スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
大阪公演初日、ありがとうございました。
2008 / 09 / 19 ( Fri )
大阪公演初日 本公演ありがとうございました。

9月6日(土曜日)に、大阪・天満橋のドーンセンターで
風絃トリオ〈空〉地球の風コンサート+映画『地球交響曲第六番』
という豪華イベントがありました。

主催して下さったのは「おもろ優しいエコさんたち」という、
地球をふるさととして愛する
温かい人たちのつながりです。

映画の素になっているのは、
インドの哲学。

宇宙は音から生まれた・・・
宇宙は(世界は)音でできている・・・
万物は固有の音を出しながら、響き合っている・・・
人間に聞こえないレベルの「音」でも、
振動、波動として存在し、響き合っている・・・

サンスクリット語でナーダ・ブラフマー・・・
ナーダ(音)は、
ブラフマー(宇宙、神、世界そのもの)であるという
インドの哲学です。

このイベントの成功のためにご尽力下さった
「おもエコ」のみなさんのつながりは、
一人ひとりが出している音が響き合って生まれたのだなあ、
と思いました。

自分の音を持つ、自分らしい音を出す・・・って
大切ですね。

人と共感する、共鳴する・・・
そう、この「共鳴」は音響の世界の言葉ですが、
人間の思いの共感にも使いますね。

思えば、22年前、一冊の本
『世界は音 ナーダ・ブラフマー』に出会ったことから、
地球音楽という
新ジャンルの音楽をめざして演奏を続けて来ました。

今回この映画を2度目に見て、
音楽というものの理屈を超えた不思議な力を
再認識しました。

なんとかして、自分たちの音楽を、
まだ聴いたことのない人のために
言葉で表現しようと思い、ボクはいつも
詩人の魂が欲しい・・・と願っているのです。
でも
言葉を超えた世界だからこそ音楽が、
音楽にしかない不思議な力を持つのだ、と
改めて思ったのでした。

『地球交響曲第六番』とのジョイントする音楽は
風絃トリオ〈空〉・・・と迷わず直感してくださった、
マイミクのエリザベスさんはじめ、「おもエコ」のみなさん、
そしてご来場のみなさん、
本当にありがとうございました。




やぎりんさんの日記より




一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
16 : 59 | おもろ優しいエコさん達・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<虚空の音 | ホーム | …思いを…感動で分かち合いたい(*^_^*) >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/390-f2ae4747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。