題を解決するために、誰もがすぐに取り組めることがあります。
私たちは、太陽光発電や風力発電などからつくられた「地球にやさしい電気」・・・・・
「グリーン電力」を選んで使うことができるのです。
さあ、あなたも身近なグリーンパワーをはじめてみませんか?


久米繊維工業(環境に最もやさしいT-シャツメーカー)や
アースデイ東京2008がブースを出展することになりました。


【開 催 日】 2008年2月21日(木)・22日(金)
【場  所】 東京国際フォーラム ホールB7、展示ホール、地上広場
【時  間】 Conference ・・・ 9:50~17:00
       Festival ・・・・・ 10:00~19:00
【料  金】 無料
【主  催】 資源エネルギー庁
【お問合せ】 (財)新エネルギー財団 広報室 
       TEL 03-6810-0361 FAX 03-3982-5101
       E-mail greenpower-c@nef.or.jp


【イベント内容】

グリーンパワーキャンペーンでは、
グリーン電力や新エネルギーについて考える「Conference」と、見て触って感じる「Festival」を同時開催します。
みんなの未来を創る、最先端の工夫やアイデアに会いにきてください。

■Conference 9:50~17:00 
 フォーラム
 定員1,000名[参加無料]
  ※申込は下記URL「グリーンパワーキャンペーンのご案内」から

 『基調講演』
  「地球温暖化を巡る金融とビジネスの新しい流れ」
     末吉竹次郎(国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問)
  2月22日 10:00~ ホールB7
  
  「多様性を育むシステムとは何か?」
     茂木健一郎(脳科学者・理学博士)
  2月22日 14:00~ ホールB7

 ・第12回新エネ大賞表彰式
  2月22日 11:00~ ホールB7

 ・パネルディスカッション
  2月22日 15:10~ ホールB7
  パネリスト(50音順)
   飯田 哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
   石川 直樹(探検家・写真家)
   小原 昌(東京都環境局環境政策部 副参事)
   竹村 真一(京都造形芸術大学教授)
   冨田 秀実(ソニー株式会社CSR部 部長)
   吉田 由美子(生活クラブ生活協同組合・東京 理事長)
  コーディネーター
   枝廣 淳子(環境ジャーナリスト)

 『分科会』
  各会場とも定員100名[入場無料]

 「再生可能エネルギー展望会議」
  2月21日 10:30~17:00 展示ホール横 セミナー室(1)

 「グリーンエネルギー購入フォーラム」
  2月21日 13:00~17:00 展示ホール横 セミナー室(2)

 「持続可能なエネルギー金融会議」
  2月21日 14:30~17:00 ガラス棟 会議室G701


      主催:資源エネルギー庁
      共催:朝日新聞社
      運営:(財)新エネルギー財団


■Festival 10:00~19:00 
 ・Live&Talk
  2月21日 18:00開演 地下展示ホール[入場無料]
   メインライブ  : 元 ちとせ
   フロントライブ : BE THE VOICE
   トークゲスト  : 石川 直樹(探検家・写真家)

  2月22日 18:00開演 地下展示ホール[入場無料]
   メインライブ  : いきものがかり
   フロントライブ : KAT
   トークゲスト  : 竹内 真一(京都造形芸術大学教授)

  2月21日(木)・22日(金) 
   ナビゲーター  : 王 理恵(J-WAVE LOHAS SUNDAY ナビゲーター)

■Movie
「不都合な真実」上映
  2月21日 13:00~ /2月22日 10:30~ 地下展示ホール
 
■Art
「触れる地球 -Tangible Earth-」
  2月21日・22日 10:00~19:00 地下展示ホール
 
■オープニングセッション
 山地憲治(東京大学大学院教授)
 遠藤健太郎(資源エネルギー庁RPS室長)
  2月21日 10:00~ 地下展示ホール
 
■事例発表
「グリーン電力導入事例紹介」
  2月22日 13:10~ 地下展示ホール
  
■展示会(屋外)
「ソーラーパワートラック展示」
  2月21日・22日 10:00~18:00 地上広場

「eco japan cup 2007」
 カルチャー部門[エコミュージック]受賞者ライブ
  2月21日・22日 12:00~/15:00~/17:00~ 地上広場

■同乗試乗会
「燃料電池自動車/水素自動車 同乗試乗会」
  2月21日・22日 10:00~16:00 地上広場

■展示会(屋内)
「主催者展示コーナー」
  2月21日・22日 10:00~19:00 地下展示ホール

「出展者展示コーナー」
  2月21日・22日 10:00~19:00 地下展示ホール


      主催:資源エネルギー庁
      後援:J-WAVE、MTV、TOHO シネマズ、mixi
      協力:eco japan cup
      運営:(財)新エネルギー財団




--
from X-KUITA






一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
08 : 12 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
葉っぱ塾で雪遊び♪
2008 / 02 / 20 ( Wed )
はぁ、思いっきり楽しかったですぅ(//▽//)

だってだって想像してみちゃってください♪

雪を形作ってランタンにして、
手作りのキャンドルを灯し
みんなで夕暮れ時に鑑賞会・・・

それ聴いただけでも、うっとり~♪

で、行ってきました、山形まで。
葉っぱ塾の真冬の恒例イベント、
「スノーランタン&スノーシューハイキング」

想像以上に幻想的で、
思った以上に楽しくて、
覚悟してたわりに寒くなく、
それはそれは充実した2日間で・・・。

心に残ったキーワードを並べてみると、こんな感じです。

雪を積み上げ思い思いにランタン作り・ヤギおじさんの手作りかまくら、
……完成に歓声。

ターシャ・トゥダー式蜜蝋キャンドル作り・スノーランタン点灯&鑑賞会、
……幻想的な森に感激。

はちみつ入りココア・ほっくほくの焼き芋・心底あったまるキムチ鍋・ビールとワインで乾杯、
……美味しい手料理に満腹ぅ。

みんなでトランプ・夜中までおしゃべり、
……ほろ酔い気分で親睦深まるコテージの夜。

さらっさらのパウダースノー・新雪ふかふかスノーシューハイキング・きゃ~きゃ~そり遊び、
……思いっきり雪で遊び、喉が渇けば雪食べる。

雪景色眺めながら温泉・夕暮れ時の三日月・米沢牛の駅弁、
……思い出いっぱい胸に、心地よい疲れとともに帰宅。

はぁ、しあわせ~

はぁ、また行きたい

葉っぱ塾はやっぱり最高です

ヤギおじさん、今回もお世話になりました。
奥様の手料理も楽しみのひとつです。
チーズケーキも美味しかったですね。
真冬の山形も大好きです。
ステキな思い出いっぱい、ありがとうございました♪

もろこしちゃん、大阪から夜行バスでようこそ~♪
そしてエリカがすっかりお世話になりましたん。
もろこしちゃんのおかげで笑いっぱなしの2日間だったよ~♪

ヒロくん、地球をかたちどったスノーランタン、ほんとステキだったぁ♪
雑誌「ナショナルジオグラフィック」に載っちゃうかも、かも!?

ななママさん、今回も夜中までおしゃべり付き合ってくれて、ありがとう♪
ピンクのもこもこパジャマ、可愛かったん♪

さぁやさん、美人ママのさぁやさんそっくりの千夏ちゃんと雄大くん。
また遊んでくださいな~♪

次回は春、暖かくなって新緑豊かな森に遊びに行きたいです♪




モンタナさんの日記より



葉っぱ塾

http://blog.livedoor.jp/happajuku/




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
09 : 06 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月「おもエコ」ミーティングでした(^O^)/
2008 / 02 / 19 ( Tue )
2/17 日曜日は 二月の 「おもろ優しいエコさん達☆」ランチタイムミーティングでしたあ



ちなみに 私 …恥ずかしながら 携帯のみの mixiなので
パソコン隊 花精たんや ヒロくんに おまかせ丸投げ状態です(ρ_-)o すんません…

そして 関西では 7月27日に 詩人 吉武祥子ちゃんの 「めぐり愛」朗読会


9月6日に 風絃トリオ < 空 > のライブと ガイアシンフォニー第六番 上映会を

企画し ただいま 準備中なので…

イベントを ともに 作り上げていく スタッフとの コミュニケーションの 場として
「おもエコてぃーるーむ」を ヒロくんが つくっています(^O^)/

関東では モンタナちゃんを 中心にして 6月21日 パーシモンホールにて
ガイアシンフォニー第一番を 上映します(^O^)/


さて 昨日は おもエコ 関西あほあほチームの ミーティングでした(・ω・)/

狭い エリザベス宅に
ランちゃん
花精ちゃん
ケイスケ係長
虹ちゃん
もろこしちゃん
Qちゃん
ドリンちゃん

まず 持ち寄った 食べ物で ワイワイガヤガヤ 食べました(^O^)/

らんちゃんの おにぎり 今回は 石垣島の 赤米入りで 最高(^O^)/
ケイスケ係長の 神戸サンドイッチ は セレブo(^-^)o

花精たん Qちゃん お惣菜ありがとうね
あ なすびのお惣菜 出すの忘れてた(ρ_-)o
ごめりんこ…

ビタミンC係の 虹ちゃん もろこしちゃん イチゴ ばりうまやったね\(^_^)/
昨日も ハーブティーありがとうね もろこしちゃん

ドリンちゃんの サバの しぐれ煮 母の味(*u_u) シミジミ

おでん どうでしたかあ(´∀`) 味見で 舌 やけどしたしね…

花精たんが 石垣島の写真 もってきてくれたから みんなで 楽しく もりあがりました o(^▽^)o

吉武祥子ちゃんと 和子ママ 到着後

ミーティング開始~
去年 9月の 奈良での 「めぐり愛」イベントでの ノウハウ を 丁寧に 説明してくださいました。
イベントを 楽しみに してくれている祥子ちゃんと 和子ママの 笑顔が
私ら スタッフの 励みに なりますヾ(≧∇≦*)ゝ

祥子ちゃんの 生の 姿 生きる姿勢 話す言葉 …

スタッフと 一つになって 今から 動き出すんやなあ… と 昨日は ほのぼのしながらも…
内側から ふつふつと 「 感謝という やる気」が わき起こりました…

さまざまな 出来事 ちいさな トラブル
その すべてが 贈り物やと 思います…
思い込みや 緊張を その都度 みきわめ あっさり 流しながら…
毎瞬 生まれ変わる 細胞みたいに

毎瞬 生まれながら おもエコは 進んでいきたいなあ

ヾ( ´ー`) と
思いました…

13:30 さくらちゃん 到着
ミーティングが すんで

16:00から ガイアシンフォニー第三番の 上映会
今回は ケイスケ係長が プロジェクターを 使い 壁に 大画面で 三番の
アラスカの 景色が 映し出されました

(|||_|||)
何度みても 三番は 感動…

マイミク Maさんと ほのぼのさんと Eさん到着

ガイアシンフォニー終了後
少し 雑談タイム …
皆さん 寒い中 集まってくれて ありがとうね♪(*^ ・^)ノ⌒☆
3月は 16日 日曜日ですよ


16:00からは できたて 奈良での「めぐり愛」イベントDvDを上映します
kazesanの 写真のあまりの 美しさに 癒されてください

ヤギおじさんの 男前な声にしびれてください

司会の 直美ちゃんの 可愛さに ほのぼのしながら
祥子ちゃんの 詩の世界を 楽しんでください

その後 < 空 >のライブ 映像も 見てね マイクが ビデオカメラのもの なので
音が いまいちですが< 空 >の 空気感だけでも 楽しんでください(^O^)/

イベントスタッフ希望の 方は どうぞ いらしてくださいね
メッセージおまちしています


まだ よくわからないけど 雰囲気だけでも 体験したいなあと 思う方も
気楽に いらしてくださいね
メッセージおまちしています

堅苦しく 考えたら こけちゃうくらい
気楽な おもエコメンバーですよ (笑)

動機が < 愛 > でさえあれば

来るもの オッケイ
去るもの オッケイ
形に こだわらず
型に はまらず
いつも ヘラヘラ笑ってる (笑)
そんな 脱力感な メンバーですから

あは(*^ー^)ノ

今日は いまから 奈良で
吉武祥子ちゃんと 和子ママと デートです

(´∀`) タハァ





あ イベントスタッフ仕事もありました (*u_u)

なんやたけ?




エリザベスさんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
08 : 33 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グリーン電力促進チャリティ・ライブ
2008 / 02 / 18 ( Mon )
グリーン電力の普及促進のため有名アーティストが集結しライブが開催されます!

みんな、ライブに行ってエネルギー問題のこと、地球の大切さについて考えよう!


----

グリーン電力促進へのチャリティ・ライブ 「GREEN POWER LIVE 2008」 開催決定!

