スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
“いのち”のうた
2008 / 08 / 22 ( Fri )
僕らは みんな 生きている

あなたに 命 見えるかな

一秒の時間

一枚の硬貨

一粒の種

一つの想い

今日一日

私が出会うすべてのものには

かけがえのない いのちがある

時間を生かす

お金を生かす

ものを生かす

チャンスを生かす

すべてを使い切ることが

今日を生きる私の使命


ありがとう!

ぜんぶ 残さず いただきます

        吉武祥子「言葉の流れ星(地球村出版)」より




「今、めぐり愛」の感動さめやらぬ8月2日 新たなる人生の
めぐり愛物語の一ページを綴るため
私は三重県の伊賀上野を訪れていました

「今、めぐり愛」イベントのおもえこスタッフの一人が
繋いでくれためぐり愛アジア子供支援フジワーク基金
http://www.asia-kids.or.jp/index.htmlが企画した
サバイバルキャンプにて
私に「語り」と「朗読」をしてほしいとの依頼があったのです

キャンプのテーマは「いのち」であり

テーマに私の人生物語がピッタリだと
ビビビッと感じた事務局の代表さんから
「ぜひ祥子さんにお越しいただきたい」との
思いがけないラブコールが届き

幼いころから

「いのち」ってなんだろう?

と、生かされ、生きるその意味を探し続けて来た私にとって

依頼は、
子どもたちに何かを差し出すために・・・というよりも
私自身に必要あってもたらされた
人生からの一期一会の贈り物であると直感し

心の赴くままに
未知なる時間に愛にでかけようと
ありがたくラブコールをお受けしました


蜩(ひぐらし)の鳴き声響く
深い深い山の中

夕陽が沈み
星たちが瞬き始めた頃

池のほとりでキャンプファイヤーの炎を囲んで

それは始まりました。。。。

天上の天の川と
ゆりかごみたいな三日月の月明かり以外には

夜の闇を照らすものは何もないという

日常の生活からは考えられないような
無限の静寂の中での朗読は

妖精になってしまったのかしら?と
錯覚を覚えるほど
感性のアンテナが普段の何百倍も敏感になり

炎を囲む子どもたちの息づかい

朗読の声と重なる風の音

パチパチと燃える薪の音

山の向こうからかすかに聞こえる鳥の歌声・・・など

大自然の雄大なBGМをバックに

舞い降りる言葉の流れ星が
心のスクリーンに映像となって次々に映し出され

一つ一つの言の葉にも

命があること。。。

私は・・・みんなは・・・
今、この瞬間に ここにあるすべては

生きてる・・生きてる・・・生きているんだ!!

と、全身をかけめぐるいのちのうた
――はるかなる地球の鼓動に包まれて
目には見えない“いのち”の無限の大きさを感じる
夏の一夜のめぐり愛となりました

2008年8月2日の出来事は
子どもたちの心にどんなふうにやきつけられたのでしょうか

今は、まだ その意味がわからなくても

いつの日か、こんな言葉に出会ったことがあったな。。。と

めぐり来る未来のどこかで

ふっと思い出してもらえたら・・・・・・・・・!

そんな 何気ない

ささやかなことこそ

今日を生きる私のいのちの意味なのかも知れない。。。

とまだ見ぬめぐり愛物語の続きを夢見る今日この頃です


めぐり会えた今ここの・・・あなたの いのちにありがとう





吉武祥子さんの日記より





一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
17 : 39 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<約束に導かれて…続編… | ホーム | 地球音楽と地球交響曲>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/374-0074f539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。