スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「本当の自分へ還る旅」 4日目
2007 / 09 / 13 ( Thu )

━ 4日目 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
 
  [登場人物]


  ヨウコ・・・
30歳専業主婦、子ども一人、ケイスケと21歳の時に大恋愛の末結婚。
  ただ最近はケイスケの言動に失望し、爆発寸前。


  ケイスケ・・ 
35歳、小さな広告代理店の代表。会社設立当時の勢いは見る影もなく
  売上げは右肩下がり・・ストレスが溜まり「パニック障害」を発症。
  現在、心身ともに疲れきっている。


  本村・・・・人生上昇塾ツアーガイド


┌──────────────────────────────────
□■ すべての答え「陰陽太極図」
└──────────────────────────────────

 ケイスケは自分の部屋に戻って、本村からもらった封筒から
 一枚の紙を取り出した。

 その紙には、大きく白と黒のマークがひとつ印刷されていた。
 文字は一切どこにも書かれていなかった。


 なんなんだ・・これが俺が探していた答えだというのか・・

 でも、このマーク・・・どこかで見たことがあるぞ。


 「あっ、あれだ!」

 ケイスケは自分の部屋のタンスの引き出しを開けて、何かを探し始めた。


 「あった!これだ。このマークだ。」

 ケイスケが手にしていたのは、2年前に家族でいったハワイで
 購入したTOWN&COUNTRYのTシャツだった。
 
 そのTシャツの背中には、本村が渡した紙と同じマークが
 プリントされていた。


 しかし、このマークに一体どんな秘密が隠されているんだろう・・・

 好奇心と探究心が旺盛なケイスケは、早速パソコンの電源を入れた。
 
 そしてインターネットで、このマークについて調べ始めた。

 「あった、これだ“陰陽太極図”というのか・・
  なになに・・すべての事象は相対し、同時に存在する。
  陰極まれば、陽に転じ・・陽極まれば陰に転ず・・」

 その瞬間、ケイスケの体に稲妻が走った。

 強烈に何かを感じた。

 その何かはまだわからなかったが、これが長年探し求めていた
 答えだということだけはケイスケの直感が理解していた。


  ●すべての事象は相対し、同時に存在する

  ●陰極まれば、陽に転じ・・陽極まれば陰に転ず


 ケイスケは、この“宝探しゲーム”に夢中になっていた。
 2時間近くも、壁に貼った「陰陽太極図」を眺めていた。

 
 「あなたー、夕飯ができたわよ」

 ヨウコが部屋に入ってきたことさえ、ケイスケは気づかなかった。
 ヨウコは、そっとドアを閉めた。


 ケイスケは、ズボンのポケットから100円玉を取り出すと
 手のひらに乗せてつぶやいた。

 「期待と不安は、コインの表と裏・・
  コインの表と裏は、確かに同時に存在している。
  表、裏・・・表と裏・・」

 指ではさんで、コインを眺めていたとき、
 誤ってコインを床に落としてしまった。

 すると落ちたコインはクルクルと回転した。
 そして回転したコインはひとつの球体になった。


 「わかったぞ!!」
 ケイスケは思わず大声で叫んだ。

 「実は“表”も“裏”は同じものなんだ。
  これがこの世界のトリックだったんだ!」

 
 長時間集中していたケイスケの緊張は一気に解けた。

 「ああ、腹減ったな、なんで晩飯がこんなに遅いんだ」

 ヨイショっと!
 ケイスケは立ち上がると、ダイニングへ向かった。

 
 「あなた、今日はどうだった?」

 「ああ、最高だったよ。
  いろいろ気づきがありすぎて、まだあまり整理ができていないけどね」

 「良かったね」

 「うん、ありがとうな。おかげで遠くに光が見えてきた感じがするよ。
  死ぬ気でがんばるから、もう少しだけ辛抱してくれよな」

 「もうがんばらなくていいのよ」

 「うん?がんばらなくいていいってどうゆうこと?」

 「えっ、あっ、そうじゃなくって無理しないでってことよ」

 「ああ、そうだな、そうするよ」


 部屋に戻ったケイスケは、ノートを取り出して夢中でペンを走らせた。

   良い、悪い

   正しい、正しくない

   勝ち、負け

   損、得

   善、悪

   美、醜

   幸福、不幸

   成功、失敗

   ・・・・・

 すべては、片方だけでは存在できない。
 すべては、同時に現れる。
 相対するものは、すべて同じもの。

 ケイスケは立ち上って、本村に教わったワークを始めた。

 すでに2時間が経過していたが、ケイスケはワークを
 やめようとはしなかった。

 3時間がすぎようとしたとき、ケイスケの動きが突然止まった。

 「疲れた・・」

 そうつぶやくと、部屋の隅に置いてあるソファに倒れこんだ。

  
 
 最終日へ続く



   ■人生上昇塾ブログ http://jinsei.ti-da.net/


 

                         人生上昇塾 ~本当の自分へ還る旅~ より
                          http://www.e-jinsei.net/
   

  
 
一人一人の温かい手を重ねあって、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ィェィ♪
スポンサーサイト
00 : 00 | ほんわか日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学校へ行こうプロジェクト | ホーム | ☆風絃トリオ〈空〉秋のライヴ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/42-e8d61d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。