これまで私たちは、地球が蓄えた化石燃料という素晴らしい資源によって、
自分たちの豊かな生活を成り立たせて来ました。しかし当然、限りがある資源です。
しかも、化石燃料を大量に使用した結果、様々な被害が予想される
「地球温暖化」がもたらされたと言われています。

このまま、化石燃料を湯水のように使い続ける現在のライフスタイルを継続し続けることは、
未来を生きる次世代の子どもたちに、地球上に生きる他の生命たちに、
大きな災いをもたらすことにつながりかねません。

そうした混乱を回避するには、風力、太陽光、太陽熱、波力、バイオマスなど、
尽きることのない自然の恵みを基本とする再生可能エネルギーを導入することが必要だと言われています。
しかし、これらのエネルギーのほとんどが、化石燃料や原子力にくらべて、コストがかかり、
まだ安定供給を可能にする技術も確立していません。
その結果、日本国内では本格的な導入に至っていないのが現状です。

そんな中、私たちは、本格的な温室効果ガスの削減を約束した「京都議定書」の
第一約束期間の1年目である2008年を迎えます。
より具体的に国民全体が温暖化防止に向けて歩んでいく時期に入りました。

今回、このライブを実施するにあたり、私たちは国内での再生可能エネルギーの普及啓発を
大きなテーマに掲げました。
このライブ会場で使用する電力だけではなく、その模様をオンエアする番組もグリーン電力で行います。
出演はPUFFY、mihimaru GT、絢香、JtoSという話題のアーティスト4組。
中でも、PUFFY、mihimaru GT、絢香の3組は、それぞれバンド・スタイルで40分ずつの熱いライブを見せてくれる予定です。

またこのイベントからの収益は、全国各地で風車を建設している市民の皆さんの中から
北海道グリーンファンドに託し、少しでも多くの再生可能エネルギーが生まれる後押しを
しようと考えています。
私たちの取り組みが呼び水となって日本全国に地球温暖化をもたらさない
優しいエネルギーが生まれていくことを望み、
今回のイベントを通して、より広く、沢山の人々にエネルギー問題の大切さ、地球の大切さに
気付いていただきたいと考えております。


GREEN POWER LIVE 2008
日時 : 2008年2月19日(火) 18:00開場/19:00開演/21:30終演(予定)
会場 : ZEPP TOKYO
出演 : PUFFY、mihimaru GT、絢香、J to S
MC : クリス智子、DJ TARO (J-WAVEナビゲーター)
主催 : 社団法人 日本音楽事業者協会(JAME)
後援 : 経済産業省、J-WAVE
協賛 : ANA、三ツ矢サイダー、トヨタ自動車株式会社
料金 : 5,000円(税込)
※ドリンク代 別途500円必要です。
お問い合わせ : H.I.P.(TEL:03-3475-9999)


この模様をお届けするスペシャル・プログラム、オンエア決定!
ライヴ音源や出演者へのインタビューなども交えて、この日のライヴの臨場感をダイレクトにお伝えします!!

もちろんこの番組も「グリーン電力」を利用してオンエア!

2月29日(金)19:00~20:00 ナビゲーター:DJ TARO


--
from X-KUITA







一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
08 : 36 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球のゆくえ 1
2008 / 02 / 17 ( Sun )
お待たせしました!

『天使たちの旅』最終章「未来から来た少年」が始まります
「未来から来た少年」は西暦3000年以降の地球からやって来た「私たち」です。

『天使たちの旅』を読んでいない方も、この章は是非読んでくださいね
きっと勇気と希望が湧いてくると思います


数年前、ヘミシンクの研究で有名な、ロバート・A・モンロー博士の『魂の体外旅行』を読みました。
その本の中で、彼はヘミシンクを聴きながら幽体離脱し、西暦3000年以降の
地球を訪れたときのビジョンを書いています。

その素晴らしい光景に感動しました。
「あ~、青く輝く星――地球が無事だった!!」と。

この感激を一人でも多くの人々に伝えたくて『天使たちの旅』を書いたと言っても
過言ではありません。



先日の日記『AMIからのメッセージ』で、せかいじゅうのこどもたちに…を
紹介させていただきました。

「宇宙における、地球と地球人の進化の度合い」を理解していただくために、
このメッセージが必要だと感じたからです。

次の文は、「今、私たちのこの時代に、二つのまったく異なった未来がある」ということを
示唆しています。


できるだけ大勢の人にこのメッセージを知らせてください。
このことは何千年先の未来まで人類の歴史に影響を及ぼします。

今このメッセージを無視するならば、何年か先に問題を先送りすることになります。
その時までもし人類が生き残っていたとしても、少なくとも1世代(約80年ぐらい)は
人間の歴史は暗く悲しいものになってしまいそうなんだ。


現在、地球上のすべての人々は、二つの対立する立場へと分離しつつあります。

世界が独裁的なオートメーション化と、社会的衰退、崩壊へと向かっていると信じて、
恐怖におののいて暮らすこと。
または、虚無主義を克服して愛の波動に達し、
終末を体験せずに新しい次元へ入ることができると信じること。
つまり私たちがワンネスであることに気づくこと。

私たちは、そのどちらかを選ぶことができます。


もちろん、私たちは後者を選ぶことでしょう。
いや、選ばなくては、未来の地球上に人類は存在しないかもしれないのです。

それでは、前置きはこのくらいにさせていただいて、
「未来から来た少年」に登場してもらうことにします。


『天使たちの旅』 未来から来た少年〈1〉  






未来から来た少年

今年も新池の小さな島で、アオサギがヒナをかえした。
桜のつぼみが膨らんだ頃、ピーピー鳴いていた子どもたちは、
今では立派な羽を広げ、旅立つ準備をしている。
 
久しぶりの新池だった。教師になってから、授業の準備に追われて、
しばらく走ることから遠のいていた。
いつものように小石を10個拾ってポケットに入れた。
昼間はあんなに暑かったのに、夜の風はひんやり心地よい。
風をきりながらザッザッと単調な音がくり返される。

いつしか僕は、「ホリスティック教育」の研究者の一人、
ジョン・P・ミラーの言葉を思い出していた。

……ホリスティック教育において、教師はとても重要な存在。
教師のあり方が変わることで、教育が変わる。
本当の教育とは、「自分を理解すること」。
子どもたちが、「自分とは何ものか」、気づくよう、手伝いをするのが教師の役目。
まず、教師が自分を知り、自分の心のうちを見つめ、そのすべてに気づかなくてはならない。

ホリスティック教育は、教師の自己変容をとおして起こってくる。
そうした心の覚醒の訓練に、“瞑想”は欠かせない。
 
瞑想には四つのタイプがある。「知性による瞑想」「感情による瞑想」
「身体による瞑想」「行為による瞑想」。
ランニングなどの運動は身体による瞑想に匹敵する。心の集中を必要とするからだ。

そうか。「走る」のは、教師になるための訓練だったのか、偶然ではなく、必然?
「走る」ということは、自分を見つめること、一種の瞑想だったのだ。
そう言えば、自分自身のあらゆる面、すなわち身体・感情・精神などすべての面に
静かに耳を傾けながら走っていたような気がする。
風や空や鳥との一体感。オーラが見えるようになったのも走っているときだった。
なんだ、これが瞑想だったのか。
 
静かに座って自分の心の中に入っていくことは難しいが、今までどおり、走ろう。
そして、瞑想しよう。「もっと自分を知り、もっと子どもたちを理解するために……」
そんなことを考えながら走っていると、いつの間にかポケットの小石は無くなっていた。
 
 
汗ばんだ体に、御影石のベンチは冷たくて気持ちが良かった。
池に映る月を眺めながら、しばらくボーッとしていた。
「ギャーッ、ギャーッ」突然、2、3羽のアオサギが他の種類の鳥を威嚇している。
島の柳の木から追いたてようとしているようだ。自然界は厳しい。
 
それを見ていて、なぜか昨日の出来事を思い出した。
「先生、いつになったら戦争はなくなるのですか? 
世界の子どもたちがみんな学校に行くことができるようになるのは、いつですか?」
玲奈は大きな目を潤ませて、悲しそうに訊いた。
 
図工の時間。哲也がピカソのような絵を描いた。僕はピカソが好きだ。
岡本太郎と同じくらい。
芸術は想像力の表現法だというが、彼らの表現力はすごい。圧倒される何かがある。
 
子どもらに想像力をはたらかせようと、ピカソの画集を見せた。
みんなは「面白い絵だなあ。僕にも描けそう」などと言って喜んだ。
ところが、玲奈は『ゲルニカ』を見て、衝撃を受けた。
ピカソの反戦感情をダイレクトに受け取ったのだ。
感受性の強い子と思っていたが、芸術的なセンスも鋭い。

彼女は典型的なクリスタル・チルドレン。虹色に輝く美しいオーラをもっている。
この間も淳平が風邪を引いて休んだとき、母親から連絡がある前に、
「今日、淳平くん、風邪で休むんだって」と僕に告げていた。
それだけではない。彼女の母親によると、小さいときから変わった子で、
リモコンを使わずにテレビのスイッチを入れたり、父親の帰る時刻をピッタリ当てたりするそうだ。
いわゆる彼女は右脳が開かれた状態を保ち続けているのだろう。

『ゲルニカ』には、スペインの内戦時に起こったある村の惨劇が描かれている。
大人でも、理解できるものは少ない。
玲奈は、世界のあちこちで、自分と同じ年頃の子どもたちが、戦争で親を亡くし、
学校にも行けず、満足に食べることもできないことを知り、いつも小さな胸を痛めていた。
たぶん、この大きな課題と取り組むことが、彼女の使命なのかもしれない。
僕は直感的にそう思った。

その時、あらゆる教科がつながっているということを実感した。
芸術をとおして想像力をはたらかせる。
それによって、道徳的なヴィジョン、つまり社会のあるべき姿を洞察できるのだと。

しかし、彼女の“問い”に対して、僕は何も答えることができなかったのだ。
この時ほど、自分が情けなく思ったことはない。
彼らに向かって、このようにしか言えなかった。
「僕たち一人ひとりが、人を思いやる努力を続けること。
それが積み重なって、いずれ世界はきっと平和になる」


「いずれ? ……本当に戦争はなくなるのだろうか? 
人類と地球に明るい未来はあるのだろうか?」知らず知らずのうちに、
フウッと大きなため息が出た。
戦争だけではない。身近なところでも、凶悪な犯罪や事件がひんぱんに起きている。

“心”を失くした大勢の人間が、“恐怖と憎悪”の渦まく世界で、何かに憑かれて、
狂ったように突っ走っている。そんな気がしてならない。
これらの出来事は、決して他人事ではないのだ。
加害者を一方的に責めるだけでは、何の解決にもならない。
全ての人間の心の中から、エゴがなくならないかぎり、
人類に真の平和は訪れないだろう、永遠に……。
理屈はわかっている……が、何だか無性に虚しい。
波のせいでもないが、池に映る月がぼやけて見えた。


「ザッザッザッザッ」向こうから少年が走って来る。池の周りをジョギングしているようだ。
「こんばんは」
なつかしい声、なつかしい顔……。僕はギョッとした。
「僕じゃないか!」思わず口走った。
目の前にいるのは、紛れもなく“僕”だ。いや厳密に言うと“17歳の僕”がニッコリ笑って、立っているのだ。
 
夢をみているのだと思って、辺りを見回した。
新池の小さな島には、先ほどのアオサギたちが柳にとまって休んでいる。
柳の木の下では、他の鳥が小さくうずくまって寝ていた。
犬を連れたおばさんは、ひとり言を言っている僕を、気味悪そうに見て、足早に去って行った。

「そうか、僕は僕にしか見えないんだ」
こんなわけのわからないことを言っている人間を見たら、誰だって関わりたくないだろう。
思わず苦笑してしまった。
「ところで、何の用だい? シュウ」周りに誰もいないことを確かめて、僕は訊いた。
「とりあえず、あそこの“あずまや(屋根つきベンチ)”のところに行こう」
 
17歳のシュウは、僕と全く同じ背格好だ。
(当たり前か)いや、今の僕よりハツラツとして、背筋がピンとしている。
それにしても、自分と並んで歩くというのは、何だか妙な気分だ。

「ここなら、5、6分眠りこけていても、誰もおかしく思わないだろう」
「エッ? 眠るのかい?」
「そうだよ。君の身体には、しばらく休んでもらう」
何だかよくわからなかったが、彼が僕をどこかに連れて行ってくれるのだろう、ということは理解できた。
「さあ、準備はいいかい?」
「ちょっと待って。一つだけ聞いておきたいことがあるんだけど……」
「ああ、僕がどこから来て、そして、これからどこへ行くのか、ってこと?」
全てお見通し。

「行けばすぐわかるけどね……。僕は君の“未来”なのさ。……
ズーッと先の世界からやって来た。地球の時間で表現するのは難しいなあ……。
あえて言うなら、西暦3000年のずっと先だと思ってもらえばいい」
「それから、君のことを何て呼べばいいのかな? シュウじゃややこしくて仕方ない」
「言っても、君たちには理解できない名前だからなあ……。それじゃ、マイケルってことにしておこう」

