スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
悲しみの贈り物の秘密… (*u_u)
2008 / 10 / 01 ( Wed )
喜びも 悲しみも かけがえのない 人生の贈り物…


この言葉は
「 おもろ優しいエコさん達☆」が 10ヶ月かけて 準備した イベント

「 今 めぐり愛 」 の サブタイトルとして 詩人 吉武祥子ちゃんが 書きました…


イベントにて 祥子ちゃんの 体験談と 詩を 美しい 音楽と映像と 共に 体感していただきました

300名以上の皆さんと 一緒に 一つの 平和な 時間を 過ごせたことは まさに人生の贈り物でした…

そして とても 嬉しい おしらせが あります

過労死 寸前になり 大好きだった 幼稚園の先生という 仕事を できなくなり その後

長い長い 痛みとの 関わりを 過ごし

その 病さえ 「 かけがえのない パートナー」 として 感謝に変容していった 祥子ちゃんが

新たなる ご縁で めぐりあった ヨガ をとおして

また

「 祥子先生 (^O^)/」 と 呼ばれるように なりました


とても 信じられないような スピードで
ヨガを 習いながら 先生としての 研修も積んでいました

しかも そのスタートは イベント準備とほぼ 同時に始まりました

祥子ちゃんは イベントでの 中心的な出演者でもあるので 舞台の内容を
作り上げていかねばなりませんでした

そして 山形県 石川県 沖縄県 兵庫県にすんでいる 4人の出演者の皆さんと
インターネットを通じて 内容の 打ち合わせを 引き受けてくれていました

しかも それだけではなく
「 おもエコ」スタッフとして 準備すり側の ミーティングに参加してくれたり 集客の為に
たくさんの 時間を かけてくれました



一つの 事だけでも大変なのに
しかも 体の 痛みは 想像以上なのに

祥子ちゃんは いつも 笑顔で 優しい言葉で 感謝に 満ちているのです


誰もが 自分の立場や 苦労を 最優先する中
祥子ちゃんは いつも 全身全霊で 生きています…

痛みさえ ひっくるめて 毎日が 楽しくて たまらないように…

ヾ( ´ー`)


悲しみの箱を 人生の中で 何度 受け取ったことでしょう…
エリザベスも 数々の 悲しみの箱を 頂きました

(ρ_-)o

悲しくて

苦しくて

もう 起きあがれないかと 感じたこともありました…




でも

今なら わかります
その 悲しみの箱 がもし こなかったら
今の 自分とは めぐりあえずにいたんだ… と


一番 会いたかった 自分自身は その 悲しみの箱 の 中から 産まれたんだ…と

ですから

どうか 悲しみの箱を 嫌がらないでください

目の前に おかれるときも これから先あるでしょう

そんな時は

心に 感謝 を 光らせながら 笑顔で その箱を 受け取ってください

世界中の 誰か 一人が
どこかで
その箱を 受け取り
涙を流し 悲しみを 体験していることを想像してみてください

それは 小さな 小さな子供が 大好きな お母さんと お別れする 箱 かもしれません

大切な パートナーが 深く傷つき てだしできないくらい 辛い体験なのかもしれません


豊かな 暮らしが 一瞬にして 失われたのかも しれません

悲しみの箱を 受け取る度に 勇気を 育てることが できたら…

悲しみの箱は

もう

悲しみの箱ではなくなります




光り輝く 祝福の箱へと 変容します


どうか
今 この瞬間 訪れている 深い 悲しみが 時間の 神様に よる 癒やしで 包まれますように…



やがてくる
平穏が できるだけ 早く 訪れますように…



世界中の 私たちが みんな … 平和な思いで 満たされますように…

(^人^)
スポンサーサイト
09 : 05 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「 ありがとう 」…美咲… | ホーム | ある家族の話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/394-359338d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。