スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
尼崎で「六ヶ所ラプソディー」の上映会をします!
2008 / 01 / 09 ( Wed )
http://www.rokkasho-rhapsody.com/



「まだまにあうのなら…」

青森県にある六ヶ所村は人口1万2000人の小さなのどかな村です。
その六ヶ所村に「核燃料再処理工場」があります。
そこは現在日本国内にある55基の原子力発電所から出る使用済み核燃料を
化学処理してプルトニウムを取り出す工程を行うところです。

その六ヶ所村再処理工場が、2008年2月に本格稼働する予定なんです
この工場が本格稼働してしまうと
たった1日で
原子力発電所が出す1年分の放射能が出てしまうのです

放射能は空で拡散され
海に流され
そして命にかかわる様々な被害が出てしまうんです。

無味無臭の放射能はすぐにその症状が出ず、数年後に現れることも珍しくありません。
そしてその影響を最も受けるのは大人より子ども…胎児だと言われています。

この六ヶ所村核燃料再処理工場を止める為に動いているアーティストの坂本龍一さんは

「この状況を無視し続けることは、道端で人が倒れているのを知りながらも素通りすることに等しい」

と言っています。

そしてロッカショへの思いとしてSTOPーROKKASHO プロジェクトのミュージシャンSUGIZOさんは

「現在の状況では人が倒れている事実そのものが、何かしらの力によって隠されているようだ」と。

命に関わるこんなにも重大な事実を知るすべをしらない人があまりにも多く、
テレビやマスコミで大きく取り上げられる事もないこの現状!

だからこそ

まず身近な人へ
あなたの大切な人へ
この事実を伝えてほしいのです!

この映画の鎌中監督の言葉です…

「工場を受け入れている人たちでも喜んでそれを受け入れているわけではないのです。
農地を取り上げられ工場を押し付けられて自分達の力ではどうしようもなく生きていくために
『これは選択だった』と自分に言い聞かせている。
そういう地元の人たちの苦しさと切なさを切り捨ててこの問題を語ることは出来ないと思いました。」


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

2008年2月16日(土)

尼崎市女性センタートレピエホール
尼崎市南武庫之荘3-36-1

阪急神戸線武庫之荘駅より徒歩3分

開場        13:30~
上映開始予定時間  14:35~

前売り     1,200円
当日      1,500円
高、大、専学生 1,000円
中学生       500円 


連絡先 One Love net 080-3779-5249(北村)

詳細は後日改めてお知らせします!!

ぜひぜひご参加ください

出来るだけたくさんの人に観て頂きたいと願っています

参加して下さる方、宣伝して下さる方、当日スタッフ、大募集です!

1月20日(日)には、スタッフの試写会を予定しています

ご協力頂ける方、コメント書き込みでお知らせ下さい
ご協力よろしくお願いします




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
13 : 16 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ロッカショ 2万4000年後の地球へのメッセージ」 | ホーム | 天に召された 愛犬アビィ その4 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/171-0be777e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。