二人は並んで夜空を飛んでいた。あずまやの僕の殻は気持ち良さそうに眠っている。


     
   参考文献

     『魂の体外旅行』ロバート・A・モンロー著(日本教文社)

     『第十の予言』ジェームズ・レッドフィールド(角川書店)





まこりんさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
09 : 10 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハートフル絵画展
2008 / 02 / 16 ( Sat )
去年 はるこさんから寄付のお願いメールのながれた
NPO法人のハートフルさんの チャリティ絵画展が開催されます。


是非一人でも多くの方に来場していただきたいと思っています

皆様お忙しいでしょうが 自分に出来る簡単な絵画展に来場というかたちで
おともだちとご一緒に是非応援お願い致します。

一人でも多くの方に来ていただくよう~
開催にむけてメンバーさんご家族の方ボランティアさん 職員の方一丸となって
絵画展にむけて 行動されています


素晴らしい絵が100展出品され、
またフランスのガブリエル フォンテーヌ画伯も来日されます


3月22日~24日
JR芦屋北側 ラポルテホール本館3階

初めての試みです~よろしくお願い致します。


又ポスター や案内書入り封筒(持っていくとポストカードもらえます)など貼っていただける方や
案内書を渡していただける方是非 お手伝いお願いします~。


はるこさんと1000部渡そうと言ってハートフルさんからあずかりました
皆様ご協力よろしくお願い致します



たにーさんより



お問い合わせは右のメールフォームからご連絡ください。




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
21 : 33 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
慈しむ気持ち
2008 / 02 / 15 ( Fri )
マイミクのななちゃんさんの日記で紹介されていた母犬 ひまわり のお話しを知り
いろいろなことを考えてしまいました。


命を与えられ今を生きるものたちへ
血の繋がりを超えて分け隔てなく愛情を与えていく。
自分と他人という枠を超えて
共存していくってことを心で知っているからできることなんでしょうね。


先住猫のブタ(♂)も、チビ猫がきてから一生懸命子育てをしています。
チビ猫が始めて外にお出掛けしたときは、私たちの留守中でした。
出かけるつもりだったのか、出入り口から落ちてしまったのかわからないけど
私たちが帰ってきたときには怯え、興奮状態でした。


抱っこして家に入れても興奮さめやらないようで
手がつけられない状態だったのですが、
行くとこ行くとこ ちゃんとブタが後ろをついて行って
見守ってくれていました。
少し落ち着いてくると、
ブタが一生懸命チビ猫を安心させるかのようになめていました。
そんな光景を始めてみた私は彼の優しさに感動し気付きました。


惜しみなく愛情を与えて、何か失うものがあるんだろうか?と。

失うものなんて何もないんですよね。

愛情を与えられると、それだけで安心できます。

黙って話しを聞いてあげたり、抱きしめてあげたり、

いろんな形の愛情があるけれど、

相手を慈しむ気持ちがあれば届くんでしょうね。


慈しむ気持ちを大切にしていきたい・・・




ひまわり

http://www.youtube.com/watch?v=IZ5VsNY2W1U



花精



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
08 : 57 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
‎NoNukesMoPeace NEWS '08.2.13 vol.002
2008 / 02 / 14 ( Thu )
これからも、ロッカショのこと、定期的に発信していきます。
以下は、「NoNukesMoPeace NEWS」です。


---
みなさん、こんにちは。
vol.2は明日の緊急行動についてのお知らせがメイン情報です。
そして週末の大イベント、みなさん参加してね:)

☆2/17 青森市 反核LIVE part.2
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=275&
☆2/17 東京 渋谷 ロッカショ再処理工場やめませんか? デモ
http://stop-rokkasho.jp

vol.1 はこちらから
http://archive.mag2.com/0000258028/index.html

主に青森県六ヶ所再処理工場関連infoをお伝えします。

NoNukesMoPeace NEWS 編集/発行 澤口佳代

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

☆【緊急】2/14 再処理ストップの声を届けよう!
2月14日、六ケ所再処理工場の本格稼動に向けて試験を進めるのか、
試験計画を見直すのかの重要な国の審議会(核燃料サイクル安全小委員会)
が行われます。議題は「高レベル廃液ガラス固化設備の運転状況」。
日本原燃の報告書の内容が認められてしまうと、試運転の最終段階、第5ステ
ップが開始されてしまいます。この審議会に対して、再処理ストップの声
を届けましょう。アクションの詳細を以下から確認して下さい。
http://stop-rokkasho.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=45

緊急行動に関する 記事を掲載しました。ご覧下さい。
青森県六ヶ所再処理工場のガラス固化問題って何?
http://news.livedoor.com/article/detail/3507327/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今週のNoNukesMoPeaceな話題

☆ストップロッカショなアート
more treesのロゴをデザインされた
タイポグラファー小泉均さんのストップロッカショなアート 
小泉さんのデザインで反核Tシャツつくりましょ!

小泉さんからの提案
http://www.htypo.net/rokkasho/index.php?catid=5&blogid=1
http://www.htypo.net/rokkasho/index.php?catid=3

小泉均さんのウェブサイト
http://www.htypo.net/
more trees
http://www.more-trees.org/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

☆マガジン
『RIZINE』発売開始!http://www.rizine.net/
indy media RIZINE 特集「vol.000 反核」by 神無月好子 必読!
環境問題をはじめ、政治経済、世界情勢などの情報を、「真実を正確
にわかりやすく!」をモットーに、スポンサーシップやしがらみに捕ら
われることなく、インディペンデントな立ち位置から、アーティストや
クリエイターならではの感性を持ち味にした、紙面構成を目指します。
また、「様々な平和活動」を繋ぎ、「平和を願う」個人や企業を、繋いで
いく事も目指します。 webより

☆YouTube
海や空を放射能汚染から守る。署名提出 1/27の日比谷野音、28の署名提出行動 
http://jp.youtube.com/watch?v=nKEmzxGXlr4
サーフライダーファンデーション 
http://www.surfrider.jp/

☆マスコミ情報
青森県核燃税40億円超減収に 燃料搬入中断が影響 河北新報 2008年2月12日
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/02/20080213t21020.htm

☆NGO情報
六ヶ所再処理工場:試験計画無視し「暴走」か?グリーンピース
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/enerevo/news/20080208_html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

☆イベント情報
2/16仙台市「核燃料サイクル政策にもの申す!」河野太郎+水口憲哉
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=279
2/17青森市 反核LIVEpart.2
http://stop-rokkasho.jp/modules/eguide/event.php?eid=275
2/17東京渋谷ロッカショ再処理工場やめませんか?デモ
http://stop-rokkasho.jp

☆映画の上映情報
「六ヶ所村ラプソディー」http://www.rokkasho-rhapsody.com/_schedule/calender
「核分裂過程」http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kook/jyoueikaijyouhou.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

NoNukesMoPeace_NEWS_編集/発行_澤口佳代

このMLを多くの方に広めていただけると幸いです。転送/転載どんどんお願い致します。
みなさまからの情報、アドバイス、質問も募集しております。

_ご意見・ご感想はsr[@]stop-rokkasho.jp
[ ]をはずして送信して下さい。
_WEBサイトhttp://www.stop-rokkasho.jp


--
from X-KUITA







一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
12 : 33 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今を生きればいい
2008 / 02 / 13 ( Wed )
ぼくの大好きなお坊さんのお話です。

それは・・・
こういうお話なんですよ。

ベトナムの仏教の僧侶であり、詩人でもある
ティク・ナット・ハンは、一服の茶の楽しみ方について書いている。

お茶を楽しむためには、人は完全に、今という時に目覚めて
いなければならない。今という瞬間を意識している時にのみ、
手は茶わんの快い温かさを感じることができる。
今という瞬間のみに、香りを楽しみ、甘さを味わい、繊細さを
感じとることができる。

過去のことを思い煩っていたり、将来のことを心配していたり
すると、一杯のお茶を楽しむという体験を失してしまうだろう。
茶わんを見おろすと、もうお茶はなくなっているのだ。

人生もまったくこれと同じである。
今という時に完全に心を向けていないならば、まわりを見まわし
てみると、もうそれはどこかへ行ってしまっているのだ。
人生の感触、香り、繊細さ、美などをすべて見すごしてしまう。
人生はただ、あなたの目の前をあっという間に通りすぎてしまうだろう。

過去はすでに終わっている。
そこから学ぶことを学び、手放せばいいのだ。

未来はまだここにない。
未来に対する計画をたてるのはよい。
でもそのことを心配して時間をむだにしてはいけない。

心配は必要ないことなのだ。
すでに起ってしまったことを気に病むのをやめ、起らない
かもしれないことを心配するのをやめた時、あなたは今と
いう瞬間にいることができるのだ。

その時、あなたは人生の喜びを十分に体験し始めるだろう。


そうなんだよね・・・
今今今・・・
今ここが大切なんだよね。

映画のフィルムの一こま一こまという今の連続が・・・
ひとつの作品であるように・・・
人生も一瞬一瞬の今の連続なんだよね!!!

今に心を向けることが・・・
念をいれることなんだね。
今に念を入れていきてゆきたいね。

今目の前の人に心を向け・・・
今目の前のことに心を向けて・・・
今というすばらしい体験を味わってゆきたいね!!!

ぼくたちは・・・
過去や未来にいることはできない。

ぼくたちは・・・
ただただ・・・
今を生きればいい。





やるなら・・・
今しかねえ!!!

そう・・・
今しかないんだから・・・

堂々と胸を張って・・・
今を生きればいい!!!


ルンルン・・・

ありがとうございます。




ななちゃんさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
09 : 46 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
聞こえないけど体で受信、快感!〈空〉サウンドの秘密。
2008 / 02 / 12 ( Tue )
民族楽器のアンサンブルのサウンドがなぜ
人間に心地よいのか・・・ぼくは、「1/f ゆらぎ」に
その科学的根拠を見出していましたが、
それをさらに具体化した、
高周波音効果(パイパー・ソニック・エフェクト)の存在が、
証明されてきたのです。

最近、『倍音浴』といって、
すでに利用されている健康法の科学的裏付けでもあります。



30年以上昔、クリネックス・ティッシュのCMの音楽で
インパクトを与えてくれた地声コーラス、
芸能山城組の座長の、
大橋力(山城祥二)さんの研究成果が載っていました。
あのブルガリアン・ヴォイスのような女性だけの地声で、
倍音をたくさん含んだ合唱を覚えていませんか?

ここで、「倍音」について説明が必要かな。
例えば、440Hzの「ラ」=Aの音には、周波数(1秒間での振動数)が、
整数倍の 880Hzの「ラ」、1320Hzの「ミ」、1760Hzの「ラ」、
2200Hzの「ド#」、2640Hzの「ミ」・・・など、
たくさんのほかの音が含まれています。
これが「倍音」です。

しかも、音源や楽器によっては、
人間には聞こえないといわれる2万Hz以上の高周波の倍音も
たくさん含んでいます。

整数倍の周波数を持った音源は互いに共鳴し合います。
それを利用して響きを豊にしているのが、わが
風絃トリオ〈空〉のギタリスト
小川和隆の十弦ギターです。

人間は、耳には聞こえなくとも、この
不可聴の高周波音を体のどこかでとらえ、それが
脳の深いところにある脳幹や視床などを刺激し、
可聴音と一緒に聴くことで、
快感をもたらす、のだそうです。

電気音のような人工的な音源から生まれる
高周波音は、かえって不快感をもたらすことがあります。

快感の源は・・・
自然の音や、
アコースティックな楽器・・・中でも民族楽器には、
高周波の倍音がたくさん含まれ、
近代楽器にはあまり含まれていない、ということです。

具体的には、ジャングル(熱帯雨林)の音・・・
小鳥の声、風や葉ずれの音、せせらぎ、虫の声・・・などのカクテル。
日本本土では熱帯雨林は体験できないにしても、
広葉樹中心の自然林で森林浴をすれば、かなりこれに
近い効果が得られると思います。

楽器では、尺八、ケーナ、二胡、琴、琵琶、そして十弦ギター、そして
インドのシタール、インドネシアのガムラン・・・など、
音色の純粋性を求める西洋近代楽器よりも、
西洋では雑音扱いされるような音色をもつ楽器に、
高周波の倍音がたくさん含まれています。
十弦ギター民族楽器ではありませんが、
弾かないけれども共鳴のために
4本余分に弦が張ってあるところなど、
その無用の用は、いかにも民族楽器的です。

