スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
学校へ行こうプロジェクト
2007 / 09 / 14 ( Fri )
ビーワンの働き  「すべてを活かして、バランスをとる」  

私がビーワンから教えてもらった最高の贈り物が、
このバランスを取るという考え方です。
我々は子供のときから良いか悪いかを教育されてきたので、
このバランスをとるという考え方をなかなか理解してもらえないのですが、
すべての問題を解決できる切り札だと最近感じています。


佐藤先生は、
「すべてバランスなんですよ。すべては繋がっているんですよ」

「良い悪いはないんですよ。すべてはひとつだから。」とお話されます。

いいか悪いかを判断すると、パーマ液なら使うか止めるかしかありません。
当然毒だから使えないはず。
そこで、佐藤先生は、水でパーマをかけることを思いつき、それに成功した。
しかし、薬品以上に髪の毛が傷むことは予測していなかった。
たとえ水でも、間違った使い方
(パーマを掛けるために、酸とアルカリに分離した)をすれば、
バランスを崩し、崩壊させてしまう。


パーマをかけるのは、水ではなくパーマ液なのだ。
薬品が悪いのではない。
すべてはバランスなのだ。

すべての薬品には愛が宿っている。

すべてはひとつなんだ。
酸もアルカリも水の状態を表しているにすぎない。
すべてひとつの水なのだ。 

良い悪いに答えはない。  そこには分離感しかない。

環境問題を含めて、すべての原因は、人間のこころの分離感である。
そのため、我々は恐怖で支配され、やがて身近な家族でさえ信じられなくなっていく。
分離感が究極に進むと、簡単に人を殺せてしまうのだ。

水が汚染されていくのは、人間のこころが汚染されていくのと似ている。
バランスを崩した結果、自然も、肉体も、精神をも破壊させてしまった。

環境破壊は日に日に悪化している。しかし、危機感はあまりない。
地球上で生活する限り、このまま環境破壊が進めば、いずれ住めなくなるのは明白だ。
それすら、わからなくなっている。

環境問題ほど、自分とは縁遠いものと認識されている問題はない。

BSCさんが学校でこどもたちに環境のことをお話する活動を始めています。
「学校へ行こう」 プロジェクトです。

すると学校の先生は、「なぜ、美容師さんが環境のお話をされるのですか?」
と聞くそうです。
環境問題は、決して他人事ではない。
まして環境の専門家が解決していくものではない。

我々自身の命の問題なのである。 
それを子供たちに伝えるプロジェクトです。


花屋さんも、魚屋さんも、ケーキ屋さんもみんな環境の話をしていいのである。
誰かではなく、気付いた人から、動かないと本当に間に合わない問題なのだ。
我々は、大自然と呼んでいた地球環境そのものを、
いつのまにか、環境問題にしてしまった。


我々は、社会人である前に、美容師さんである前に、魚屋さんである前に、
学校の先生である前に、親である前に、恋人である前に、男である前に、
女である前に、地球に住むことを許された地球人なのである。


環境問題とは、「あなた、死にますよ」という話です。
これを子供たちに伝えるのは、本当に酷な話だと思いますが、
ただ、解決策があるがゆえに話をしているのだということを
こどもたちにも分かってもらいたいと思います。


「ネットワーク地球村」の高木さんは、なぜ、人間は生まれてきたのか?
その答えを、臨死体験を通して体験された。
それは、「ワンネス すべてはひとつでつながっている。」ということ。 
このことを伝えるために地球にもどってきた。


科学者として、環境の話を通して、高木さんが本当に伝えたいことは、
ワンネス(すべてはひとつ)であり、

美容室を通して、環境の話を通して、ビーワンが伝えたいことは 
BE ONE(ひとつになること)
  
伝えたいことは同じなのだ。  
この活動が広がれば、地球は必ず蘇生すると思います。


                          みっつんさんの日記より


一人一人のエコへの意識拡大で、自然あふれ笑って暮らせる地球を創りたい!
←応援クリックしてもらえると嬉しいな(○゚ε^○)v ♪
スポンサーサイト
08 : 18 | 知ってもらいたいこと | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<レディースの会は会でも… | ホーム | 「本当の自分へ還る旅」 4日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ecosan194.blog115.fc2.com/tb.php/51-abe1feb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
学校へ行こう だぜ 爆笑ブログ情報
優柔不断ということどの学校へ行こうかな。 いつ出発しようかな。 仕事いつやめようかな。 と、何か一つのことを決めるのは細かい決断の連続ですよね。 で、これが決められないと「優柔不断」という劣等感にさいなまれて 学校へ行こう エアボ 動画【2007/09/14 16:38】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。