スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
佐藤初女さん『母のこころはすべてに』
2008 / 04 / 06 ( Sun )
先日の日記書いた佐藤初女さん、
私が知ったのは、昨年末に見た地球交響曲



お逢いして、初女さんは、おいくつなのかは存じませんが
とても凛となさっていて、おやさしい津軽弁から大切な強いメッセージ
を1時間半の間にたくさんプレゼントしてくださいました♪

タイトルは『母のこころはすべてに』でした。

うまくまとめきれなくて、でも全部素敵なことだったので、
教えてくださったメッセージを私なりに一応まとめて、
下に、ならべました。
(サブタイトルは、私がつけました。)

私が勝手に捉えたところもあるかもで、
忠実じゃないところもあると思いますが、
ご参考になればと思い、書きました。

(注:のところは、私の所感(コメント)です♪)



『食べることの大切さ』

~食べるとは、食材の命をいただいている
食べて、『おいしい』と感じたときに人の心がかわります。

人の心の扉が開いたとき、悪いものが出ていって空になって、
新しいものが入ってきます(o^^o)

初女さんは、皮むき器の道具をつかわれません。
お野菜の身になって、包丁で、丁寧にていねいにむかれるそうです。

便利になってきた世の中、
道具、スイッチひとつで簡単にできたりします。

でも神様からいただいた私たちの貴重な『身体』『手』
この『手』を大切に使ってゆけたらいいですね♪
人々にも使ってゆけたらいいですね~♪ ~~ 



『ご飯』

~ご飯って、日本人の主食で、大切なもの。
日本人にふさわしいお米を、上手に焚くことができ、
おいしくにぎれたら、多くの人のこころをなごませることができます ~~

手作りでおむすびをいただくことで、
  心もパワフルがみなぎることもあります~
  愛情をかけたものをいただくって、元気の源ですネ
  一粒一粒をこわさずにふんわりと握られた愛情こもったおむすび
  私は、これが一番好きです


~調理することって生きる姿勢そのもの~~

素材の命を生かして、丁寧に調理される方って、
  生き方も丁寧で、人をも大切にできる方なんだと思います。

 


『母について』

~母の字って、バランス的に書くのがむずかしい。
母になるってむずかしいことなのですよ。

おおきな力を持って、堪えがたきを堪え、許しがたきを許すのが母

母親の太陽のようなあたたかさ、
そして、時には、冬の厳しさのようなきびしい助言
を持つことのたいせつさ~~  

~母も時には父のように厳しく、父も時には母のようにやさしく~

やさしさと厳しさ両方を併せ持ち、
  必要によって子供(人)にさしだすことが、愛情だと思います。
  私は母親じゃないので、どんなに大変なものかは想像がつきません
  が、堪えがたきを堪えることってきっと生半可なことではないと
  思います。

  私には想像できませんが、堪えがたきものも堪えがたきものと
  して、まずは受け入れること。
  私はまずそこからかなぁって思いました。



~子供の人格を認め、メッセージを大切に受け止めてゆくこと~~

子供の声を聞いてあげること。
  子供と一緒に、手作りのお料理、おむすびなどを調理する。
  自然からの恵みの収穫物を手にし、調理することの楽しみを覚え、
  食の大切さ、人へのおもてなしの大切さなどを、
  体験から知ってもらえたら、いいなぁって思いました。

  私の子供頃、おばあちゃんとお餅つくったり、漬物つけたり、
  母と餃子やハンバーグをつくった思い出って
  いつまでもこころに残っています




『人に対して』

~人に対し、考えているだけではなく、動くこと。
自分の為ばかりだけでなく、人のために動くこと。

言葉で一生懸命伝えようとしてもなかなか伝わらないもの。
言葉を超えた行動が、人のこころに響くんですよ~~

心って『その人の行動』に現れるのかもしれないですね(*^o^*)


~言葉で伝えるときは、くどくないようにタイミングを見て、言葉の工夫をして伝えること。

そして、自分の体験の中で感じた良いことを、自分で自信を持って
一つでも良いことを伝えるように生きてゆけたら良い循環になりますネ~~ 

必要な人、時に、人に役立つようなメッセージの
  プレゼントができたらいいなぁって思います。


~春風を思わせる人の和やかな雰囲気、
雰囲気って形がないけれど、人のこころに大きくひびくもの~~

人から醸し出される雰囲気って、
  私はすべてを物語っているような気がします。
  春風のような爽やかな雰囲気で、人と接することができたら素敵
  て思います。



そして、
『人の悦びが自分の悦び』

~その人が求めているものはなんだろうということを感じて、
してあげられたら素敵です~(*^o^*)
そして、あとを振り返らず、道のそばに置くようにさりげなくしてさしあげるような心遣い~~

小さいと思われることを、少しずつしてゆけるように、
  日々生活したいです。


『お餅つきのお話~融合~』

初女さんは、御餅つきがお好きだそうです。
最初は、もち米一粒一粒ばらばらだったものが、蒸され、つかれ、
やがて一つのお餅になり、それをみんなでまた小さく分けていただく。

これは、人と同じこと。
最初は個人個人でも、一つに融合し、それをまたシェアしてゆけたら、
すばらしいチームワークとかになるんだと思います。

今って、ついコミュニケーションが希薄になりがちな世の中。
  お互い心を開いて、助け合って、一つになり、
  それぞれのすばらしいものを役割分担して、日々の生活を
  過ごしてゆけたら、さらにうまくいくような気がします。

~~~~~~~~
最後に(byじゃすみん)

おばあちゃん子だった私は、おばあちゃんにくっついて
育ってきました。

おばあちゃんは、いつもお裁縫をして何かを作ってくれたり、
手作りのお料理、おめでたい日には、お餅つき、ぼた餅を
作ったりしていていつも『ありがたい』って言いながら、
自分のことより、家族のこと、近所の人を大切にして過ごしてきてました。

母親は、祖母の陰の力を借りて、働く女性で過ごしてました。

両極端と思える、母と祖母のもとで育った私。

今の私は、母の選択してた働く女性でいます。

日々の生活にかまけて、つい、女性としての大切なことが
お留守になってしまいがちになります。

初女さんに、直接教えてくださったメッセージを心にしっかりと留めて、
私の中にきっと培っているだろう心を、開き、周りと調和しながら、
良い方向に循環してゆけるように、過ごしてゆけたらいいなぁって思います^-^

私のコメント()と一緒に書いていたら、
なんだかわかりにくくなってしまいました
お聞きした内容を私の言葉で書いたので、
ちょっとやわらかくなってしまっていますが、
もっとはっきりと強くおっしゃってくださいました。

長い、わかりにくい文を読んでくださってありがとうございます。
何かしら、ご参考となればうれしく思います(*^o^*)





じゃすみんさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
13 : 39 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<六ヶ所再処理工場の危険性についてシンポジウム | ホーム | 『 みんなで一緒に学びませんか? 1 』 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/263-c0541053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。