大橋力さんは、
「人類は熱帯雨林の中で進化してきた。人類の長い歴史が、
ハイパー・ソニック・エフェクト(高周波音効果)の背景にある」
とおっしゃっています。

周波数が整数倍になっていく倍音というのは、まさに
1/fゆらぎ (波の振幅が振動数fに反比例する)で、
整数倍になっていく数列のどの部分をとっても、
全体と相似関係(フラクタル構造)になっているのが、
このゆらぎの特徴です。

十弦ギター、ケーナ、尺八という
高周波音をたっぷり含む、風絃トリオ〈空〉のライヴを
これからもお楽しみ下さい。

*****************************
風絃トリオ〈空〉地球の風ライヴ in 川口

宇宙は150億年前に無(=空)から生まれた。
音を生み出す楽器の中も「空」である。
アラビア起源のギターも、日本の尺八とアンデスのケーナも
異文化でありながら、根底はひとつ。
総ての存在のつながりに気づき、地球の風に耳を澄ますと
聞こえてくるものは・・・。

★小川和隆(おがわ・かずたか)
十弦ギター/東京芸大楽理科卒。
第22回東京国際ギター・コンクール
第1位。十弦ギターを、スペインにて
巨匠ナルシソ・イエペスに師事。

★八木倫明(やぎ・りんめい)
ケーナ、ナイ、ウッドフルート/
早稲田大学商学部卒。卒業後の1982年、
フルートから独学でケーナに転向。
1987年から異文化融合民族音楽としての
「地球音楽」を提唱。

★戸川藍山(とがわ・らんざん)
尺八/東京芸大邦楽科卒。芸大にて
尺八を人間国宝の山本邦山に師事。
和楽器オーケストラあいおいのメンバー。 

★南久松真奈
(みなみひさまつ・まな/舞台俳優)
詩と語り

予定曲                                           
●ピカピカ[きみの影になりたい](ベネズエラ・ワルツ)
●リムジンガン(コリア)
●風の谷のナウシカ (久石譲・作曲)
●草原が風にそよぐ時には…(内藤正彦・作曲)
●風絃トリオ〈空〉のための《風濤》[ふうとう](内藤正彦・作曲)
●カタルーニャ民謡:聖母の御子
●白鳥の停車場(藤平慎太郎・作曲)
●黄色い村の門(アイルランド)
●朗読と音楽『高尾山 たかおさん』 ほか 

〈Akuta Tea Time Live ~音楽とお茶と語らいの午後~〉 

2月24日(日)午後2:00開演(終演4:30)
★川口市/カフェ・ド・アクタ 
埼玉県川口市栄町2-8-4
(京浜東北線・川口駅東口徒歩10分)
お申込みの方に地図もお送りします。

●前売料金¥3000(当日券あれば¥500増し)
1ドリンク付き  定員25人/休憩30分あります。
***********************
お申込み
●TEL :(070)6945-1283
E-mail : necoma-cafe@pdx.ne.j 岸田
●(03)3977-6631八木倫明 quena-y@sirius.ocn.ne.jp
またはMIXIメールで。





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
09 : 21 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすぐバレンタイン
2008 / 02 / 11 ( Mon )
最近、「フェアトレード・チョコレート」がとっても気になります。

今は街中どこででもチョコレートを買うことができますが、
折角買うならフェアトレードチョコにしませんか?

フェアトレードチョコは他のチョコとどこが違うのでしょうか?

例えば作り方、
植物油脂などを一切混せず、
ボリビアの有機カカオとフィリピンで栽培されたマスコバド黒糖、
そしてスイスの熟練職人が丁寧に練り上げ仕上げているのです。

そして何より、他のチョコレートとの違いは、

発展途上国のチョコレート生産者に対して寄付や援助ではなく仕事や技術を提供することで、
その地域の人々が自らの力で暮らしを向上させる支援ができます。
ただ、短期的な注文ではなく、継続したオーダーをすることが何よりも大切になります。

そのためには、同情から商品を買うのではなく、
商品の価値に納得して、私たちの生活に取り入れていくことが大切です。

この関係性が「フェアトレード」を成立させるのです。

また、環境にもとても配慮されて作られます。

みんなにやさしいチョコレートということです。
大切な人に贈ることで、人や地球にも愛を贈ることができるのです!

チョコを消費するだけの寂しいバレンタインを超えて、
本物のLOVEを集めてみましょう。



--
From X-KUITA





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
10 : 26 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バレンタイン・ナイト in ヨコハマ
2008 / 02 / 10 ( Sun )
かながわ女性9条のつどい

愛LOVE 9条 バレンタイン・ナイト
『お国ことばで憲法を』
2月14日(木)午後6:30~8:30
神奈川県立青少年センター
(桜木町駅徒歩10分。紅葉坂上。県立音楽堂の手前)
横浜市西区紅葉ヶ丘9-1

「憲法9条を守りたい」の思いをさらに広げる、女性のつどいです。
是非お出かけください。

出演:池辺晋一郎(作曲家)、大原穣子(方言指導)
風絃トリオ〈空〉&真奈 【演奏15分間】
 十弦ギター:小川和隆
 ケーナ:八木倫明
 尺八:戸川藍山
 詩と語り:南久松真奈 

合唱団いちばん星

呼びかけ人トーク:小山内美江子(脚本家)、小原聖子(ギタリスト)、
浅井イゾルデ(翻訳家)、沖藤典子(ノンフィクション書作家)、黒田陽子(弁護士)、
野末悦子(産婦人科医)、水原英子(女優)、山鹿文子(日本キリスト教団牧師)

参加費¥999
お申込み先/主催者
かながわ女性9条の会 事務局
Tel & Fax(045)561-0644 矢後みさ子
E-mail : kanajyo@jcom.home.ne.jp
ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/kanajyo9/



やぎりんさんより



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
22 : 16 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウミダスマデ
2008 / 02 / 09 ( Sat )
コトバが空回りする

かけらさえ拾い集められない


ただ時を待つ

心が語り始めるまで


伝えたいこと

わきおこり
あふれでる
熱き思いを

一つのカタチへ




今は静かに

感覚を研ぎ澄ませて








歴史の中に悠久の時の流れを
壮大な音色に宇宙の息吹を感じる。
繰り返すイノチ
願い
祈り
五感を超えた向こうに手をのばし
カタチなきものにふれる。
そして
また
カタチは生まれいずる・・





raum7さんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

21 : 52 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アースデイ日本全国一斉上映プロジェクト
2008 / 02 / 08 ( Fri )
今年4月のイベント企画者募集のお知らせです。

今までに何度か、ボランティア活動を通し、みなさんがとても素晴らしい活動をし、
同じものを目指しているのにそれぞれの団体がばらばらでとてももったいなく、
思っておりました。

そのような時、この4月に行われるアースデイ(地球を考える日)に
ぜひみなさんとつながり、大きな活動にしていこうという声が上がってきました。

さらに、フィリピンのごみ山で生活をする子供達のドキュメンタリー映画を
制作しております、オフィスフォープロダクションさんより、
第1作品目の「忘れられた子供たち」~スカベンジャー、第2作品目の「神の子たち」の
上映のご協力をいただきました。

そこで、この映画上映を通して、みなさんと共に、子供達のため、
地球のために活動されている方たちの、交流の場を作っていきたいと思います。

これより、日本全国(海外も可。英語版もあります)で、映画上映企画者を募る予定でおります。
ぜひみなさまのご活動を広めるきっかけつくりにもご活用ください。
コラボレーションのご連絡をお待ちしております。

みんなで日本を、世界をつないでいきましょう♪

メール転送大歓迎!
-----------------------------------------------------
◆∴‥∵:・.* ◆∴‥∵:・.* ◆∴‥∵:・.* ◆∴‥∵:・.*◆

『アースデイ日本全国一斉上映プロジェクト』のお知らせ!
                    by 輝く地球プロジェクト
◆∴‥∵:・.* ◆∴‥∵:・.* ◆∴‥∵:・.* ◆∴‥∵:・.*◆

■アースデイとは?

アースデイ(地球の日:4月22日)とは『地球のために行動する日』です。
地球に住む人が、自由に、どこでも、いますぐ、アクションを起こせます。
大切なのはやってみること、そして続けること。
アースデイは一人ひとり、誰もがリーダーです。
毎年アースデイの期間には世界各地で持続可能な社会を表現する、自由なイベン
トやアクションが行われています。

■アースデイ日本全国一斉上映プロジェクトとは?

アースデイ日本全国一斉上映プロジェクトとは『アースデイの期間中(4月中)に
日本全国で開催される上映イベントのこと』です。
映画を通して、平和を 幸せを 未来を、地球に住む人達と、
みんなで一緒に考える上映会を開催します。
アースデイは一人ひとり、誰もがリーダーです。
それぞれが持ち寄った企画と、平和を願う上映会を、みんなで一緒に開催する活動を行います。

■スケジュール

2008年の4月中に、それぞれが持ち寄った企画とともに、映画の上映会を、同時に行いま
す。
上映会の主催者が、自分自身の企画を持っていない場合は、輝く地球プロジェクトが
企画を提案するお手伝いをします。

■映画の内容

・忘れられた子供たち

・神の子たち

フィリピンのゴミ捨て場で、ゴミ拾いの仕事をしている子供たちを撮影した
ドキュメンタリー映画を上映します。

内容詳細はこちらをご参照ください。
http://www.office4-pro.com/

■参加費用

今回のイベントでは、オフィス4プロダクション様のご協力により、
上映権は無料とさせて頂きます。

初期の導入コストとして、個人の方は5000円、団体(NGO・NPO等)は1万円、
企業は5万円を登録費としていただきます。
個人が団体を主催している場合は、個人扱いとなります。
物販輸送・HP作成・ちらし・ポスター作成などに掛かる費用を、
初期導入コストでまかなわせていただきます。

日本全国一斉上映プロジェクトでは、各団体の活動内容を紹介する出版物や
DVDの製作を行い、みなで広報のお手伝いをすることができます。
こちらの制作費は別途となりますのでご了承ください。
どうか皆様のご活躍を広くご紹介するきっかけ作りにご活用ください。
なお、詳細はお問い合わせ下さい。

■上映者の募集

アースデイ日本全国一斉上映プロジェクトでは、各都道府県で、
上映企画者を募集しています。
それぞれが行っている活動を中心に据えて、その活動を紹介した上で上映会を行います。
上映会の主催者が、自分自身の企画を持っていない場合は、
輝く地球プロジェクトが企画の提案をお手伝いします。

『バラバラに活動している私たちが再びつながり合うためにはどうしたらいいのか』
『映画の上映会を通じて、私たちがつながり合うことは出来ないのだろうか?』

それぞれが持ち寄った企画と、平和を願う上映会を、みんなで一緒に開催・広告する活動を行います。

★参加申し込み・・・下記の申し込みフォームにご記入いただいて、
アースデイ日本全国一斉上映プロジェクト参加希望と題名を表記の上
 メール: shiningearthjp@yahoo.co.jp 中まで申し込みください。


********『アースデイ日本全国一斉上映プロジェクト』参加申し込み参加フォーム**********
・団体名
・代表者お名前(フリガナ):          (       )
・ご住所:
・(携帯)電話番号:
・E-mail
・ホームページ
★団体内容、活動内容がわかるパンフレットなどがございましたらご郵送ください。

<企画概要>
・企画名
・開催日時
・会場場所
・入場可能規模
・ブース出展協力の有無
・個人・団体・企業のいづれかの参加表明をお願いいたします。

*********************************************************
★お問い合わせ先TEL:090-4129-5184 中まで
★お申し込みは、3月中までにお願いします。

■広告スポンサーの募集

輝く地球プロジェクトでは、一人でも多くの方に参加していただきたく、
映画上映の入場無料を目指しております。

応援くださる広告スポンサーを広く募集いたします。

広告スポンサーの特典として、イベント時の出版物・ポスター・ちらしに掲載のほか、
オフィスフォーさんのご協力により、
次作の新作映画のタイトルクレジットにもお名前が掲載されます。

また広告DVDなどがございましたら、映画上映前にCMとして流すことが可能です。

■ブース出店者の募集

輝く地球プロジェクトでは、地球環境に良いものを応援していきたいと思っております。

・エコロジカル商品・フェアトレード商品・無農薬食品など・・・
イベント会場にて商品の展示やリーフレットの配布ほか、
HPにてご紹介させていただきます。

参加費用は各団体・企業の予算、出店量により応じますので、お気軽にお問い合わせください。

収益はオフィスフォープロダクション映画制作5000人委員会へ寄付するほか、
自立支援活動などに使用させていただきます。


今回の上映会では、小さなグループや個人においても、結集することにより、
より実り多い力のあるものにしたいと考えています。
集団を構成する各個人が、それぞれの考え方を持ち、
できる限り個人の行動を尊重されつつも、
全体として一つにまとまることが出来る効果的な上映会を目指しています。


