スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
…約束に導かれて…
2008 / 08 / 15 ( Fri )
書かされ日記のようです…ヾ( ´ー`)


やや … とんでも日記です…



ほんの 47年の人生で… たくさんの 人との 出逢いと 別れが ありました…

皆さんも そうですね… (*u_u)

例えば 友達…

毎日でも 会いたくて
話しは 尽きなくて
帰宅してから 電話までして 話し込む…
そんな 友人もいました

そして 気がついたらいつのまにか 繋がっていた 糸が 細くなり…
そして その糸は
ちがう 人との 間で 太い糸となり 繋がっていた…

別れは いろんな ドラマで 存在しました

いつのまにか仕立てケンカ仕立て
引っ越し仕立て

自分にあった 約束された ドラマが あり… いくつかの 感情を 体験します

そして その体験を 肉体の底に しまい込み … また 約束された 友達と出会うのです



恋愛は もっと ドラマチック仕立てで あらわれます
(*^_^*)

出会う場所にも
約束の相手にも
自分自身にも
魔法がかけられます
キラキラと輝いて とっておきの 自分と 相手が 存在します

もし出会う… 約束に導かれ… 時を超えて… 出会ったのだとしたら…

どんなに 不完全な 間がらであっても
なぜだか 恋 に落ちるような 体感をします…


どうでしたか?


実際 恋人に なるかどうかではなくても いいのです

「 恋人になったかのような 感情…を 体感するのです」

懐かしくて 何をしても 許したくなり 相手の 幸せを いつも 無条件に 願いたくなる…

そういう感情が 心の底から 沸き起こるのです



思い出しましたか?


(//▽//) どきどきとして 体が 軽くなり 幸せの 感覚があります…

人が 人を 好きになる瞬間です


実は 人を好きになるたびに 私達は 自分を 好きになるんです…

「 だから 喜びなんです」

いい人だから 好きになるわけではなく
どうしようもない人だから 好きになれないわけではなく

わけわかんないけど好きになってしまうんです
(#^-^#)



それは

約束に導かれてるからかもしれません…

好きにならなければ
関わりが始まらないからなんです

関われたからこそ より 深く
相手を通して 「自分」を 見ることができるからです

自分で 自分のいたらなさを見るのは むずかしい

でも 人様の いたらなさは 簡単に 誰でも 見つける事が できるのです




ここからが
「 導かれた理由 です」


簡単に みつけた 相手の いたらなさ を どうしたいですか?

イライラしてしまうくらい 腹がたったら どうしたいですか?

みていられないくらい 心配になってしまうんです

どうしたいですか?
なんとか したくなるんです…
だまっていられないくらい…



そして 伝えます

さまざまな 言葉を感情にのせて
恋人に 分かち合います…


そのときの
動機は なんですか?

愛ですか…

恐れですか…


気づいてる人は どれくらい いるでしょうか…

「 愛仕立ての 恐れ」は たくさん存在します

恋人… 夫婦… 親子師弟関係… スピリチュアルの世界なら ヒーラーとクライアントさん


相手の幸せを 願うあまりに …


相手の いたらなさ(痛み・傷にみえるもの) を とりのぞきたくてたまらなくなる…

そして

「 恐れ仕立ての 愛」は 存在しないのです
(*^-^)b


愛は… 恐れ…を内包していないからです

恋人は 素晴らしい 関わりです…

実に 力強い 感情を体感させてくれます
自分自身だけなら けして みることの かなわないような

自分自身の 「 許せない何か」 を 見せてくれます

そして 約束の意味を しるときまで

非難されたり
言葉で 傷つくという 役割さえも 引き受けてくれるのですから

実は 自分自身というよりも
相手の 内側を 映し出してあげているというのに…
(*u_u)



そして それは お互い様なのですね

常に 一方通行は 存在しないのです

互いが 互いを 映し出して 分かち合います

だからこそ 約束された 関係なんです
もし あるとき そんな 関わりが

一方通行に なったとき



それは そろそろ
お別れ仕立ての 卒業式が 近づいたということなんですね

相手を 通じて 自分自身を みる必要がなくなったとき

だれにたいしても 自由で いられます…
相手の 意見の 内側に 内包されている 感情を

その言葉よりも リアルに 理解するとき

もう 使う 言葉が なくなってしまう瞬間が訪れます…

次なる 約束が 紡がれているのです…

感謝して…
細くなる 糸を 見守るのです…



親子なら どうでしょうか

もっと 濃いドラマになりますね(笑)
まさに
言いたい放題ですから o(^▽^)o


とくに 親から 子供へは 容赦ない場合が 多いですね…

愛するが ゆえという

「 親だから 当然 言わせてもらう 権利があるから 」

お金を 使い 養っているからでしょうか
体をいためて 産んだからでしょうか

立場が 強い 弱いが存在するのでしょうか



すこし 寂しいですね…(ρ_-)o


私には ポピーという ネズミの親友がいます… ポピーは 治らない病をもって生まれてきた
勇気ある 親友です

ポピーの ママは 優しいママです
可愛いポピーを 痛みから 救いたくて
元気なポピーに してあげたくて いてもたっても いられなくて あらゆる ことをします
ポピーは おもいます
「 私の 痛みは 私に たくさんの 贈り物を してくれているんだよ…
元気なだけだったら 気づかなかった 優しさ や 美しさを たくさんくれているんだよ…
私は 痛みを引き受けたけど それは 悲しみや 苦しみとは ちがうものに なって…
今 わたしを だれよりも 幸せに してくれているんだよ

ママ… お願い 気づいて…
ポピーは 幸せなんだよ
痛みは もう あっても なくても どちらでも ありがたいんだよ

今の ありのまんまで いいんだよ

今の わたしでは だめなのかな

今の わたしでは ママに 愛されないのかな
今の わたしでは ママは 不幸なのかなあ…」

ポピーの きもちは 世の中の すべての 子供たちと 同じです
(*u_u)

ありのまんまで キラキラと 輝く 美しく 強い 魂 です

目に付く トラブルや 心配ごとを 取り除くことが 最優先となり…
目の前にいて 感謝に 包まれている 我が子の 内側を 見過ごしているのです…


強い 感情で いたたまれなくなったときは


チャンスです


どうか… みてください

自分自身の 内側を…

そこには 気づいて欲しがっている 不安を 抱えた 自身にそっくりな 自分が いるかもしれません
そして 見つけたら 話しかけてください
会話できますから

(*^-^)b

大切な 人を 言葉で弱らせてしまうのは そろそろ 卒業しましょう


そして 同じ立場にたちましょう

さまざまな 好き嫌いを ともに 理解し 愛おしさに 変容しましょう

痛みは 笑いとばしましょう

言葉は 選びましょう



そういう時代の 波が きています

いたわりあい

許し合い

助け合い

ともに 生きていくんですから…

すべての ご縁は 約束された 関わりなのですから…


感謝ですね…


ヾ( ´ー`)ぽよよん…





エリザベスさんの日記より






一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪

スポンサーサイト
22 : 18 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<KEEP BLUE PROJECT ~逗子海岸でビーチクリーン~!! | ホーム | 空に聴く 地球の声 ~子どもたちに残したい平和な心、美しい音楽~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/367-ed8d70f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。