スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
私の命で 気づいてくれたら それでいいよ… (*^_^*)  その5
2009 / 02 / 27 ( Fri )
maria.jpg


その日

お父さんは …

今までの 自分とは 異質な 何かを 胸の辺りに 感じました

今までにない なにやら 穏やかな ものです

ただ それを 頭で 感じようとしましたが それは まったく 無駄な努力でした
頭は 感じることはできないからです

頭は 解釈しかできないからです…


お父さんは 苦笑してしまいました

「 長年育てた 癖だなあ… 」



そして その日 長女から 話しがあると 言われました


家を出て 自立して生きていきたいという 申し出でした…
家が 嫌なわけではなく…

自分の 家での 役割が 終わり 次なる 役割に向かって 歩きたくなったからだと 伝えられました…


お父さんは その長女の 決断を 素晴らしいと… 思いました…

そして そう思った 自分に 驚きました
今までの 自分なら 違う 解釈を していただろう…と



そういえば 今 外国に留学している 妻にも … せっかく 子供が もう 手の掛からない 年齢になり 世話をする わんこも いないのだから … 思う存分 自分らしい したいことを してほしいと… ごくごく 自然に 思ったっけ…


いったい この 穏やかな 感じは どこから来ているのだろうか

自分だけの 勝ち負けの 価値観ではなく 身勝手な 判断もない…


この 平和な 感覚はなんなんだろう




「 これが 相手を 尊重し… おもいやる… という 感情なのか… 」

お父さんは 気がつきはじめました…

「ごく 自然に 小さな頃から 育まれる …人を 思いやる 優しい気持ち…

を 自分も やっと 感じているんだ…

まさか 自分は 優しい人間だと 思っていたのに

これが 普通だと 決めていたのに

今の この 感覚を 体感するまでは 気付けなかったんだ…

私は 自分で 自分の限界を 決めていたんだろうな…

無意識でかな… 」

お父さんは そんな 新しい 体感に 少しばかり モジモジしていました…



そして 最近

なんだか 居心地が 悪くなっている 会社から 連絡が 入りました…



「 〇〇君の ご家族の お葬式が ありますので よろしくお願いします… 」



お父さんは 喪服に着替えました…

会場に 向かいながら ぼんやりと 考えました…

家族… 親御さんなのだろうか … おいくつの 方だろうか
寂しい思いをしているのだろうな…



お父さんは 会場につき 知っている同僚に まず 尋ねました…

「 親御さんは おいくつだったの? 」
「 違うよ… 24歳の 息子さんなんだよ… 急性の ご病気だそうだよ… 」




お父さんは 突然 激しい 胸の痛みに 襲われました…

子供が 自分より 先に 亡くなることが どれだけ 苦しいか… 今なら 誰よりも わかるからです…
息子さんを 失い 憔悴しきっている 同僚へ かける言葉も 見つからないくらい…

お父さんは 痛みを 感じました…



痛みを 胸に 抱いたまま 帰宅した お父さんは

遠くで 暮らす 息子からの 電話を 受けました…


人様の 持ち物を 不手際で 落とし 壊してしまった… 弁償しなければ ならないから 〇〇万円 建て替えてほしい… との ことでした



息子は 今までも 何度か お金の トラブルを 抱えながら
自分の やりたい 夢の 現実に 向かって 進んでいました


今までも お金を 建て替えたり あげなければ ならないことが あり そのたびに なにかしら 父親としての 役割を 言葉にして 厳しく 対応していました

今回の 弁償についても 対応は 今までと さほど 変わりは しなかったのですが…

驚くことに

そこに ある 異質の 感情が ともなっていたのです



「 生きていて くれて… ありがとう…
生きてさえいてくれたら それだけでいい … 」



「なんだいったいこれは…

よく 耳にする セリフだけれど…

自分の内側から 体感を伴いながら 突き上げてくる感覚 として
この 言葉が うかんできたのは… いったい… 」



そして

その時

突然 まるで 雷にうたれたかのような 閃きが 浮かびました

「 お金は 単なる エネルギー…

命という エネルギーの バランスを とることも できる… 」




「 ああ… そうか
そういうことだったのか…


人様の大切な ものを 壊してしまった息子の 行いを 父親である 私が 償う…」


そうか…

そうか…

そういうことだったのか…


深い ため息とともに お父さんは 頭を 両手で 抱えました
そして 頭を あげました

「 ありがとう… ありがとう…

息子の 命を 天に 返さず

私の もとで これからも 見守らせて くれて

ありがとう…

いくらでも 惜しくありません…

家族が こんなに 愛おしいとは

もし 失うと わかっていたら

私は どんな努力も したでしょう…



私が そう感じるように

すべての 人間にとって… 大切な 愛する 存在は かけがえのない たった一つね…命… なんですね… 」


ああ… わかりました…



そして…
お父さんは 思い出しました

以前 ある信頼できる 方から「 息子さんは 21歳で 天に帰る約束をしてきていますよ…」 …と 言われていたことを…



ひそひそひそ…

…ふむふむふむ…


あははははは

え~ もし 私が21歳になる頃までに 命 の 秘密についてのあなたの 学びが 足りてなかったら ショックを 与える 役割を するの~ (^-^)ノ~~ あはは~




はいよ 任せて
おやすいごようの こんこんちきだよ ♪
私の命で気づいてくれるなら…それでいいよ
それまで したいことしながら 楽しんでるね 気楽な 子供時代を 約束してよねぇ もしかしたら 21歳で 一度 かえってくるんだから~