なお、輝く地球プロジェクトは、中立的な立場をとっており、
あらゆる宗教や政治団体とは、一切の関係がないことを、ここに表明させていただきます。
あらゆる団体の枠を超え、つながり合う場を提供させて頂きたいと考えております。
ご協力、ご理解のほど、どうかよろしくお願いいたします。


★☆★第1回交流会を1月29日(火)13:00~ 五反田(東京)で行います。

ご興味のある方はぜひご連絡ください。

■参加予定者の声

★ニランジャナセワサンガ
http://nwps.org

未来の子どもたちのためにたいへんすばらしい活動をされていらっしゃることを伺い、
私たちニランジャナセワサンガもぜひ一緒に仲間に入れていただければ光栄です。

インドで最も貧困が深刻なビハール州の、主人(インド人)が生まれ育った貧しい村で、
学校を3校と孤児院と無料診療所を運営しています。
貧困問題の根本的な解決に向けて、私たちがつながることが確かに重要だと思います。
ぜひ今後コラボしていきたいと思います。
インドで活躍する国際協力NPOのなかでも特に最貧困の
ビハール州で活動する海外NPOは多くありません。 とても危険だからです。
でもだからこそ、支援が必要であり、彼らのことをもっと伝える必要があると思います。

★シンキングエンジェルプロジェクト
http://www.sa-p.jp/
以前より色々とご支援してくださっている団体です。
音楽を通じて世界をつなげようと試みていらっしゃいます。
岡山にて上映イベント予定です。

★FAVLIC
http://favlic.is-mine.net/
「国際問題」って聞くとちょっと難しいイメージを受けませんか
そんな人たちのために今回、学生団体を立ち上げました
確かに「国際問題」は難しい問題だと思います。
世界では3秒に1人の子供が死んでいるし、
地球上では1秒に畳1畳分の土地が砂漠化している・・・。
けど、そんな中で僕らにできることはたくさんあると思いますその1つとして、
僕らは声を広げたいなって思いましたそうつまり、
コンセプトは『たくさんの声をつなげる』ことこのコンセプトの中で、
今後色々企画を打ち出していきたいと思っていますめっちゃ面白く、
そして僕らも楽しみながら世界を変えていきたいと思います

今、多いのはお金や物資を直接現地に届けるチャリティ型の団体。
しかし僕らは、今の世界の現状を伝えたり、
国際支援の分野で頑張っている団体や人たちを紹介したりすることで、
日本人の国際問題に対する意識を変えていこうっていう難しく言うと
『アドボカシー型』の団体世界の貧しい人々の声や地球が抱えている問題を伝えていく
国際支援イベントのプロデュースや、国際団体の広報・支援活動をする予定です。

★神戸市外国語大学
 PeaceProject

アースデイの映画上映の企画素晴らしいと思います。
そして、ぜひ参加させていただきたいと思いました。
私は神戸市外国語大学でPeaceProjectという団体に所属しています。
ちなみに、去年は「六ヶ所村ラプソディー」や「踊れグローズヌイ!」などの
映画の上映会を行い、学生達に『知ることからはじめよう』を名目に、
平和活動に取り組んできました。
私自身、去年、フィリピンのセブ島に2週間ボランティアに行って見て感じたこともたくさんあります。
この不公平さに成り立つ地球のことをより多くの人に知ってほしいと思います。

★主催:輝く地球プロジェクト
     〒133-0044 東京都江戸川区本一色3-3-10
     代表:中 ルミ TEL:090-4129-5184
             FAX:043-252-7275
     E-mail:shiningearthjp@yahoo.co.jp
     http://shiningearth.heteml.jp/event/event_zenkoku.htm   

★フィルム提供:有限会社オフィスフォープロダクション
     〒160-0004東京都新宿区四谷4‐11 みすずビル4F
     TEL:03-3354-3869  FAX:03-3354-3902
     E-mail: info@office4-pro.com
     http://www.office4-pro.com  
★企画協力:FAVLIC
     http://favlic.is-mine.net/    

★☆★一緒にイベントをお手伝いしてくださる仲間を探しています。
   お気軽に輝く地球プロジェクトまでご連絡ください。
   お待ちしております♪♪



ミルミル☆さんより




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
21 : 41 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第4回相模湾なぎさシンポジウムのご案内
2008 / 02 / 07 ( Thu )
知ってますか?
砂浜がどんどんなくなっていることを。
神奈川でも、砂浜の消失が大きな問題となっています。
シンポジウムでは、「海岸侵食」に関する講演や、
「明日の海岸を考える ~これからのなぎさづくり~」
をテーマにパネルディスカッションを行います。

豊かな海の恵みや人々に安らぎを与えてくれる神奈川の海岸ついて、
理解を深め、ともに考えていきませんか。



第4回相模湾なぎさシンポジウム
明日の海岸を考える ~これからのなぎさづくり~

日時 平成20年2月10日(日)13:30~16:30
    開場13:00 /開演13:30 /終了16:30
場所 平塚市中央公民館 1階大ホール
    (平塚市追分1-20 TEL.0463-34-2111)
定員 400名
    入場無料
主催 なぎさづくり促進協議会
    神奈川県/横須賀市/平塚市/鎌倉市/藤沢市/
    小田原市/茅ヶ崎市/逗子市/三浦市/葉山町/
    大磯町/二宮町/真鶴町/湯河原町/
    神奈川県議会なぎさ議員連盟


■プログラム 
13:00 開  場
13:30 開  会
13:45 基調講演
      テーマ「漂砂と海岸侵食」(佐藤 愼司 東京大学教授)
14:25 基調講演
      テーマ「相模湾を歩いて~相模湾の海岸侵食と台風9号~」
       (宇多 高明 ㈶土木研究センター理事)
15:20 パネルディスカッション
      テーマ「明日の海岸を考える~これからのなぎさづくり~」
      コーディネーター 柴山 知也 横浜国立大学教授
      パネリスト 宇多 高明 ㈶土木研究センター理事
      パネリスト 浜口 哲一 平塚市博物館館長
      パネリスト 後藤  勇  平塚市漁業協同組合代表理事組合長・
                    神奈川県漁業共済組合監事
      パネリスト 北澤 浩一 湘南ひらつかビーチクラブ会長
      パネリスト 三好 正則 大磯町長
16:30 終  了

■会  場
平塚市中央公民館 1階大ホール
平塚市追分1-20 TEL.0463-34-2111

交通のアクセス
JR東海道線平塚駅北口より10番線バス(江陽中学校)下車徒歩1分
JR東海道線平塚駅北・西口より徒歩15分
(駐車場は数に限りがあります。公共交通機関をご利用下さい。)

■問合わせ先
なぎさづくり促進協議会事務局(神奈川県 県土整備部 砂防海岸課内) 
TEL.045-210-6514 FAX.045-210-8878 E‐mail.sa@pref.kanagawa.jp



from X-KUITA







一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
10 : 49 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あたりまえにありがとう!!!
2008 / 02 / 06 ( Wed )
目が見えるのは・・・
あたりまえ。

耳が聞こえるのは・・・
あたりまえ。

話せることは・・・
あたりまえ。

歩けることは・・・
あたりまえ。

走れることは・・・
あたりまえ。

手が使えることは・・・
あたりまえ。

足が使えることは・・・
あたりまえ。

体を使えるのは・・・
あたりまえ。

思うことができるの・・・
あたりまえ。

感情を表現することは・・・
あたりまえ。

生きることは・・・
あたりまえ。

本当に・・・
そうなんだろうか!?

あたりまえって・・・
そのすべてが・・・
奇跡なんじゃないんだろうか!!!

あたりまえに生きられない人がたくさんいます。
そんな人たちにとって・・・
あたりまえなことは・・・
あたりまえではなく・・・
とっても尊いこと。
奇跡そのものなんだと思います。

人は・・・
あるときには・・・
気づかなくて・・・
失ってはじめて・・・
気づくことがあります。

失うことで・・・
今まであたりまえだと思っていたことに・・・
感謝の心が溢れてくるんだと思います。

あって・・・
あたりまえ。

できて・・・
あたりまえ。

そうなって・・・
あたりまえ。

でもね・・・
本当は・・・
そうじゃないんだ!!!

ぼくたちは・・・
あたりまえの世界ではなく・・・
いつも・・・
いつだって・・・
奇跡の世界の中を生きているんです。

だから・・・
ぼくは・・・

あたりまえにありがとうが言いたいです!!!

目が見えるのことに・・・
ありがとう。

耳が聞こえることに・・・
ありがとう。

話せることに・・・
ありがとう。

歩けることに・・・
ありがとう。

走れることに・・・
ありがとう。

手が使えることに・・・
ありがとう。

足が使えることに・・・
ありがとう。

体を使えることに・・・
ありがとう。

思うことができることに・・・
ありがとう。

感情を表現できることに・・・
ありがとう。

生きることに・・・
ありがとう。

そう思えると・・・

過去にも・・・
現在にも・・・
未来にも・・・

ありがとうが言えるよね!!!

あたりまえに生きることができる。
あたりまえに過ごすことができる。

本当にすごいことです!!!
本当にありがたいことです!!!

どうか・・・
あなたのあたりまえなことに・・・
少しでも感謝できたらいいですね!!!

あらためて・・・
ぼくは・・・
心から思います。

あたりまえにありがとう!!!



ななちゃんさんの日記より



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
21 : 33 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
素敵な写真
2008 / 02 / 05 ( Tue )
今は 新しい世界に旅立たれた写真家。

クレアゆうこさんの写真をご紹介させていただきますね。


この方の写真はもちろん、文章を読んでいても疲れた心に
優しく語り掛けてくれます。


思い出したようには、ゆうこさんのブログを訪れ
いろんなことがある毎日だけど、生きていることの幸せを思い出させてもらっています。

http://plaza.rakuten.co.jp/clareyuko/




花精の日記



一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
21 : 23 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
…家事天使の皆さんへ…
2008 / 02 / 04 ( Mon )
私もふくめて。主婦と呼ばれる…皆さんへ (^O^)/
毎日 三度の 食事作り、お弁当や お夜食 掃除 洗濯 ご近所付き合い
学校関係の人付き合い 旦那様の 家族との お付き合いなどなど…

お疲れ様です(^O^)/
自分の 好きな 事を 二の次 三の次にしながら…
はたまた
遙か彼方に 後回しに して
愛する 家族の 笑顔を みるために

ほとんどの 時間と お金を 自分以外に 使っている ゛家事天使゛の皆さん
♪(*^ ・^)ノ⌒☆

ほんまに
ほんまに
お疲れ様~

私も 働く 主婦です
昔は 専業主婦も してました きわめて 短期間でしたが(笑)

一歳 二歳 三歳の年子の 母子家庭に 自らの 選択で なったので(^_^;)

すぐに 働く主婦になりましたあ…

忙しい中 父親として 稼ぎ 母親として 世話をして また 一人の人間として 自由に 生きる

1日 24時間が あっという間に 過ぎました

いつも 忙しく 働いて
忙しく 遊びました
貧しくても それなりに 創意工夫した 独創的な 家事をしたみたいです(笑)

夏は 扇風機もないから 一人づつ 可愛い マイうちわを持ち(笑) 眠るときは 頭と足に アイスノンを おきました o(^-^)o

エコみたい(笑)

夜の8時に 三人の我が子を 寝かしつけて 10時から 車にのり 夜の ファミリーレストランに 夜中2時まで バイトに行きました

ドキドキして帰宅すると
可愛い 寝顔で 三人が 布団から 飛び出して 寝てました(笑)
疲れていても
幸せでした…

なぜ 忙しくても 幸せやったのでしょうか…

あくまでも 私の場合なのですが

聞いてください…

21歳の時 の 結婚は私自身の未熟さや 甘えや 依存心で 旦那様を 愛する 気持ちよりも… ただ 愛されたいだけの 結婚をしました…
三人の 我が子の おかげで やっと 愛することの 喜びを しり始めましたが
旦那様を 愛する 気持ちは 育たないまま … 離婚を 選択しました…

何か 大きな 力に突き動かされるようなどうしようもないような… 気持ちになったのも 一つの側面として たしかに あったのです…

そして 三人の 我が子との 深くて 強い 縁も あったみたいです…
私の 未熟さも おろかさも 全部 受け止めて なお 癒やして くれる…
そんな 可愛い 天使が 母親の 母性を育てる為に 産まれてきてくれたようです… (*u_u) アリガトネ

そんな 我が子が みな 成人となり

再婚の ご縁が 降ってわいてきました…
その 結婚では
たくさんの 学びがありました

たくさんの 手放しが ありました

まるで… すべてのアクと毒を 吐かせてもらうみたいに

凝縮された二年間を体験させてもらいました…

介護の職場が大好きで たくさんの仲間 友達がいました
親や子供達との 関わりも 深くて 家事も 好きでした

ただ…

旦那様は 少し 嗜好が違いました…

かなりかな(^_^;)

