スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チベット~歌のメッセージ~ バイマーヤンジンコンサート
2009 / 10 / 24 ( Sat )
「 おもろ優しいエコさん達☆」主催

秋のイベントのお知らせ 第一弾です(^O^)/


チベット~歌のメッセージ~
        バイマーヤンジン コンサート


BymerYanjin.jpg

バイマーヤンジンさんのホームページ
http://yangjin.jp/
日本で ただひとりの チベット人声楽家 バイマーヤンジンさん

遠い祖国の 平和への願いと 将来のチベットを担う 子どもたちへの 教育支援の為に 全国を コンサート・講演活動に 飛び回っています


ヤンジンさんの 歌を 聴いていると 本当に 不思議なんですが 見たこともない チベットの 壮大な 景色と ともに 私の 記憶の底に眠っている 昔の 日本の 山々や 湖が 見えてくるんです

あの 感動は コンサートでしか 体験できないと 思いました…

まだまだ 知られていない チベットのことや 家族の絆について バイマーヤンジンさんは 心を込めて 歌い… 語ってくださいます



2009/10/24(土) 14時~ 16時半

 ムーヴ21(守口市生涯学習情報センター)

 前売り券…3000円 子ども(中学生まで) 障害者手帳お持ちの方は 半額
   (当日は 500円増しです)

チケット販売は 6月 中旬予定です

お問い合わせは

携帯090-1133-9476 (カミムラ)
メール ecosan194@yahoo.co.jp

もしくは、おもろ優しいエコさん達☆ホームページ   (チケットの購入も出来ます)
http://omoeco.web.fc2.com/

美しい音楽♪で チベットの皆さんと 心を 繋いでみませんか…(*^_^*)
平和と 子どもたちの 明るい未来を サポートしていきたいと願っています…

ありがとうございます ♪

感謝いたします♪


バイマーヤンジンさんとは? ~エリザベスさんの日記より~

遥かなるチベットへの空へと 繋ぐ 想・歌・魂。

聖なる時空の流れとともに 優しく愛しく 溢れ出す

バイマーヤンジンさんを 紹介します

o(^▽^)o


チベット アムド地方出身
名前は チベット語では ベマヤンジェン
「ハスの花にのった 音楽の神様」という意味です。

厳しいチベットの大自然に生まれ 育まれた 力強い歌唱力と その みずみずしい感性で 何千倍という 競争に 勝ち残り 中国国立四川音楽大学に 入学する。

大学では 西洋オペラを専攻
卒業後 同大学専任講師として教壇に立つ傍ら 中国各地で 数多くのコンサートに出演

1994年 来日後 日本で ただひとりの チベット人歌手としてチベットの音楽、文化、習慣などを紹介するため 全国的にコンサート活動を行う。

1999年 夏には アメリカのアーカディ音楽祭に 出場 、 ニューヨーク国連本部コンサート公演も果たす。

同年 NHKのドキュメンタリー番組でも 取り上げられている
ユーモアたっぷりの語り口で 日本と チベットの文化の違い 家族のあり方などを論じる公演も 高い評価を得、テレビ、ラジオで 度々紹介される。

故郷の 子どもたちに教育を! と はじめた チベットの学校建設活動も 大きな成果をあげ 今では 9つの 小学校と ひとつの 中学校が 開校、
日本と チベットの 子ども同士の 交流も 積極的に おこなっている


2001年 1月
朝日新聞 「天声人語 」

2001年 10月
大阪市より 「 きらめき賞 」

2003年 10月
「 こんにちは バイマーヤンジンです」を 致知出版社より刊行

2003年 11月
「チベットのこころ」加藤登紀子さんプロデュースで ファーストアルバム

2003年 12月
「 徹子の部屋 」出演

2004年 6月
「 アジア ハートフルコンサート」に出演

2006年 11月
広島国際平和会議にて 三名の ノーベル平和賞受賞者に 歌を捧げる


2007年
拓殖大学客員教授になる


以上 は バイマーヤンジンさんの ホームページからの 一部抜粋( 手打ちです(笑))