あと ちょっと 困らせるくらいの トラブルメーカーで 設定ね~ はいはい
では 楽しんできてね♪

行ってらっしゃーい(^O^)/



まるで いましがた 約束したかのような 場面を

お父さんは 今…

思い出しました…



続く…




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

スポンサーサイト
02 : 55 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私の命で 気づいてくれたら それでいいよ… (*^_^*)  その4
2009 / 02 / 16 ( Mon )
kaiga.jpg



その深い眼差しは お父さんの 魂に 眠る 小さな傷ついた子供を 目覚めさせました…


「 うう… うわあ~ん ~ (|||_|||) 」
お父さんは わけがわからないのですが なぜだか 急に 涙が 津波のように 大きな声とともに でてきました…

何人かの 周りの 方が 美しい瞳に 涙を浮かべながらも 微笑みながら 見守っていました …


「 今の あなたの 浅い 解釈の部分は あなたが これまで 家族を 守るために 頑張ってきました…
そこには 戦い… 判断… 頑固さ…勝ち負けなどが ぎゅっと凝縮されています
いつでも あなたは 世界中の 人々から あなたの一部の 家族を 守り 優先してきました…

あなたは 強く 頼れる 父親として よく頑張りましたよ…

大地にしっかりと 足をつけ …
世の中をよく 見て 人間というものの ある側面を 学びました…


そして あなたは それが 終了したことにも もうすでに 気付いていますね…

あなたは 卒業証書を 受け取りましたよ… (笑)


夢を 思い出してください…

あなたに 手渡された…あれ…がそうですよ(笑)



そして あなたと 私達との 次なる 約束の 時が きたのですよ…

あなたは とても とても 長い間…

人間の…闇…を 学んできましたから

人間の…情け…について 学ぶ必要があるのです

これは あなたや
また あなたと同じような 男性として 地球にいきる 皆さんには 多少 困難な ことなのですよ…
たとえ 女性としての 人生を 選択している 人間であっても… 女性としての…感性…を 閉じていたら 同じような困難に 苦しむことに なるのですよ…

あなた達は さまざまな 場所にて 男性であり また 女性でありました


あなたは 多少 男性が 多かったのですよ… (笑)

だからこそ 果たせる役割が あったのですからね… 」


その方は また 手のひらの 上の お父さんの 手を 少し 温めるように 握りながら 言葉を 続けました…



「 あなたの 娘さんは あなたと 深いご縁で 結ばれた 魂の お仲間なのですよ…
とてつもない 強い…揺るぎのない 魂を 宿しているのですよ…

たった一つの ある約束を 果たすために
ある時は 産まれてきたのですよ


それは

「 あなたの 為に 命を 使うこと… 」




あなたは …闇を生きる…という 役割を 自らの選択で になってくださいましたね

それは 沢山の 人たちの 心と体を 傷つける 残酷な 行いとして あらわれます…

あなたは 罪悪感という 感情を感じないレベルまで…思いやる…という 感情を 封印して生きる 環境を 常に 選んで… 孤独な 子供時代を いきましたね…

あなたが 行った 残酷な 行いは

あなたの 役割でもありますが

また あなたの 人間という エネルギーの バランスを 一方に 片寄らせるものでも あるのですよ
あなたは 誰かにとっての 大切な 家族の 命を 失わせたのです

そして あなたの 大切な 家族である 娘さんが あなたの 責任における 環境で 命を 天に ゆだねてくれたのです…


あなたの 娘さんと
あなたとの 約束だったのですよ 」



お父さんは 言葉もなにも 失いました…

信じるとか
信じないとか

そんな 解釈も 存在しません

ただただ…

娘に …

そして

自分が 失なわせた命に対する … 愛情…が わきいでてきました

それは 深い…深い… 贖罪でした…

まるで 丸裸で 神様の 前に ひざまずき 祈りを 捧げるような 魂からの 贖罪でした…



「 あなたの 行いでの 偏りは 娘さんの 行いにより すでに 光に 返されているのですよ…

大丈夫ですよ

安心してください

あなたは すでに… 闇…を体験しました
お疲れ様でした

そして あなたには また 次なる 約束の 挑戦が ただただ あるだけなのですよ
闇を体験した あなただからこそ なし得る 挑戦が あるだけなのですよ

さあ バランスを 常に 意識しながら 歩いてください

あなたは 常に 守られていますよ

孤独な 子供時代に うつむいて 唇を 噛み締めていた時でさえも 私達は いつも あなたの そばに いたのですよ…

もちろん

あなたに 気づかれないように 工夫してはいましたがね(笑)


時々ですが 私達は 地球上に いる 肉体を もちながら 私達と 連絡が できる 仲間達と 協力しあい …

あなたを 手助けしたりも していますよ…

あなたが 一方に強く 偏らない為に

また

あなたが 深い 孤独に 落ち込まないように…

まあ… そんなもんですよ…

(*^_^*)



さあ あなたの 子供達との 約束は まだ 続きが ありますよ

私達は その 約束の段取りを 今から 始めます…

あなたとの 固い 約束なのですからね 」




朝日とともに 目が覚めた お父さんは

何か とても 大切な メッセージを 受け取ったような

神聖な 気分に 満たされていました

体も 心も 晴れやかで 軽いのです

夕べ 突然 思いに浮かんだ 次女の …死…の 意味が 自分の 為なのだという ことも…

誰にも 言えることではないけれど

でも 疑えないほどに ありがたく 魂に 染み込んでいました …

深い 感謝で また 目頭が 熱くなりました…




続く…




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

21 : 59 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。