私の 「好き」や「幸せ」は
旦那様を 寂しい気持ちにしました
日に日に 苦しみ やがて 怒りになりました…

よく 話し合いました…

「 二人だけで 生きていきたい」

旦那様は 自分を偽らずに 願いを 話してくれました…

私は その 願いを 叶えては あげられないことを… 知りました…

決心した時
迷いはありませんでした…
いくつかの リスクは覚悟しました…

「旦那様の 願いを 叶える 相手が 私で なくても よいから… この人が 心 安らかで 幸せに なれるなら… 別々の 道を 歩いていこう… たとえ ひととき 痛い 思いを したとしても

たとえ 一生 恨まれたとしても

私は この人の 幸いを 願おう…」

心の底からそう 感じている 自分を 確信していました

また それは
私自身へも 同じ 願いを もっていました…

「私を 自由に してあげよう
私の 唯一の 幸せを させてあげよう


私は 体力が 弱い方でして(笑) 疲れやすいんですよ…

そうは見えないらしいけど(笑)

タバコ お酒 騒音 人ごみ 悪意 などに 体が 反応します…
睡眠が 私を癒やします だから よく ことん と 眠ります…

家事は 大好きです 部屋を レイアウトして 片付けて お料理も 大好き

自分の体力の 許す限り 精一杯 の 家事を いつも 楽しみました

ただ 結婚の時は
旦那様の してほしい 基準に あわなかったのです

私の 精一杯は…

旦那様には 足りなかったようです…

お互いが 寂しい思いを 抱きました

お互いの ありのままを 愛せないのは 悲しいことなんです…

たぶん 私達だけでなく
同じ 寂しさを 体験している 家事天使が いるかもしれません…
(ノ_・。)

自分が 選択した 結婚生活で
子供を さずかり
旦那様は 働いてくれて
子供達は 成長していく
自分は … 家族の すべてのサポートを楽しむ…

そこに 家族どうしの
「 感謝 」 が 言葉や 笑顔で 存在していたら…
どれだけ… 心が 安らぐでしょうか…

たとえ 映画にいけなくても… 好きな 趣味が できなくても… 可愛い服が 着れなくても …

愛する 家族の 笑顔と ねぎらいの 言葉や思いを 体感できたら…

精一杯の 家事の 1コマ 1コマに 愛情を 注ぎこみ… 幸せを 体感できるでしょう…

それは 家事天使だけでなく

企業天使の 旦那様も 同じ事 でしょう…

荒い波動の 競争社会で 嫌な 事が あっても…

家庭の 灯り… 暖かい 部屋… 笑顔… 心づくしの食事…
奥様のハグと 我が子のハグに…

また 明日の 活力が養われるのでしょう…
なぜ そうならないんやろう?




ありのまんま…

で 愛おしいはずやのに…

我が子も…

産まれてきてくれただけで…

あったかくて

やわらかい あの 瞬間に すべて が もう 完璧やったんやから… それ以上 なにも 望まないから…
生きていて 幸いであれば…

もう それだけで 嬉しくて たまらないはずやから(;_;)

私の 場合は だから 離婚を選択しました…

なぜ と 思うかもしれませんが…

なぜか そうなりました…

説明難しいです

必然だと 知っているのは 私だけなんですヾ( ´ー`)

今 の 私は だから ここに 存在しています…

企業天使の旦那様…
どうか

家事天使の 奥様を ありのまんま 愛してあげて ください…
もしかしたら
とても したいことを すごく 我慢して いるのかもしれないんです…

食べたいものを あきらめて 家族の嗜好に 合わせているかもしれないんです…
旦那様からみたら もっとこうしてほしい… と 辛い日々を感じているかもですね…

でも もしかしたら
奥様は それが 精一杯なのかもしれません…
崩壊寸前なのかもです…
企業で 競争や戦いをして 自分が 疲れていたら…

愛するパートナーにも 優しく できないかも しれません

m(..)m
寂しいことだと思います…

私… 離婚 すすめてないですから(笑) (*^-^)b

仲良くしてください…
許し合ってください…
「今まで 我慢して やりたいこと あきらめてたんやね… ごめんね… 気づかなくて…
アリガトネ… 」

言えなくても

知っていてあげてください…

そして 優しい 眼差しを 分かち合ってみてください…

パートナーとの 優しい 平和な 時間が ほんの 数秒 … あれば…

それは

小さな 波動 やけど…
やがて 大きな 波になり…

すべての 命 の 平和に つながると…
私は

信頼しています…

ヾ( ´ー`)…

家事天使の 皆さん
家事の 動機を 感じてみてください…

自分を 可愛いがってあげてください…
唯一の 幸いを できる限り してください…

あなたがたは みんな その 値打ちが あります…

母性は 地球そのものやから…

大切に 大切に 毎日 笑って ゆるんで 歌い… 踊るんです…
たくさんの 種をまき…
花を 咲かせるのが
私達の お仕事だからです…

大好きな… 家事天使の 皆さんへ…

愛を 込めて…



ハグ (//▽//)


エリザベスさんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
09 : 04 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
☆企業天使の皆様へ☆
2008 / 02 / 03 ( Sun )
親しくしていたチベット僧から 「日本人は よく働くねえ」と 昔 言われました…
企業戦士…という言葉
まさに 日本人の 仕事っぷりを あらわしている 言葉やなあ…と 思います

勤勉… 真面目…正直…謙虚…
素晴らしい ことやなあと 思います… 言葉にこだわるつもりなど ないけれど…
企業戦士って なんか…
(Θ_Θ) …
こないだ
例によって 自転車こきこき中に
頭に 浮かんだのです…
「 企業戦士から 企業天使への 転換」
(Θ_Θ) またか

突然やなあ…
わかるけど…意味 …
みたいな (^_^;)

スピリチュアルな世界では 人間は 肉体だけの存在としてだけ 捉えるのではなくて
魂や 心が 現実を 作り出すのに 大きな作用を果たしていることを 教えてくれています…
人は 心について また 魂について 学び始めると
人間の神聖や 天使な 役割の素晴らしさに 心が 震え 癒されます… ヾ( ´ー`)

そして
現実世界
とくに 職場での人間関係の きつさ と スピリチュアルな平和な世界の
ギャップに 悩んだり 苦しんだりします…

または

家庭での 人間関係の 難しさや 依存関係 支配関係と スピリチュアルな 優しさ 智恵との
ギャップにも 悩みます…
(ρ_-)o

私の場合を お話ししまあす …
生まれた時から 不機嫌でダークな子供時代… すべての リアル世界が 嫌いでした…
夢の中の方が まだ ましな 遊び場でした…

思春期… ますます人間嫌いに拍車がかかり 孤独な 反抗期の中…
スピリチュアルな 本 に出会いはじめ 自分探しの旅に でる…

結婚 出産 離婚 就職を 体験するなかで
人の 情に ふれ
家族の 愛情に 気づき
ようやく 人間を 好きになる
(*^-^)b

好きになって初めて 気付いたのですが
人間て どういう生き物なんやろう?

そして 興味のままに 学びだす

人間研究…
知れば 知るほど
触れれば 触れるほど
人間は まるで
神様のような ところが ある…と 気づく
気づくたびに 感動して

感動するたびに 涙がでて

泣くたびに 人間が 愛おしくて 大好きになり

人間が 大好きになると … 垣根が なくなっていき…
気づくと ボーダーレスに なっていた…
職場にいると さまざまな 人間と 関われる
人間百貨店(・ω・)/
柔らかい人
固い人
怖い人
優しい人
変わった人
おもろい人

そして 私は かなりの 変わり者(笑)

「エリザベスさん なんで いつも ヘラヘラしてはるのん? 」
「 ああ ヘラヘラしてますかあ? あは 楽しいですから 仕事好きやし
みんな 優しいから 好きやし」
('-^*)/

「エリザベスさん 今の ボケ 最高です… 癒されました…」

「ああ あの… ボケちゃいます… 普通に 会話したんやけど (^_^;) あは

まっいっかぁ… 」

「 エリザベスさん また これ 忘れてましたよ 直しておきましたからね(笑)」

「ひえぇ すいません (((゜д゜;))) また やってしまったあ…
あわあわ… いつも すいません… (ρ_-)o」

これ 日常茶飯事な 会話です
名札いつも まがってる
エプロンいつも しわしわ
口紅 すぐ忘れる
仕事 とちりまくり すぐ ばか笑いする 字が きたない
読めない(自分でも)仕事が遅い(笑)
記憶力悪い
悪口いわない
陰口いわない
自慢話し大好き
お菓子ばっかり食べてる
たまに 遅刻する
ボランティア残業よくしてる
職場仲間に すぐ「好き」といって 手をにぎる(笑)
年下は可愛いから 頭なでなでする
上司はしんどい役割をしてくれてるから労をねぎらう言葉をかける
後輩は 緊張しないように 誉めてのびのびと仕事してもらう
しんどい時にすぐ甘える(笑)
苦手な仕事は 泣きながら 嫌がる(笑) たまに仮病で休み ご褒美ディにするo(^-^)o

まあ… こんな感じです…

仕事は大好き
職場仲間も 可愛いから好き
だから 自然に 笑いが こみ上げてくるんです…
よく とちるから
みんなが フォローしてくださいます
(ρ_-)o しかも 笑顔で こっそりと…
人間は 優しい生き物です… みんな 人に優しくしたいんです…
そして 優しく されたとき なんともいえない… 癒された 気持ちになります…
(=^▽^=)
職場は 戦場じゃなくても いいもんねぇ…
職場にいる 戦士の皆さんは 戦うための(自分を守り 完璧に なるための)武器を
手放しても いいかもしれない…

言葉や表情は 武器にもなるけど

優しい言葉は お薬にもなるし
明るい笑顔は 癒やしにもなる…

武器を担いで いたら 肩がこるし いつも 敵を 存在させてしまうかもです…
武器の代わりに お花を 持ってみたら いいかもです…

手渡すのが 恥ずかしくなるくらいの 可愛い花を もって下さい
ヾ( ´ー`) はい イメージしてえ

黄色い コスモス

ピンクのバラ

職場仲間に 手渡してみたくなります
いつも しんどい仕事を ともに してくれてる 仲間です…
労をねぎらい
共に 休息しましょう…
愛する家族のために 毎日 働く 素晴らしい仲間へ
自分と 同じくらいがんばってる仲間へ
「いつも お疲れ様 助けてくれて ありがとう… さぼっても みのがしてやあ(笑) 」 なんてね(笑)
荒い波動であれば あるほど…

癒やしが 大切 やと思います…

笑いは … 体の緊張感を ほぐしてくれます
場の空気が ゆるみます

難しい話しの時ほど 笑顔と ジョークが 大切なのかもです (・ω・)/

どうせ

人間なんですから…
ひとりでは 生きていけませんから…

ひとりで生きては あかんのですから…
仲間に 心を 開き 身を ゆだねるんです…

他人は 怖くないのです
自分と 同じ

母さんから 生まれた嬰児なんやから…
職場で働く 企業天使の皆さん

職場にも

職場にこそ スピリチュアルな 平和な波動を… ピロピロ 流していきましょう…
私達 一人の 小さな 思い が やがて 波にのり まわりに 伝わり…
平和な 環境を 作っていくと 私は 信頼しています…

ヾ( ´ー`)

ぽよよん…




エリザベスさんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
11 : 33 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AMIからのメッセージ パートⅡ(つづき)
2008 / 02 / 02 ( Sat )
   〈前の日記からつづく〉


《その11》レバー効果ってなんのこと?