http://yangjin.jp/です



私の ヤンジンさんとの 出会いは コンサートにいったことですから 一方通行な 出会いです(笑)o(^▽^)o


1995年に 北インドの ダラムサラにいったことが きっかけで チベットの現実を リアルに 知りました

まだまだ 私たち 日本人は チベットの皆さんの 現実を 知らされてはいません
エリザベスのフォトアルバムに チベットの子どもたちの絵と 言葉を 乗せています

お時間と ご縁があれば ぜひ みてください

私は 個人的に チベットと ご縁が 深くなりました

何人かの チベット僧の お友達ができて 尼僧の 教育支援をしたり 子どもの 里親支援を ささやかながら させてもらいました


仲間たちと チベット僧を 日本に 招いて
チベットと 日本の 交流会などを 小さく やらせてもらいました

そんな頃

日本に お嫁さんにきている 唯一の チベット人声楽家が いて しかも 関西だと しりました


コンサートにいき その 力強い 声をきき 胸が熱くなったのを 覚えています

また そのときに バイマーヤンジンさんはいいました

「 草原地域には 学校が ありません みんな 遊牧生活に 忙しくて 学校が あっても なかなか 遠くで 通えません

私の 両親は 今も 字が 読めません

ある日 私の母は 病気の治療のため 都会にでました 公衆トイレに 行きましたが 男・女 と書いてある 字が読めず 間違えて 入ってしまった 男性トイレで 中にいた 人たちに ひどくなじられてしまいました
体が震えるほど 悔しい思いをした お母さんは 自分たちは どんなに苦労をしても 子どもたちは 絶対学校に いかせる… と決心しました

代々 してきた遊牧生活を 長男にたくし 七人の子どもたちと なれない町の生活をはじめました
遊牧生活を引き継いでくれた 強くて 優しい兄は 今でも字が 読めません

(*u_u)

教育を受けさせてもらえたおかげで 私の知識 視野は 広がり 日本とのご縁も できました

日本にきてからは それまでは 意識していなかった 故郷チベットに対する思いも 一層強くなっていきました


チベットには 優秀な 子どもたちが たくさんいます

子どもたちは 皆 ダイヤの原石です

将来のチベットを担っていくのは 彼らなのです

ダイヤも 磨いてやらなければ ただの石 永遠に 輝くことは ありません

子どもたちも一緒です

学校にいくことによって たくさんの知識を吸収し 視野を広げ 思考をめぐらし 自分が なにをすべきか 考えることのできる りっばな人間に なれるのです

私は 歌うことで 彼らに 教育の機会を 作りたいのです… 」

バイマーヤンジンさんの 熱い 壮大な思いをきいたのは今から 十年以上も 前でした


素晴らしい歌と
強い 思いに 感動しました

そして

今 … あらたな ご縁にみちびかれて バイマーヤンジンさんの コンサートに行きました…



ヤンジンさんは なんと 見事に 思いを実現されていました
子どもを生み育て 自身も 母親や主婦をしながら コンサート活動をし 講演活動を して いました
ただ お金を支援するだけではなく
まめに 現地へ おもむき 真剣に 現実と 向き合い 話し合い 理解し合い

将来の 子どもたちの為に 生き生きと いきておられました

ヤンジンさんの コンサートで 歌われるチベット民謡は 歌詞の意味さえわからないのに

なんだか 懐かしくて 涙がでます

(ノ_・。)



チベットの子どもたちは 日本人と とても 似た顔立ちです
家族のように 感じます(*^_^*)




秋の 「 おもろ優しいエコさん達☆」は バイマーヤンジンさんの コンサートを企画しています


チベットの子どもたちに学校を!


そして チベットという国が 平和の地として 帰ってくることを 願っています (^人^)






一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v

スポンサーサイト
12 : 00 | イベント・活動情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大感動な 1日を ありがとうございます(>人 | ホーム | 言葉の秘密の守り人… 騙した心と騙されなかった心 その3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/415-259f4c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。