できるだけたくさんの友達に、この事を決めてもらいたい。
べつに未来の地球のことに興味がないひとでもかまわない。
君のできる範囲で友達に伝えてほしいんだ。どんな方法でもかまわないから。
ただし、これだけはまもってほしい、だれかにゆわれたから、とか
書かないとばちがあたるとかは絶対にしてはだめ。
ほんとうの自分の気持ちでそうしたいと思ったひとだけ。

僕ら宇宙人についていろいろな情報が今までもあったと思うけど。まどわされないで。
これは僕らにとっても君たちにとってもすごく大切なことだから。
君自身が君のほんとうの気持ちで考えて答えをだすということは、
君の大切な権利でもあるし、また責任でもあるんだ。

人まかせは自分の権利の放棄だし、いいかげんな考えは最高の結果にはつながらないんだ。
ほんとうの気持ちでそれを望まないなら、はっきりと「だめだ」と言ってください。
ほんとうの気持ちで考えてくれたら、それがイエスであろうとノーであろうとかまわない。
どっちにしたらいいかわからないけどとりあえず、「イエス」っていうのもだめ。
これは学芸会の余興じゃないんだ、宇宙の出来事を決めるほんとうに大切なことなんだ。

君たち地球人の歴史の中には少数でもその時代の歴史を動かした人物が紹介されているよね。

今の君たちの星では、ある一部の大人たちが世界の事を決めて動かしているように、
君たちにだって今の地球の悲劇的な状況を変える力があるんだ。
きみにはほんとうの幸せ、ほんとうの愛の心で地球を変えていく力があるんだよ。

君たちの先輩の言葉で「あなたの手を貸してください。
そうすれば、私は地球を持ち上げるでしょう。」っていうのがあったよ。

そして、このメッセージを広める事が、みんなのほんとうの気持ちをつなげる力となり、
永遠の宇宙の兄弟のつながりを広めるレバーとなるんだ。

君が僕らに対する偏見を乗り越えることで、
地球をもっとすばらしい星にすることのできるオペレーターになれるんだ。




《その12》ポジティブな選択の結果として何がおこるのか。

もし君たちの多くが僕たちの登場を望んでくれたら、
すぐにでも地球とその上空に多くのスペースシップ(UFO)が目に見える形で現れる。
たぶん、君たちや大人たちもびっくりして、今までの考えが間違っていたことに気がつくでしょう。

だだ君たちの前に姿を現すだけでも君たちの未来にすごい影響を及ぼすんだ。
今までの地球の多くの知識がひっくりかえり、社会のシステムも考え直さなければならなくなる。
君らは僕らを自分の目で見てその存在を確認できるから、
いままでのように誰かに力が集中することなく、一人一人がパワーをもつことになる。
つまり、君たち個人の存在価値がグーンとアップするんだ。

いちばん重要なのは、君たち地球人が、
日本人だアメリカ人だ白人だ黒人だなんて言ってないで地球の住人としてひとつになれること。

前に話した、影で人間を支配しようとしていたあまり良くない連中も、
君らの新しい選択の結果、だんだんその力を失っていく。
人類という大きな家族が誕生するんだ。
(ほんとうは今でもそうなんだけど、勘違いしてる人が多いね)

その後は、君らが望むなら宇宙連合の一員として平和的で礼儀正しい交流が始まるんだ。

このことを知らずにいて、突然僕らを目の当たりにした世界中の餓えに苦しむ人たちや、
宇宙人の地球侵略だーなんて思っちゃう人たちは腰をぬかすかも。
だれ一人として心の中にほんとうの愛と光を持たない人はいないんだ。
苦しみや悲しみがそれを曇らせている。見ていてとっても悲しいことだね。

この光は人類の未来の可能性、これからどんどん良くなっていくよ。

数年から数10年間段階的にいろいろなことが起きることになる。
僕らのスペースシップの出現を最初に、地球外生命体(宇宙人)との出会い。
そして僕らとの技術的や霊的発展のための共同事業。銀河宇宙での新しい発見なんかもあるんだ。

そして、そのたびに君たち自身の選択をすることになる。
新しい発見が人類にとって幸福をもたらすものかどうか、君たち自身が決めるんだ。
だれかいちばん権力を持っている人が自分の都合で決めることはもうない。
もし君たちがほんとうの気持ちで僕らにいなくなってもらいたければ、
僕らはすぐにいなくなる。ほんとだよ。

このメッセージがみんなの協力で世界中に広がるには、数週間か数ヶ月かかるかもしれない。
でも僕らが君たちの前に姿を現すには、
ほんとうの気持ちでそれを願う人たちがもっと増えなきゃならないんだ。

ほんとうは今でも世界中で心やさしい人たちが、神社やお寺や教会、
いやどこででも平和と幸せを祈っている。
それとこのメッセージに対する答えとはそんなに変わらない。

僕らはもともと祈りを実現する方法をしっているんだよ。




《その13》どうして人類の歴史にジレンマ(いたばさみ)があるのか。

僕らは君たち人類が知らない連中に対してうたがってかかる性格を知っています。
だから初めは、僕らを見たらうたがうんだよきっと。
でもそれがかえって世界中の人たちの団結につながるんだ。

でもどうしたら僕たちの出現がこのアンケートの結果、
みんなが心から賛成してくれたからだってわかるだろう。
まだ実際に出現したわけじゃないけどね。
だって、まだ賛成してくれる人の数がたりなすぎるんだもん。
そうじゃなければとっくに君たちの前に出て行ってるよ。

君たちの中で、うんと疑り深い人は僕らが君たちの前に出て行く許可を取るために、
このアンケートを信じ込ませて、そして地球征服をたくらんでるんじゃないだろうか、
なんて思う人もいるだろうね。

でもさ、足下に探しているものがあるのに、違うところを探していたら君だって教えてあげるだろ?

うんと疑り深い人にどうやって説明しようか。
戦争もけんかも相手がどこにいるか解らなければ何もできないよね。
有利にやるにはあいてのことをよく知ったうえで相手にとっかかる。
これがけんかの強いやつのやり方。先手必勝?テロリストも似たようなことをしているね。
あんまり良い事じゃないけど。
僕らは君らに突然襲いかかったりしてないよ。
ちゃんと知らせてちゃんと聞いている、
それでもまだ君たちの賛成数がたりないからまだ待ってる。

なにがどうであれ、君は君のほんとうの気持ちの裁判官だ。
答えがどうであれ僕らは君のほんとうの気持ちを尊重するよ。

今のまま君らを操っていたい連中には、
このことをでっちあげか嘘八百として無視するように仕向けられることでしょう。

君たちはもう自分たちで僕らの存在を証明できるところの直前なんだ。

今の君たちは君らを操る連中の罠の中、パンドラの箱の中にいるんだ。
君の決定が何であろうと、いずれは自分から箱を抜け出す時がくる。

そうなった時に、君らはいろんな体験もしたことのないことに巻き込まれる。
その時は自分の直感、ひらめきにたよるしかなくなるんだよ。
君は自分の目で僕らを見たいかい?それとも大人の言うことを信じてそのままでいたい?
これはとても大切な判断なんだよ。
この先何千年か過ぎたある日、このことがどんなに大事なことであったかが解る時がくる。
2つの未来のうちどちらかを選ぶことが。




《その14》どうして僕らはこのメッセージを広めるのか。

できるだけ大勢の人にこのメッセージを知らせてください。
このことは何千年先の未来まで人類の歴史に影響を及ぼします。

今このメッセージを無視するならば、何年か先に問題を先送りすることになります。
その時までもし人類が生き残っていたとしても、
少なくとも1世代(約80年ぐらい)は人間の歴史は暗く悲しいものになってしまいそうなんだ。

自分では答えを出さないとしたら、他の人の意見に従うということになるよ。
他の人にこの事を教えないとしたら、君が望まない結果になってもしかたなく従う、ということになる。
また、関係ないと無視したならば、ほんとうのことを知る権利を放棄したことになる。

これは君の未来のことであり、人類の進化に大きな影響を及ぼすことなんだ。

この情報が広まらないで、みんなの意見が無視される可能性もある。
でも全てのほんとうの気持ちは宇宙連合に認識されるから安心して。

もし明日、君の家の上空に僕らのスペースシップが何千隻も浮いてることを想像してごらん。
テレビも新聞もみんなみんな大騒ぎするだろうね。
その時になってこのメッセージを広めなかったことを後悔しても遅いよ。
君を焦らせているわけではないんだけど、自分でしっかりと考えて、自分のほんとうの答えを見つけてね。

テレビや新聞ではこのメッセージは取り上げてくれないでしょう。
だけど君は名前が出なくても、ほんとうの気持ちがそう思うのなら、
このメッセージを広げる手伝いをしてくれるよね。

そう、自分の未来は自分で開拓しなければならないんだよ。

もう一度聞きます「君は僕ら(宇宙人)が現れることを願っていますか?」

このメッセージを思うように使ってください。
書き換えたりコピーをしたり自由に広めてください。
ただし、メッセージの内容を変更したり、削除などはしないでね。 おしまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長い文章を読んでくれて、どうもありがとう。あとは君が決めるだけ。



まこりんさんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

11 : 17 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AMIからのメッセージ パートⅡ
2008 / 02 / 01 ( Fri )
夢の中でアミからメッセージを受け取ったことを前の日記で書きました。

どうしてそんな夢を見たのか、不思議だったのですが、
「ああ、やっぱり」と思い当たることがあったのです。

それは、昨年末ふとしたことで、マイミクの「ゆすら梅さん」ある日記を見たことがきっかけだったようです。

その日記には「宇宙人からのメッセージ」が書いてありました。
読んだあと、これは私の日記を通じて発信すべきかどうか、ずいぶん悩みました。
そして、どうしてもアミの本を読んでみたくなり、前の日記に書いたとおり……。

夢の中のアミは「伝えなさい」とテレパシーを送ってきました。
「あなたの役目ですよ」というような意味のテレパシーも。

私がゴチャゴチャ説明すると、かえってまどろっこしくなりますので、ズバリ!
「宇宙人からのメッセージ」を紹介させていただきます。

これが真実か否か、それは読んだ方の判断にお任せ致します。

それでは、じっくり味わって読んでくださいね。










地球のためのアンケートにご協力ください
せかいじゅうのこどもたちに… (世界中の全ての人々に…)


これは、いまこの地球をもっといい星にしようと世界中からあつまったひとたちの
インターネットフォーラムに「誰か?宇宙人の友達?」が書いたじょうほうです。
君たちにもわかるように、かんたんなことばにかえてみました。
ついでに私の大好きな「アミ小さな宇宙人」のアミになったつもりで書きます。
君はこれを読んで、どう思いますか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界を変えてみないかい!


「僕たちが 現われるほうがいいのかどうかを 決めて!」


君がこのメッセージを誰から受取ったかは問題ではないんだ。
大切なのは、君がこのメッセージをどう思い、どうしたいかということだけなんだ。

君たちは、大人たちにじゃまをされずに幸せになりたいとねがってるよね。

そのきもちを感じてこの問いかけをしています。

君の心のエネルギーは、どれだけほんとうの宇宙のこと、ほんとうの自然のこと、
ほんとうの人間のこと、ほんとうの愛を知っているかによって決まるんだ。

君の幸せは、君が与えて、そして受取る愛によるんだよ。


どうして今の地球では、戦争や自然かんきょうがはかいされていくのか、悲しく感じている人は、きれいな心の持ち主なんだ。ほんとうのことを知ろうとしている人たちの仲間なんだよ。

僕らは君の気持ちを無視して君の未来を変えようなんて思っていない。
このメッセージは世界中の人たちの気持ちを聞くアンケートと考えて!

君は、どうしたらいいと思う?


《その1》 「僕たちについて」

君たちの科学者もえらいお坊さんも神父さんも牧師さんも、
人間の何千年もの長い歴史の中でおこった不思議なことについて、
同じ答えを見つけてないんだ。
ほんとうのことを知るためには、どんなに難しいことでも、ひとの意見を聞く前に、
まず自分の気持ち、心がどう思うのか感じるのかを最初に知らなきゃならない。
21世紀になって、新しい知識や考え方を研究する人がすごく増えてるんだ。
おかげで「ほんとうのこと」の一部分がドドッとわかりはじめているんだ。

特にここ50年の間に、人間の歴史のなかで奇跡とかおばけのしわざとしか
思われなかったようなことが、ほんとうの世界では説明ができちゃう。
そして、きみらの未来には、もっと驚くような事が待っているんだ。
すっごく良いこと と すっごく悪いことがいっしょにおこっちゃう。

この銀河系にいる10億以上の人間以外の生命体のように、
形や見かけは説明するのが難しいけれど、
ある大人たちが「地球外生命体(宇宙人)」とよんでいる存在だよ。

君と僕たちは、心の成長の段階が違うというだけで、だいたいはいっしょ。
社会のかたちもだいたいはいっしょ。
でも僕らの社会はすぐれた種族の知恵を基に作られているので、
君たちの社会にも役に立つはず。だからきみたちにもそれを教えてあげたいんだ。


君たちのほとんどが地球に生まれて、魂をみがく勉強と経験をつんでいるように、
僕達もおんなじ旅の途中なんだ。
だから僕達が特別な存在ってわけじゃない。
神さまでもなきゃ救世主ってゆうわけでもない、いってみれば宇宙の兄弟かな、
そして君たちとまったく同じ仲間なんだ。

僕らの体はだいたい君らと一緒だけど、ちょっとの違いはある。
「アミ小さな宇宙人」を読んだ人ならわかると思うけど、ペドゥリートとビンカの違いと思って。

僕らはずーと君たちを見ていたけれど、君たちにはそれがわからなかった。
だって君らの目にも耳にも見えない聞こえないさわれないような方法で存在しているから、
君たちはまだ僕らの存在を確認できないんだ。

たった今、君たちの前に現われてそのことを証明したいと思ってるけど、
宇宙連合の決まりでは、まだそれをするには君たちの同意をとらなければならないんだ。

このメッセージを読んで君が、君自身の考えを直接僕らに教えて。

僕らの代理になる人間はまだ君たちの地球上にはいないんだ。


《その2》 僕らが君たちに見えない理由

僕らの世界では、勉強と経験があるていど進むと、
たとえば地球では幼稚園が終わって小学校に入学するように。
つぎにする勉強と経験は目に見えない耳で聞こえないものも体験するんだ。
君らの地球でも特別な実験室で僕らといっしょに多次元構造とか物質化という発見をしたんだよ。 
でもね、このことは一部の大人たちの考えで、まだ君たちには知らされていないんだ。

実は、君らがUFOと呼んでいるやつがその技術を使った多次元構造の宇宙空間移動用の乗り物なんだ。

今までもUFOを見たり宇宙人に合ったという人の話を聞いたことがあると思うけど、
全部が全部僕らのやったことではないんだけどね。
君たちや大人たちがそのことを真実として取り上げないのは、
ある選ばれた人間にしか見えないように現われているからなんだ。

君たちは、自分の目でUFOを見ないとほんとかうそかは信じられないよね。
ぼくらもそれは当然のことだと思ってる。

そして、このことは君たちの社会に影響をしないように、
一部の選ばれた人間にだけ僕らのメッセージを伝えてきたんだ。 
宇宙にはいろいろな宇宙人がいるけれど、みんなが同じ考えをしているわけでもない。

ここでちょっと言っておかなければならないんだけど・・・

君たち地球人の政治を影であやつっているあまり良くない宇宙人もいて、
彼らはこのまま君たちには見えないままでいて、
自分達を未知で神秘的な存在としていつづけることで君たちに恐怖感を植え付けて、
その権力を持ち続けようとしているんだ。

僕らは君たちのほんとうの気持ちを尊重して、
地球人が自分達自身の力で技術的にも霊的にも成熟した状態に進化ができるように
見守っているんだ。

地球人は他の星からも宇宙の家族の一員になることを期待されているんだ。

僕らは今、君らの前に堂々と出て行って君らが宇宙の連合に加わる助けができるんだけど。
まだやってない。
だって、君たちそして大人たちのほんの少ししかそのことをほんとうには望んでいないんだ。

そのことを知らないひと、興味がないひと、それと僕らを怖がっているひと、
いろんな理由でほんとうは君らの地球が緊急事態にあることに気がついていない。
いや、気がついていても自分にはどうにもならないとあきらめてる人。

残念だけどUFO研究家のほとんどはただの光の数を数えているだけなんだ。

今、本当に必要なことは、宇宙に対して僕らに対して現象的(見える、聞こえる)な
探求でなく精神的(感じる、ひらめく)な探求が大事なんだ。


《その3》ほんとうの君はだあれ?

君は、きみの両親そしておじいちゃんおばあちゃん、そのまたおじいちゃんおばあちゃん、
もっともっと前のおじいちゃんおばあちゃんの子孫だよね。
世界中の子供達もみんなおんなじ。
だったら、みんなの先祖に感謝を忘れないようにして、
みんなでこの地球に生まれて来た目的を考えて、行動しなくっちゃ。 
肌の色、目の色、髪の毛の色の違いってなに? 
アメリカのすずめと日本のすずめとフランスのすずめはちがうすずめ? 
すずめどうしはなにかをうばいあってけんかするのかな?

君たちはもう、多少のちがいにこだわらないで、それぞれの良いところをそんちょうしあって、
みんなで仲良く暮らしたほうがいいんじゃないかい?

人類愛というおおきな心につつまれて。

でもね、だんだん世界が混乱してきて、大人たちはそのきっかけを失いつつあるんだ。

だからきみらに相談したんだ、僕らとコンタクトをとらないかい?って。





《その4》君たちの状況について

今までは特別な時をのぞいて、君たちにアドバイスするのは未来のことをきめるときに
ちょっとだけやってたんだ。
だってそれがいちばん君たちにいいことがわかっていたから。

君たちがほんとうのことを考え始めたときに誰にもじゃまされない
ほんとうの自分になれることがわかったからね。
だけど、そんな人たちが増えてはいるけどやっぱり今までのままがいいと思わされている人の方が多いんだ。

ちょっと前まで、人間は自分の決めたことを反省したり直したりできていたのに、
テクノロジーの発展にひきずられて地球やそのすべての生き物に対してのコントロールができなくなっちゃたんだ。
大人たちはだんだん自分でもどうにもならないところまできちゃたんだ。
だから君たち子供もいやでもそうなってしまうんだよ。
心にも体にも良くない技術が一人歩きを始めてる。


でもね君がほんとうの自分を見つけようとがんばっていれば、まだなんとかなるんだ。
それを自分たちでなんとかするのがいちばんいいから、
僕らはぎりぎりまで見えないままでいるんだよ。
だけど、もっといっぱいの仲間がそのことに気づかなければ君のがんばりも無駄になってしまうんだ。
そのときがこないように願うだけだよ。

君はそのぎりぎりの時まで大人のやることを見ているのかい?
大人の決めたことの責任を取らされるのは子供のきみたちなんだよ。


いままでずーと大人たちは戦争で強い弱いを決めてきた。
どっちかが負けないとどっちかが勝たないんだ。
今では情報網が発達して地球のどこでも今何がおこっているかがわかる時代になったのに、
いまだに大人たちは争いをやめようとしない。
それどころか、自分の首をしめるような兵器まで作ってる。ばっかじゃないの?

君たちにはまだまだ隠された能力があるのに、それが解らない。
だから次の学年に進めないんだよ。

この地球には何十億の人間が生きているのに、君らの学校も生活も自然界のすべての命も、
一部の大人たちのわがままであやつられているんだよ。

君らは学校で教えられたことが全部正しいと思わされているから、
自分の考えは正しいと思わされているから、そんな大人たちにあやつられてしまうんだ。

でも、ほんとうのことを知らなければ、何が正しいか何が間違っているかが解らない。
でも君はまだ大人にはかなわない。
社会科の歴史の勉強はそんな大人たちの戦略なんだ。
テレビのコマーシャルもその戦略のひとつだよ。

今の時代は進化と破壊の綱渡り。できるかできないかのせとぎわなんだ。
でも君たちに知らされていることはちょとだけ。
化石燃料の石油があと何年でなくなるとか言ってるけど、
じゃあそれに変わるエネルギーはどうするのか無責任な大人たちは考えてないみたい。

地球の自然環境はそんな大人たちに壊され続けて、もう君たちの未来なんか考えてくれていないんだ。
天然資源の奪い合いで石油も食料もだんだん値段が上がっていくよ。
そして又大人たちはそれを奪い合って戦争だ。国も町もみんなそれにまきこまれていく。


大人たちの憎しみあいがはげしくなっていく。
でもね、ほんとうのことに気付き始めた人たちの愛も増えてきたんだ。
その人たちが大きな混乱をおさえる役目をしてくれるんだ。
そしてどうしたらみんなが仲良く暮らせるかをみんなで考える役目をしてくれる。
だけどその考えをやってくれる仲間がまだたりないんだよ。


大人たちのほとんどはめんどうなことにかかわりあいたくない。
目の前に危険がせまっているのに、だれか偉い人が解決してくれるだろうと思ってる。
でもね、その偉い人たちがやっていることは、
会議と討論ばっかしでみんなが幸せになれる方法はたぶんみつけられないよ。

だから今君たちがやらなければならない、やらなければ暗い未来が君たちを待っている。
今が君たちの未来に大きな影響をおよぼすことを忘れないで。

さあ、それじゃどうすればこの世界を変えられるのか。
大人たちも君らを育てるために一生懸命がんばってきたんだけれど、
そのやりかたがまちがいだったことに気がつき始めた。

昔はみんなの危機にみんなで協力してたちむかった時があった。
でも今の地球はとってもあぶないときのちょっと手前にいるんだよ。
それは、とっても良いことでもありとっても悪いことの両方をもっている。





《その5》「第三者」ってだれだ?

僕らと連絡をとる方法が2つあるんだ。1つは代表者を通して。
(あれ?さっき人間の代表者はいないってゆったのに)
もうひとつは、選ばれた人に直接に。
最初の方法は議論や関心をまきおこすよね、きっと。
もうひとつの方法は人類に目覚めをおこさせる。

最初の方法は人間をこのままずっとあやつっていたいグループがやっていたこと。
だから今の地球の資源も遺伝子もひとの心さえもおもいのまま。

もうひとつの方法は天使さんたちがやっていたこと。

僕らは数年前に君たち人類の代表者に会って、君たちに応援をさせてほしいと頼んでみた。
でもその代表の大人たちはそれをされると自分たちが損をするからって
僕らの頼みをことわった。

僕らはその代表が人類全部の幸せを願っていると思っていたけど、そうじゃなかったみたいね。
だから今、そのときの代表者をぬきにして、君たちひとりひとりに聞いてみることにしたんだ。

君たちは知らないけど、今の強い国を作れたのは宇宙人の手伝いがあったからなんだよ。
ほんとだよ。
そして彼らは君たちを上手にあやつる方法を発見したんだ。
ほっておくともうすぐ彼らのいいなりにされてしまう。


でもね、忘れないで。
ほんとうのことに気付き始めた人たちがそんなことはさせないぞって、頑張ってるんだ。
もうひとつ忘れないで。
UFOがやっていることは君たちに危害を加えようとしていることではないんだ。
今はちょっと説明するのがむずかしい。





《その6》そんなにむずかしいのにどうやってほんとうのことをしればいいの?
君たちの自由ってなんなの?


君たち人類の平和と一体感が僕ら宇宙人とのコンタクトの始まりになるでしょう。

でもそれは、君たちを操っている存在にとってはぜったいにさせたくないことなんだ。
だってそうなったら君たちを操れなくなっちゃうでしょ。
世界中の政治家も彼らに操られているんだよ。
彼らのねらいは君たちがおたがいにいがみあって争うことなんだ。
そしてその憎しみのエネルギーが彼らの大好物。君たち地球人が宇宙連合に加盟するのをじゃましてる。

ここ2~3年のうちに彼らの計画が成功しなければ、
このメッセージもむだになってしまうかもしれない。彼らもせっぱつまってるんだ。
でももしそれが実行されたら君らはしばらく大変なことになってしまうんだよ。

そんなことにならないためにも、君たちは十分な情報を知らなければならない。

君たち人間と同じように、僕ら宇宙人にもあまり良くないやつもいるんだ。
でもいまの君たちにはそれを見分けることは難しすぎる。
その時が来たときのために君たちの直感力、ひらめき、をきたえておかなければならない。
ほんとうのことの大切さをよーく理解しなければならないんだ。

僕らは君たちの地球の平和とみんなの幸せのための方法を持ってきた。

《その7》僕たちが君たちにしてあげられること

僕たちは君たちにほんとうの宇宙のこと、ほんとうの命のことを教えてあげられる。
そして、ほんとうのなかよし、おんなじ宇宙の兄弟としてのつきあい方、新しい技術、
苦しみのなくしかた、独裁者の力のコントロール、新しいエネルギーの使い方、
それとほんとうのほんとのことを知る方法を教えてあげられるんだ。




《その8》僕たちが君たちからもらえるもの

僕たちの最高の喜びは、君たちが僕らの協力を望んでくれたときに僕らの仲間が増えること、
そして君たちがほんとうのことを知ったときの喜びを見ることなんだ。
喜びのエネルギーは宇宙でももっとも素晴らしいパワーなんだよ。





《その9》僕たちは君たちにほんとうの気持ちを聞きたい

君は、僕たちが現れることを願っていますか?



《その10》君はこの質問にどうこたえますか?

僕たちは君たちのほんとうの気持ちをテレパシーで知ることができます。
君は自分でまたは友達とでも、この質問をまじめに考えて、
そしてほんとうのじぶんの気持ちを心で思うだけで良い。
たとえ君が地球上のどこにいようと僕らには君の答えがわかるんだ。
メッセージのことを考えながら自分の答えを「はい」か「いいえ」で思うだけでいいんだ。

簡単な質問だけれども、この質問にはすごいエネルギーがあるから、
君のほんとうの気持ちをしっかりと君自身の心に聞いてみて。
大人の意見をきかないほうがいいと思うよ、君のほんとうの気持ちが動かされちゃうから。

もしも迷っていたならすぐに答えを出さないで、まずは深呼吸をして、
ほんとうの自分の心と向かい合うためにちょっとの間他の悩み事に休んでもらう。
そしてほんとうの自分のパワーを信じてエネルギーを充電。
君が僕らの出現をほんとうに望むことは、僕らにとってはとてもうれしいことなんだ。

もし君が何かの儀式やトランプなんかで答えを出そうとしてるなら、
それはほんとうの君の気持ちではなくなっちゃうから気をつけて。

だれにも話さなくてもいいんだ。
君がほんとうの君の気持ちで心から答えをだしてくれたなら、その答えは僕らに届く。
そして君たちの未来の運命を変えるんだよ。


〈次の日記につづく〉



まこりんさんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
11 : 16 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。